393 : 393[] 投稿日:04/02/14 22:37
 オレが高1の時のはなし。 

 オレはベッドに寝っ転がって本を読んでいた。 
いつの間にか夜中の2時。するとなにか音が聞こえてくる。 
「ん?何の音だろ?」と耳をすましてみると・・・ 

 それは小さな子供がすすり泣くような音。 

 隣の部屋は妹の部屋なんで 
「妹が泣いてるのか?」と心配になり 
妹の部屋を壁ごしにうかがうもなにも聞こえない。 
外から聞こえるのかな?と窓を開けてみても違う。 
おかしいなぁ?と思っていると、いつの間にか 

 泣き声が自分の部屋から聞こえることに気づいた。 
というより泣き声の主が自分の部屋に入ってきた、というほうが正しいかも。 


394 : 393[] 投稿日:04/02/14 22:37
393の続き 

 不思議だよね、今思えばガクガクブルブルで部屋から逃げ出すんだろうけど 
なにを思ったのかオレは 
「きっと疲れてるんだわ、さっさと寝ないと!」 
と電気消して寝ようとした。 

 そしたら案の定、金縛りに・・・泣き声がするまま。 
もう怖くて目を開けられない。必死で心の中で泣き声の主に向かって 
「ごめん!オレに助け求めてもなにもできないから!他を当たってください! 
ホントにごめんな、ホントにごめんな・・・」 
と訴えかけていると、今度はなにやらお経が聞こえてくる。 

 気がつくと金縛りが解けてました。 
ですがそれから3~4日ほど、金縛りが続きました。お経を聞きながら。 
今思えばあれはなんだったんだろ・・・?子供はオレになにを訴えてたのか気になる・・・ 

 あまり怖くないですね・・・スマソ