92 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/05/17(月) 12:22:55 ID:J6yA953V0 [1/2回(PC)]
小学校に入るちょっと前の頃だったと思う 
いとこの母方の田舎にキャンプに連れてってくれる、って話で 
仲もよかったし喜んで付いて行かせてもらう事になった。 
自分・従兄妹2人・おじさんおばさんって感じで。 

キャンプって言ってもそんなに本格的ではなくてさ。 
バンガローみたいなのがあって、その周りで飯ごうとか釣った魚で食事するとかそんな感じ。 
夏休みで他にもぽつりぽつりと人は見かけた。遠目だったけど。 

山の中に入って遊んでて、かくれんぼしていたら迷っちゃって。 
奥の方に行っちゃったらしくて帰り道が分からなくなったんだよな。 
暗くなってきて怖くなって、思わず走って帰ろうとして、転んじまったんだ。 
木の根っこでふくらはぎをでっかく切っちまって、血がダラダラ流れて泣いてた。

 
93 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/05/17(月) 12:23:37 ID:J6yA953V0 [2/2回(PC)]
そうしたら、何だか泣き声を聞いたのかお爺さんが来てくれたんだよ。 
手に何か籠みたいなのを持ってたようなのだけ覚えてる。 

「ぼんず(坊主)、ここ切ってまったのか。ちっと待ってろ」 
そう言って草むらに入っていってすぐに戻ってきた。 
手に何だか凄い色したカエルみたいな生き物をわしづかみしてた。 

突然そのカエルみたいな何かを地面に思いっきり叩き付けて 
潰れたそれからいろんな物が飛び散った。俺の顔にもかかった。 
そしたら何だか緑色っぽいのをすくって、足の傷口めがけて投げつけて来た。 
訳分からないけど凄いピッタリと足の傷口をふさぐ感じで覆いかぶさって 
突然痛みとかそういうのが消えてなくなった感じがした。 

「ようし、寝っぺかな」 
よく分からないけど、そのお爺さん突然山道で横になってその場で寝始めた。 
何かぶつぶつとお経だか呪文みたいなのを唱えてたけど寝息になった。 
何があったのか分からなくて俺はずーっと固まってた。そのうち意識が薄れた。 


気が付いたら朝で、足は何故か治ってた。傷口の痕は残ってた。 
何でか道が分かってすぐに帰れて、一晩いなかったのに何事も無いように 
当たり前のように「おはよう」って返されて不思議な気分で一杯だった。 
それからまた3日くらい居たけど、探しても探しても、 
その迷い込んだ山がわからないまま帰ってきた。 


最近、何故か傷痕がやたらうずいて、たまにうっすらと血がにじむ。 
軽く拭くと、流れ出た形跡が全く無いんだよ。開いたとかじゃなくて。 

今度、あの時のキャンプで行った所へ行ってみなきゃいけない気がしてる・・・