522 1/2 sage 2010/05/09(日) 23:34:29 
自分は某アニメに出演した、とある妖怪で 
有名な里の隣町に住んでいます。 

今日は天気が良かったので、 
家の近くにある自然公園に、桜を見に行き 
ました。そこは公園とはいうものの、 
あまり人が居ないため、手軽に山歩きを 
体験できる場所でした。 

いつものように公園の奥に向かう途中、 
何か気配がしたんです。ですが同じ事が 
何度と無くあったので、特に気にせず、 
目的の場所に向かいました。 

桜を見、帰ろうとした時、何か胸騒ぎがしたので 
普段から暗唱しているお経を唱えながら、 
来た道を戻っていました。 
そしたら・・・十メートルぐらい先に、 
何かが見えました。 

目を凝らすと、木の影から人の頭くらいの 
白いものが覗いていました。 
それは、大きさ以外はジブリに出てくる 
コダマに似ているように見えました。

 
525 2/2 sage 2010/05/09(日) 23:36:09 
自分はかなり目が悪いので、きっと気のせい・・・ 
と自分に言い聞かせましたが、 
通り道に居て、そのまま近くに行くのも怖くて 
黙って見ていたら、それは、だんだんと半透明に 
なっていったんです。 
そして、少し目を離した隙に消えてしまいました。 


もう怖くてたまらなかったんですが、騒ぐと 
刺激してしまうと思って、少し歩く速度を 
早めて、今さっきコダマが居たところの横を 
通り抜けると、急いで愛機が止めてある駐車スペースに 
向かいました。 

そして一目散に、その場を離れたんですが・・・ 
帰る途中小さな祠が目に入りました。 
そういえば、いつもは素通りするのに、 
今日はこの祠に一礼してから、公園に向かったんです。 

そして、落ち着いてくると、昔来た時に、公園の奥に 
鳥居が有った事も思い出しました。 
そして鳥居が有ったのは、ちょうどコダマを見かけたあたりでした。 



柳田國男は、「妖怪は崇められなくなって零落した神である」と 
言っていましたが、今日見たコダマも神様だったのかも知れません。