304 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2010/08/30(月) 22:48:58 ID:I0jboWHw0 [1/4回(PC)]
俺が体験した怖い話を2つほど・・・ 
もう15年前。大学生の頃、バーでのバイトあがりの帰りの車でのこと。 
深夜2時過ぎ。池袋から自宅までいつものコースで20分の家路をいそいでた。 
体が疲れてたため、FMから流れてくる音楽をボーっと聞きながら、ガラガラ 
の道を快調に奔っていた。途中大通りからショートカットをかねて某神社前を左折。 
1車線の道に入ったとき 
「何で・・・」と女の声。 
車はもちろん俺一人。あれ?空耳?と思いラジオの音を小さく絞った。 
「・・・・」しんと静まりかえった車内は低いエンジン音のみで、他は何も 
聞こえない。。 
心霊信じない俺は、気に留めず、そのまま京浜東北線の某寂れた駅前を抜けようと 
車を進めた。そのとき、ふと視線を感じた。 
俺は不意にバックミラーをチラッと見た。 
すると後部座席におかっぱの女の子の顔が見え、しかもこっちを見ている。 
一瞬だった。すぐ前をみて、またバックミラーみたがいない。そして後部座席を見たが誰も 
いない。なぜか怖くはなかったが、ただその顔が忘れられずにいた。 

何日かして、朝、大学行く前に家のポストから新聞を出した。 
そのとき、週一発行の区のローカル新聞を普段全く見ないのに 
なぜか気になり、ページをめくった。 
ゾクっとした。 
俺が見たおかっぱの女の子がいて、その時と同じ顔で俺を見ている。 
その記事には中学生の女の子かいじめを苦に自殺と書いてあった。 
その日は俺が見た日で、時間は深夜1時すぎ。 
俺が車で通った某駅前のスーパーからの飛び降りだった。

 
305 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2010/08/30(月) 23:12:29 ID:I0jboWHw0 [2/4回(PC)]
もう一つ。 
さっきは話の1,2年後。当時の彼女と河口湖に行った帰り、帰りが遅くなり、 
中央高速を降りて相模湖のラブホに泊まることにした。 
そして二人とも疲れて寝てた深夜2時過ぎ。 
俺はなぜかふと目が覚めた。 
すぐ寝ようとしたが、なぜか胸騒ぎがした。 
「なんだろう」と思いシーンとした部屋で、胸騒ぎが静まるかな 
と思って天井をボーっと見ていたそのとき、 
「パタパタパタ・・・」とほんとにかすかだが、音がした。 
「ん?」と思い聞き耳を立てると、また「パタパタパタ・・・ガチャガチャ」 
と今度は遠くだが、はっきり空耳じゃないってわかった。 
彼女は横で寝ている。 
俺はむくっと起き上がり、どこから音がしてるのか探るため更に聞き耳を 
たてた。目は暗闇に慣れてきた頃で、どうも音は部屋の外、廊下の置く 
殻とわかった。 
俺は部屋のドアのところまで言って耳を付けた。「パタパタパタ・・・ガチャガチャ」 
音はする。これはパタパタはスリッパの音。更にガチャガチャはドアノブをまわす音。 
俺はすぐにそう判断した。しかも音は近づいている。 
「おい。起きて」俺は彼女の所にいき小声で言った。「な~に」彼女がむにゃむにゃ 
した感じでおきると俺はすぐにドアの前に戻って「フロントに電話。9番かかる」 
と状況も言わずに彼女に伝えた。あせっていた。なぜならこの部屋は810号室で、一番 
左端だったが、外の音の感じからもう前の部屋まで近づいていた。 



306 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2010/08/30(月) 23:56:40 ID:I0jboWHw0 [3/4回(PC)]
続き 
彼女は俺のただならぬ感じを察したのか、薄暗い中、電話を探り当て、 
フロントに電話してくれた。「フロントでた変な奴が廊下にいるから 
すぐに来いといって」俺はドアをみながら、彼女に小声でいった。 
外の奴に存在を気づかれたくなかった。内鍵がしてある。ここも通り過ぎて 
くれ。 
「なんかでない・・」彼女も小声でベットから俺に言ってきたその時、 
「パタパタパタ・・」この部屋のまでとまった。 
「ガチャガチャ」ドアノブが回った。あく訳ないだろと心の中で俺が呟いた 
そのとき・・・ 



308 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2010/08/31(火) 00:03:08 ID:I0jboWHw0 [4/4回(PC)]
そのとき・・・ 
ガチャっと何かを指す音。すると内鍵が横向きから、縦にゆっくり回転しだした! 
プチッ。その時俺は切れた。度はノブをガッと両手で押さえ、右足でドアを 
けりながら「誰だてめえは!クソが!やんのか~!」と今までとうって変わって 
大声で怒鳴りだし、威嚇した。何がなんだか、怖すぎてすごく腹が立った。 
彼女は悲鳴を上げて、ベットでうずくまってたようだった。 
しばらくドアを押さえつけ叫んでいたが、ドアノブ押さえるのが疲れてきた俺はは 
開き直って「おら空けるぞ」と叫んで、20Cm位スーとドアを開けた。 
あけた瞬間ぎょっとした。女がいた。隙間で暗かったが、うつむき加減で、 
髪はロングでべたっと濡れた感じ。暗くて表情は見えないが、目線は俺を見ず 
に斜め下をじっと見てた。よく覚えていないが、白っぽい服だった。 
「なんだ・・あんた・・夜中に」一瞬怒りがとまってしまったが、そいつ 
に俺が言うと、「鍵です。忘れてます。」といって俺に木の長い柄がついた 
鍵を渡してきた。渡すというより突き出してきた。目線はこっちょみてない。 
俺はそれをもぎ取り、バン。とドアを閉め、鍵をかけた。 
「パタパタ・・」外でスリッパの音。遠ざかっていく。 
俺はすぐにフロントに電話した非常識だと文句を言おうと 
「はいフロントでございます」とすぐに出た。 
「かぎ忘れたけど、ひどいじゃない?こんな夜中にさあ」と俺。 
「はあ?なんのことですか?」と困惑気味の相手。 
「いま鍵を届けにきたよ。木の奴。お宅に従業員でしょ?」 
「今、私が宿直していますが本日は渡し一人で、他に従業員はおりません」 
「・・!?」「鍵にいたってはお客様が入る際に渡しておりますし、木の柄ではなく、プアスチック 
 にルームナンバーが書いてあるタイプのものです。2~3年前にはそのタイプは 
ございましたと記憶していますけど・・」と従業員。 
「だってここに鍵が・・」といいかけて絶句した。俺の手には鍵なんかかった。この部屋に入ったときから、もらった鍵で開けたのを思い出した。 
大体なんで色んな部屋をガチャガチャやったり、事前に連絡もせずに勝手に 
空けようとするわけがない。俺は怖すぎて、ドアを閉めたくて勝手に納得してたの気づいた。 
大体こんな話です。でも2つとも実際ありました。