615 : 雪の日の話1/2[] 投稿日:2009/02/23(月) 14:26:53 ID:pCJQz0LmO [1/3回(携帯)]
雪降ってる日になると思い出すことがある。 
もう十何年以上も前だから記憶が定かじゃないんだが、 
俺の爺さんの家はすごい山ん中にあって、雪が降るとテレビの映りも悪くなるから、 
楽しみっていったらスキーとかソリしかなかった。 
で、兄貴とふたりで爺さん家の庭先から少しいったとこの山?丘? 
まあそんな深くないとこでいつも遊んでた訳なんだが、ある日、 
「もうちょい奥いってみっぺ」 
といわれて、着いてくことに。 

兄貴とふたりひとやま、ふたやま越えて、凄い斜面見つけて、楽しく滑ってた訳なんだが 
何しろ回り一面、真っ白いもんだから帰り道わからなくなって、迷ってるうちに夕方近くになり 
泣きべそかいてたら、近くに明かりが見えて、とにかくあそこまで行こうということになった。 

山越えてくと、爺さん家に作りのよく似た家。囲炉裏とか縁側とか土間とかある古いやつね、 
今なら気味悪いって近づかないかもしれないけど、そん時はもう寒くて心細くて 
とにかく誰かに会いたくて、俺たち、戸をガンガン叩いて、「助けて」って。 

中から人の良さそうな婆ちゃんが出て来て、俺たちはほっとした。 
婆ちゃんは俺達をかわいそがって、すぐに中に入れてくれた。 
電話もあるし、テレビもあるし、何より小綺麗で、幽霊屋敷とかじゃなさそう。 

どうやらここは結構町から離れた村?らしい。爺さんの名前をいうと、電話してくれて、 
今日はもう遅いから、ここに泊まれといわれた。 

夕飯の前に風呂入れってんで、足入れてみたらまだ水。 
婆ちゃんきっと沸かすの忘れたんだなと思って、俺はそのまま服着て、兄貴のいる部屋に戻った。

 
616 : 雪の日の話2/2[] 投稿日:2009/02/23(月) 14:29:56 ID:pCJQz0LmO [2/3回(携帯)]
そしたらジャンパーとか靴下脱いでくつろいでたはずの兄貴が、強張った顔でがっちり着込み、 
帰り支度をしてる……今日は泊まる予定なのに。 

で、俺が顔見た途端、血相変えて「帰るぞ!」って……。 
何が何やらわからないけど、俺は兄貴のいうことに従い、帰り支度を始めた。 

二人ともまだ子供だったけど、兄貴はいい加減なことをいう奴じゃない。 

多分、何かあったんだと察しがついた。 

でも婆ちゃんには一応、挨拶とかしないとといっても、兄貴は聞く耳を持ってくれない。 
仕方ないから、そのまま土間から出てこうとしたら、背後から声をかけられた。 

「どこ行くの?」 
って。 



617 : 雪の日の話\(^O^)/2に入らなかった[] 投稿日:2009/02/23(月) 14:34:56 ID:pCJQz0LmO [3/3回(携帯)]
振り向いた先には台所、その奥に風呂がある……引き戸は全部開けっ放しだった。 
風呂には婆ちゃんが浸かってた。服のまま。水に。顔色はまたえらく悪い。というより土気色だ。 

(普通じゃない……) 
叫び出しそうになった俺をシッと制止した兄貴は、スキー板を見せながら、 
「ちょっと滑ろうと思って」 
えらくにこやかに答えた。なんつーか、ものすごくGJと思った。 

そう、と婆ちゃんは答えて、俺達はゆっくりと外に出て、庭先、家が見えなくなったところで 
猛烈ダッシュして、家とは正反対の方向に逃げ出した。 

遭難してもおかしくない状況だった訳なんだが、運よく探しにきてた親父たちの翳す 
松明の明かりを見つけて、無事、爺さん家に帰ってこれた。 

後から聞いた話だと、あそこらにはもう廃屋しかないとのことで、人も住んでないとのこと。 
あの婆ちゃんのことは未だわからずじまい。 
少し落ち着いてから兄貴に、「なんであの家変だと思ったの?」って聞いたら、 
案内された部屋が仏間で、変だなと思いつつ、寝転んでたら、よく仏間の天井に飾られてる 
故人の写真の中にあの婆ちゃんを見つけたんだと。 

あとポケベル?運よく電波がチョビチョビ入り、爺さんに連絡してくれたはずなのに 
(れんらくくれ)て何回も間を置かず入るから、何か嫌な予感がしたそうな。 

まあ、普通は俺達のした行動の方が危険なんだろうけど、あん時はどうだったんだろ? 

ただな、服着たまま冷水に浸かる婆ちゃんの夢、雪降ると未だに見るんだよ。 
トラウマからくる単なる夢ならいいんだけど……その夢で兄貴と俺、大人になってんだよね。 
逃げる時、車で逃げてるし……時々聞く、続きものの夢ってやつなのかな?