69 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/09/20(月) 09:48:54 ID:AcPdqIRA0 [1/1回(PC)]
白い猫にまつわる不思議な話 

今から8年前の冬、前彼の家で食事してたら、 
真っ白な猫が窓の外にいて、中をじぃっと見てたのに気づいた。 
みんなに猫がいるのを教えると、猫はすぐ逃げてしまった。 
その猫を見た彼母は「気持ち悪い」と言っていたが、 
わたしは猫にしては不思議な感じだな、としか思わなかった。 
その白い猫は、毛がふさふさしていて今までに見たことのないような猫で 
本当に猫だったのだろうかと思うくらいだった。 

その1年後、その彼といろいろあって別れることになった。 
しばらくして、実家でひとりお昼を食べて家を出ようとしたとき 
庭にあのときの真っ白な猫がこっちをじぃっと見ていた。 
「良かったな」 
そんなメッセージが伝わってきた。 
猫がそそくさと門から出て行ったので慌てて追いかけたが 
姿が見えなくなっていた。不思議な猫だなぁ、と思った。 

それから6年過ぎ、私も結婚し平穏な日々を過ごしていた。 
ある日占いで見てもらうことになり、猫の話をした。 
「ご先祖様が守ってくださったのですね」 
と言われた。わたしもご先祖様に感謝しなくては、 
そう思った。 

間もなくして前彼が亡くなったとの話を聞いた。 
スキルス胃がんで告知3ヶ月、入院して2ヶ月だったそうだ。 
35歳。まさか亡くなるとは。 
彼父はやはり癌で車椅子らしく、免許がない彼母は大変らしい。 

付き合っていたとき養ったり、ローン払ったりしてきたこともあり、 
そのほかもいろいろあったけど、親にも言えなかったから 
白い猫が守ってくれたのだと思ってる。