329 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/02/12(木) 01:56:10 ID:ePElULcT0 [1/4回(PC)]
小さい頃の話。 

私は母と一緒に寝ていたのだが、ほんのりと怖いことが時々あった。 
母が魘される時があったのだ。 
私はよくわからないがただごとではない、と感じつつも 
何だか魘される声が怖くて話しかけることができなかった。 
翌朝、夜中何かあったの?と聞いてみても母は「大丈夫よ」と 
笑顔ではぐらかされた。 
私が成人してから思い出し、聞いてみると 
何やら正体不明のものが周りにいたり、乗られたり、金縛りにあっていたりしていたそう。 
本人は寝ぼけていたのよ!と大笑いしていましたが。 

母と寝ていると、カタカタとガラス戸の人形がいっぱい飾っているケースが鳴ったり 
することがあったが、これは夜中の工事の振動が伝わって鳴っているのだ、 
夜は静かなので昼間聞こえない音も聞こえる、という 
テレビの怪奇現象を解明する(?)番組を見て、これか!と 
恐怖の正体が説明付けられたりで安心したものだったが、 
それでは片付けられない現象が起きた。 

ある日、こそこそと私の横で蠢く音がしたのだ。 
横を見ても壁があるばかり、何も見えないが、かさかさと動く音がする。 
もしやゴキ?!とパニックになり、隣に眠る母に擦り寄った。 
すると母は寝ぼけた声で 
「知らんふりしない、すぐいなくなるから」と言った。 
私は布団をすっぽり被り、朝になるのを待つつもりが何時の間にか眠ってしまった。 

朝になって母にゆうべのことを聞いてみると、そんなこと言ったかしら?と 
言われてしまった。覚えていないらしい。 

私は成長し、姉が嫁いで子供部屋が空いたのでそこで寝ることになったのだが 
それからは何も怖い思いをして・・・いや、しましたがあまり怖くないので略。



331 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/02/12(木) 02:24:34 ID:JA15TZWk0 [1/3回(PC)]
つまりお母さんに何か憑いていたか、狙われていたってことですか 

ところでお父さんは? 
怪奇現象に恐れをなして、自分だけ別室?