60 : あ@*のうしろに名無しさ が・・・[] : 投稿日:2003/07/12 21:29:00
下校途中、小人を見た事がある。 
10センチくらいの草が生えている空き地があって、歩道との境に草より少し高い 
杭が並んでいたんだけど、歩道を歩いていると杭の影に小人が隠れて見ていた。 
目が合うと、草の中に逃げて行った。 

もう、妖精みたいなメルヘンチックなもんじゃなかった。 
普通の人間をそのまま小さくしたみたいな感じで、なんかニヤついていた。 
草の中に逃げたけど、追跡しようとか思わなかったよ・・・・・・・怖くて。 
そのまま、何事も無かったかのように歩いて帰った。 


70 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/07/12 22:26:00
小人で思い出した。現在70代の母がまだ小さい頃のこと。 
(母自身は、大人になってから祖母に聞いたという) 
祖母が、母を始め数人の子供達を昼寝させていた時。 
ふっと気付くと、横になった少し向こうの畳の上に、小人が二人いたそうな。 
仰天した祖母は、そのまま息を殺して小人を見ていたのだが、 
小人は気付いているのかいないのか、その場でしばらく二人で遊んでいたとか。 
やがて小人はどこからか細い棒だか針のようなものを出し、それで 
お互いの体をちょんと突っつくと、二人共ぱっと消えたそうな。 
この話、私が小さい頃に小人の出てくるアニメを見ていた時、 
「そういえば、おばあちゃんがコレ見たことあるって言ってたなあ…」 
と母が言った時に聞き出したものですが、 
その時既に祖母は他界していたので真相は謎。 
でも明らかに寝ぼけたとか夢とかなら、既に大人になってた娘(私の母)に 
わざわざ語ったりしないだろうから、祖母は確かに何かを見たと信じていたんだろうな。 
生きてるうちに直に色々聞きたかったなあ。