834 : 二等兵 ◆V1bXEg2LXU [sage] 投稿日:03/12/29 06:10
 初めて書き込みさせて頂きます、二等兵と申します。乱文にて読み辛いかと存じますが、
 何卒ご容赦の程を。

  当スレッドに該当する内容の話かどうか、些か疑問ではありますが、友人から聞いた話を
以下に書かせて頂きます。

  私の友人にA君という人がおります。彼との付き合いは長く、よく遊んだりしているので
 すが、そのA君の実家には、幽霊が住み着いているそうです。
  ただ、この幽霊というのがちょっと変わっておりまして、その家(一族)における、代々
の当主(長男)にしか見えないそうなのです。件の幽霊の特徴なのですが、女性で、何故か
必ず後ろ向きに現れるらしいです。ですから、その幽霊を見たとしても、背中しか見えない
 そうです。

  A君は小学校に上がる前、見たそうです。夜中にトイレに行きたくなって起きたA君は眠い
目をこすりつつトイレまで行き、明かりを付けてドアを開けました。すると。

  トイレの中には、A君に背中を向ける形で着物を着た女性が立っていたそうです。女性は微
 動だにせず、無言で立っているだけだったのですが、髪の毛が物凄い長さで(トイレの床全
 体に広がるくらいの長さだったそうです)、その異様さにビビッたA君は親の寝室にすっ飛ん
 で行き、「幽霊出た~!」と言って泣き喚いたそうです。

 (長いので一旦切ります)



835 : 二等兵 ◆V1bXEg2LXU [sage] 投稿日:03/12/29 06:10 
(続き)

  A君の話を聞いた父親は一言、「お前も見たか」と言ったそうです。実はA君の父親も、小さ 
 い頃にその幽霊を見ていたそうなのです。

  ただ、A君の父親が見たのはトイレではなく庭で、しかも昼間だったそうです。彼女(幽霊) 
は、やはり後ろ向きに立ち、異常に長い髪をしていて、(誰だろう、この人?)という感じで 
見ていたら、父親(A君の祖父)が「見るんじゃない!」と怒鳴りながら走ってきて、A君の父 
 親を抱いて急いで家の中に入ったとのことです。

  A君はその女性が一体誰なのかを祖父から聞こうとしたのですが、A君にも、A君の父親にも決 
して語ることなく、10年位前、鬼籍に入ってしまったとのことなので、今となっては知る術が 
無いそうです。ただ、祖母はまだ存命中とのことですので、もしかしたら祖父から何か聞いてい 
 るかも・・・との事でした。

  以上が友人から聞いた話です。オチが無くて、申し訳ありません。

  ちなみに私が祖父から聞いた怖い話ですが、祖父は第二次大戦中、インパール作戦に参加した 
 のですが、日本軍が降伏し捕虜になった際、祖父達は一列に並ばされ(数キロになるぐらいの長 
い列だったそうです)、その列の前を敵軍の士官(多分、イギリス軍)らしい人間が部下を連れ 
 て歩いて、士官が何やら合図すると、部下が列から日本兵を引きずり出し、その場で射殺してい 
 た、という話です。幽霊とは何ら関係ないのですが、これはこれで怖い話でありました。