115 名前: 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ 2005/12/26(月) 00:42:09 ID:pH0vvhn30 
友人の話。 

アトイさんと呼ばれるものが出る山道が、彼の高校の通学路にあったという。 
日が暮れてからそこを通ると、ヒタヒタ、ヒタヒタと、まるで裸足で歩いて 
いるような足音だけが、すぐ後ろから着いてくるのだと。 
アトイとは“後追い”が訛ったんだろう、と学生たちは考えていた。 

ある夕暮れ時、怖がりの女学生が運悪く追いかけられた。 
その女学生、走って逃げようとしたせいか、慌てて荷物を落としてしまった。 
どうしよう?戻って拾った方がいいかな? 
焦って振り向くと、丁度落とした荷物の辺りで「ズシャァ!」と大きな音が 
した。目には見えないがどうやらアトイさん、荷物に躓いてこけたらしい。 

静寂が辺りを覆ったが、やがていつもの足音がヒタヒタと聞こえ、来た道を 
ゆっくり引き返していったという。 

その後しばらく、アトイさんは姿?を見せなかった。 
口さがない学生たちは皆、「バツが悪かったんだろうな」と噂したそうだ。