22 : ◆7QPLwJZR/Ypf [sage] 投稿日:2010/06/07(月) 23:57:09 ID:5wEx2dIH0 [4/5回(PC)]
"アレ"がとうとうキレた。 
「ガ…マンデ…キマセン…カオタベ…マス…カカカカカカオオオオタタタタタタタタベ…マススススス」 
よっぽど旨そうだったのだろう。今までに無い物凄い勢いで黒い腕が球体に迫る。 
その瞬間だった。 
「駄目だって言ってるやろぉぉぉぅぅぅぅうううがぁあぁああぁあああああああ!!!!」 
Iちゃんがいきなり般若のような形相になり、首が伸び、黒い手に噛み付いた。 
「まじぃいぃいぃいいぃいんじゃぐらぁあぁあああ!!!うううぅううううげぇぇぇぇぇ!!!!!」 
薬指と小指を噛み千切り、線路の近くの林に吐き捨てる。 
それに当たった何本かの常葉樹がジュジュジュと嫌な音を立てて黒くなり、溶けていく。 
Iちゃんも青筋を立て口から酸が溶けたような泡を吹き、黄色い液体を垂らしている。 
十秒ほど睨みあった二体の化け物だったが 
どうやら"アレ"の方が気迫負けしたらしく、伸ばしていた手を 
シュルシュルと師匠の肩付近まで戻してから、沈黙した。 
それを受けて、Iちゃんも首の長さを元に戻した。 
俺は呆気に取られて、何がなんだか分からなかった。 
「………」 
元の表情に戻ったIちゃんが俺に向けて静かに口を開く。 
「というわけだから、そいつをここに近づけないでね。困るから」 
「……分かった。でも一般人に変なことしたら祓うからね(おかんが……いや、おかんでも…)」 
Iちゃんはフッと少しだけ、寂しそうに笑うと、ズブズブと"球体"の中に引っ込んでいった。 
俺はなんとか精一杯の強がりをしつつ、"アレ"が出っ放しの師匠を肩に背負って立ち去った。 
帰り道、相当機嫌が悪かったらしいアレは 
自販機の裏に潜む弱弱しい自爆霊やら何やらを、 
俺に担がれたまま、長い腕を伸ばして手当たり次第喰いまくっていた。

 
24 : ◆7QPLwJZR/Ypf [sage] 投稿日:2010/06/08(火) 00:03:26 ID:5wEx2dIH0 [5/5回(PC)]
なんとか我が家にたどり着いて、おかんに簡単に事情を説明すると 
すぐに履いていた便所スリッパを脱いで師匠を叩きまくってくれた。 
100発ほど叩かれたところで師匠はやっと目を覚ました。 
「Mさん大丈夫でしたか」 
「全身が痛ぇ畜生…おぉ…Aか…あ、お母さんもお世話様です…アレの中で一部始終を見させられていたよ。 
 あの球体が何を意味しているのかは知らんけど、 
 首がついたということは、知能をつけるということでもあるから 
 今日のうちのアレみたいな、他の捕食者から身を守る必要性が出てきたんだろうな…」 
「"球体"も進化してるってことですか」 
「そう…とも言うな…すまんが…少し寝かしてくれないか、なんかいきなりきつくな…った…」 
そのまま師匠は気絶したように眠り込んでしまった。 
おかんが家では寝かしたがらなかったので、 
二人でおかんのでかい黒塗りの仕事用RV車の中に、結界や寝床を作り、師匠を寝かした。 
おかんは霊水で清められた布巾で師匠の汗を拭きながら 
「"アレ"が千切れた指の分だけ、M君の生命力を吸い取ってるんだろうねぇ」と言っていた。 
自爆霊数体では全然足りなかったらしい。 
師匠はその後も、おかんの車の中で3日ほど、時々目を覚ましての食事以外は寝続けていた。 
おかんは師匠の心配をしつつも「仕事で車が使えない」と言って、少しご立腹だったが。 

治った後の師匠は体重が7キロほど減っていた。 
「最近少し太ってきてたから逆に良かったぜ!」とか余裕かましていたが 
見た目は以前とまったく変わっていないから恐ろしい。 
俺たちはあれから、例の踏切に近づくことは無くなったが、 
おかんによると、相変わらず"球体"はフワフワと浮いているらしい。 
Iちゃんの頭は師匠の"アレ"以来強烈な捕食者に出会っていないせいか、 
ずっと引っ込んだままでてこないそうだ。 
おかんからも親族の魂を取り込んだのは腹立つが 
とりあえず害はないようだから、今はほっとくように言われている。 

了。