610 :もしもし、わたし名無しよ:2010/04/04(日) 19:55:30 
本家は昔大地主で、小作人とかに恨まれたりしたそうです。 
何故か男が早死にするので徳の高い人に女の子の人形を作ってもらい、その人形に見守ってもらう代わりにお世話するように言われたそうです。 
 
おかげで何とか60代ぐらいまで男も生きるようになり今に至るわけですが。 
そんな家系なので女性が中心に仕切るようになり、人形をお世話するのが家長の仕事になっているわけです。 
俺は小さい頃に頭を怪我して少しだけ話すのが遅れた為、田舎に帰ると従兄弟に仲間外れにされて大お婆さんと一緒に人形をお世話してました。
 
お世話と言っても話しかけたり抱っこした程度ですが。 
大お婆さんには「◯◯ちゃんはこの子に気にいられたから長生きするよ」と言われたものです。 
小さい時から膝ぐらいの高さから誰かが見ているような気配を感じたのは、わざわざ田舎から人形が見にきていたんでしょうか。

 
611 :もしもし、わたし名無しよ:2010/04/04(日) 20:00:25 
610の続きです。 
大お婆さんが100歳で亡くなり叔母さんが人形のお世話役になった時は、人形が寂しがるからたまには会いに来てねと言われたものです。 
今でも30cmぐらいの高さの視線を感じる時がありますよ。 
仕事で疲れてベッドに倒れこむようにして寝たのに、朝起きたらちゃんと布団をかぶって寝ている時も何度かあります。 
人形にとって俺は、いつまでも手のかかる弟なんでしょうか。