713 : なぞなぞ  ◆oJUBn2VTGE [ウニ] 投稿日:2010/08/20(金) 23:53:59 ID:kFozVi3d0 [4/6回(PC)]
ふいにカチャリという音が聞こえる。 
地面に鍵が落ちている。ジーンズのポケットから落ちたらしい。屈んで手を伸ばし、拾ってあげる。 
「すまんな、こんな状態で」 
その人は窮屈そうに手のひらを広げ、受け取った。渡すとき、指先が触れてなんだか照れたような気分になる。 
照れ隠しにそのまま指を折ってみせる。 
「むっつですね。ここまでで」 
「うん? ああ、七不思議か。そうだな。最後のひとつは面白いぞ」 
面白い? それはオチ的なものだということだろうか。 
「面白いというか、怪談として珍しいというのかな。こんな話だ」 
そうして丁寧に話してくれた。 


この団地には「なぞなぞおじさん」という怪談がある。 
A棟の702号室にいるおじさんらしい。 
どうしてなぞなぞおじさんなのかというと、読んで字のごとくなぞなぞが大好きなおじさんだからだ。 
噂を聞いた子どもが702号室のドアの前に立って、コンコンとノックしたあとドアについている郵便受けをカタリと内側に押してから、部屋の中に向かって話しかける。 
「おじさん、おじさん、クジラよりも大きくて、メダカよりも小さい生き物な~んだ?」 
おじさんはなぞなぞが大好きだけど、なかなか答えがわからない。ずっとずっと考えている。ドアの前で待っていても返事はない。 
仕方がないので引き返して自分の家に帰る。 
答えはイルカ。そんなのイルカ! だからイルカ。こんなに簡単なのに、おじさんは分からないのだ。 
子どもの住む団地の一室で、家族は寝静まり自分も部屋でもう寝ようとしているころ、玄関のドアをコンコンと叩く音が聞こえる。 
家族が誰も起きないので、ベッドから這い出し、恐る恐る真っ暗な玄関に向かうと、コンコンとドアを叩く音が止まる。

 
715 : なぞなぞ  ◆oJUBn2VTGE [ウニ] 投稿日:2010/08/21(土) 00:00:05 ID:kFozVi3d0 [5/6回(PC)]
カタリとドアの郵便受けが開く音がする。 
「クジラよりも大きくて、メダカよりも小さい生き物な~んだ?」 
郵便受けから低い大人の声。その声は続ける。 
「答えはね、泥。泥だよ」 
子どもはどうしようもなく怖くなる。なぞなぞおじさんがやって来たのだ。こんな時間になって。 
でもイルカなのに。答えはそんなのイルカ! なのに自分の声が出せない。 
「泥だよ」 
もう一度小さくつぶやいて、カタリと郵便受けが戻る。 
ドアの向こうから気配が消える。おじさんが帰ったのだ。『泥』という意味のわからない答えを残して。 
そんな噂。 
団地の子どもたちはその噂を聞いて、面白半分に次々と702号室の郵便受けになぞなぞを放り込む。 
「お父さんが嫌いなくだものはな~んだ?」 
「公園で静かにそうっと乗るものな~んだ?」 
「世界の真ん中にいる虫はな~んだ?」 
…… 
答えはパパイヤ。パパが嫌だから。 
答えはシーソー。シーッとソーッと乗るから。 
答えは蚊。せ・か・いの真ん中は「か」だから。 
けれどなぞなぞおじさんはそんな簡単ななぞなぞが分からない。 
夜中まで考えて、家族の寝静まる子どもの家にやってくるのだ。郵便受けから低い声で。 
「お父さんが嫌いなくだものはね。歯の生えた梨」 
「公園で静かにそうっと乗るものはね。刳り貫かれた楡の木」 
「世界の真ん中にいる虫はね。鼻歩き」 
……



716 : なぞなぞ  ◆oJUBn2VTGE [ウニ] 投稿日:2010/08/21(土) 00:05:13 ID:kFozVi3d0 [6/6回(PC)]
その気持ちの悪い答えを聞いても、絶対に「違う」と言ってはいけない。 
「違う」と言っても別のもっと気持ち悪い答えを低い声で囁いてくる。それを繰り返していると、自分でも本当の答えが分からなくなってくるのだ。 
答えが分かるまでなぞなぞおじさんは帰らない。なのに答えが消えてしまう…… 


「という話だ」 
どうだ? というように見つめられる。 
「それは」 
確かに怖いが、まるで変質者だ。 
「その702号室は無人なんですか」 
「いや、おじさんが住んでるよ」 
「え、じゃあ実在の人なんですか」 
「そう。普通のおじさん。もちろんお化けなんかじゃない。団地の集会にも顔を出すし、近所づきあいも普通にしてる。むしろどうしてそんな噂が生まれたのか本人が一番首をかしげている」 
「本人にも心あたりがないんですか」 
「らしいよ。ただ、子ども好きでな。よく近所の子どもになぞなぞを出していたんだ。答えを当てられたら飴とかガムをあげていた。逆に子どもが出すなぞなぞに答えられなかったりしても、そういうお菓子を巻き上げられたりね」 
それを聞きながら、俺はやっぱりそのおじさんがやってることなんじゃないかと感じた。ただ誇張されているだけで。 
「奥さんがいるんだけど、ちょっと前まで共働きでな。昼間はたいていその家は留守なんだ。七不思議の噂ではその昼間に702号室に行くことになっている。それで郵便受けから部屋の中になぞなぞを一方的に話す。 
肝心なことはそのなぞなぞおじさんは答えが分からなくて返事がない、ということがパターンになっていることだ。当たり前だな、誰も部屋の中にはいないんだから。でも夜にそのなぞなぞの答えを話しにやってくる、というところが変だろう。 
なぜその誰も聞いていないはずのなぞなぞを知っているのか」