102 : 代理投稿 ◆100mD2jqic [sage] 投稿日:2010/08/20(金) 23:17:26 ID:NzwSnF7x0 [8/14回(PC)]

【お化け屋敷】 

昔一度だけ、当時彼氏だった夫とお化け屋敷に入った事がある。 
夏が始まる前、6月の事だった。 
オカルトは好きだがお化け屋敷は嫌いだと何度も言ったのに、 
腕を掴まれて無理やりお化け屋敷に連れ込まれた。 

案の定怖くて怖くて、私は目を開けられない。 
夫の腕にしがみつき、眼をきつく閉じて、夫に手を引かれる形で進んでいく。 
怖いながらも、そっと薄目を開けて辺りをチラ見した。 
夫側の足元に井戸があり、そこから女の顏が半分ほど覗いている。 
その様がとてもとても怖くて、またきつく眼を閉じた。 

少し歩いてから、また、そっと井戸を見たら、中にいる女がこっちを見た。 
眼ががあったその瞬間私は泣きだした。 
何故かとても怖かった。心のどこかではロボットか人形だろうと思っているのに 
。 
夫が慌てて早歩きになり、程なく、寒かったお化け屋敷の中から、むあっとした 
熱気漂う外に出た。 
私はそれでもしばらく泣いていた。 

帰りの車の中で夫が言った。 
「泣き出す直前にあった井戸さぁ、蓋閉めてたら意味なくない?普通あそこでお 
菊さんとかさぁw」 
もう二度とお化け屋敷には入らない。