208 : おだに ◆XCWHqwntwSPj [] 投稿日:2010/08/21(土) 01:25:29 ID:LIlw5BKFO [1/8回(携帯)]
【公民館の足音】 

私の友人の、名前は仮に鍋丘としますが、彼から聞いた話です。 
鍋丘は、大学のころに演劇部に入って、卒業してからも金沢でずっと舞台俳優をしてるんですが、これは彼が卒業して二年位の経ったころの話なんです。 
彼がその時所属していた劇団というのは、年に6、7回公演を行ってて、1回の公演は大体4日間続けてたそうです。 
それでその年の梅雨明け頃なんですが、お隣の福井県の別の劇団と合同でひとつ公演をやろうって話になりまして、 
県を行き来して脚本の作成だとか、実際の演技の練習をしたんです。 
向こうの劇団のリーダーが間宮さん(仮名)っていうんですが、感じのいい人で、鍋丘もすぐに親しくなれたそうです。 
それで一緒に飲みに行ったりして、演劇だとかその時流行ってた映画だとかの話をしてたんですよ。 
それで、まずはいつも鍋丘の劇団が借りている所で3日間公演を行い、その2日後に福井県でやることになったんです。

 
209 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2010/08/21(土) 01:27:43 ID:LIlw5BKFO [2/8回(携帯)]
なぜ2日後かというと、当然なんですが小道具大道具の搬入だとか、 
実際にその会場でのリハーサルだとか、中々準備に時間がかかるからなんです。 
それで、石川県での公演が終わって、次の日に福井県に車で行った訳ですよ。 
昼頃から色々と搬入を始めたんですが、これが意外に早くおわって、って言っても終わったのは夕方6時位だったんですが、 
まずは各自軽く夕食をとってから明日の為のリハーサルをやろうってことで、一旦解散したわけだ。そしたら間宮さんが、いい人なんでしょうね、「おい鍋丘君、一緒にメシ食いに行こうや。」と声をかけてくれたんですが、 
まだプロになって二年目ですからね、不安もあったからリハーサルの前に少し1人で練習したいんでって、断っちゃった。 
それでリハーサルは夜の8時位から始めることになったんで、それまでは1人で会場に残ることになった。 
この会場というのは、かれこれ二十年くらい前に建てられた公民館で、一度改装したらしいんですがどことなく古い雰囲気があるわけです。



210 : おだに ◆XCWHqwntwSPj [] 投稿日:2010/08/21(土) 01:30:01 ID:LIlw5BKFO [3/8回(携帯)]
でもまあ、古いし客席もパイプ椅子だけども安いからってことで、そこを借りたんですよね。 
それで彼は舞台で、1人で動作だとか台詞だとかを確認し出したんですが、借り物の会場ですからね、 
電気が勿体ないですから舞台を照らす明かりだけをつけてやってた訳です。 
この舞台というのが、丁度南の方角にあって、真向いの北に2つ大きな出入口があるんです。 
それで出ると廊下が横に伸びてて、舞台の右側、つまり東側には壁一つ隔てて楽屋代わりにしてる部屋がある。 
練習を始めてほんの30分位経ったころに南側から、コッコッコッコッと足音が聞こえてきた。 
鍋丘は「誰かこの部屋の前の廊下を歩いてるんだろう」と思って、気にも止めなかったんです。 
その足音は、舞台を背にして左から右に歩いていたようなんですが、丁度右端位で音が止まったようなんです。