79 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/10/01(金) 08:23:15 ID:U9uKBkt40 [1/1回(PC)]
中学の時のキャンプの話。場所は大分の九重キャンプ場だった。 
夜半、小用を催した俺はテントから出て少し離れた場所で用を足した。 
用が済んで、ふと向こう側の茂み(約20~30m先)を見ると誰か立っている。 
よく見ると女性のようだが、真夏というのに冬装備の服装をしている。 
そして段々女性の姿は透明化して消えた。 
俺は突然の恐怖で叫びまくりテントに戻った。 
友人達が「どうした?」と心配したが、 
しばらくして落ち着いたので友人にさっきの話をするとあっという間に皆に広まり、 
俺以外の殆どの生徒がその場所へ行くという顛末となった。 
教師も介入してきて「遅いからもう寝ろ」と言う事になり 
結局その晩は何も無く終わり、俺の話も見間違いだろという事になった。 
だが翌日の晩、他の連中がまた夜半その場所に行き、同じ物を見て逃げ帰ってきた。 
俺を初めとする数人が幽霊を見たということで大騒ぎとなり、教師たちも問題視して 
その晩は交代で見回りをすることになり。目撃場所に近いテントの生徒は他のテントに 
移動という事になった。 
卒業間際に見回りをした教師と思い出話をした際にその教師から聞いた話だが、 
見回りの為、教師達は件の場所に近いテントに入ったが、見回りを終えた深夜 
テントの中にいるとテントの周りを誰かが歩いている音を聞いて、生徒かと思い 
テントから出たが誰もいなかったそうだ。