673 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2007/01/07(日) 06:07:25 ID:t1+haAN1O [1/1回(携帯)]
今から15年位前の話。 
友達と三人で遊んでいた時、一匹の蛇が現れました。 
「わぁ、蛇だぁ」などと言いながら蛇の動きを観察してました。 
すると近所のじじぃ(きちがい)が来て、おもむろに蛇を 
捕まえ、千枚通しの様なもので蛇の目を滅多刺しにし、 
真ん中から蛇を真っ二つに裂いてしまった。 
じじぃは裂いた蛇を地面に叩きつけツバを吐きかけ去った。 
私達は泣きながら家に帰り、布を持ってもう一度蛇のところへ 
行き、殺された蛇を布にくるみ神社の裏に埋めました。 
それからちょうど一年後そのじじぃが山で見つかった。 
山から転げ落ち、目や耳に沢山枝が刺さり倒れていたらしい。 
当然盲目、耳も聞こえない状態になり、それからまた一年後、 
自宅で餓死、しかも腐乱状態で見つかった。 
蛇の目を滅多刺しにしたからじじぃも目に枝が沢山刺さった 
んじゃないかと当時は怖かった。祟りはある。そう思う。


674 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2007/01/07(日) 07:16:04 ID:qhfk1DN+O [1/1回(携帯)]
蛇の祟りは怖いよ~ 
うちのオカン、家族でバーベキュー行った時祟られたよ(´・ω・`) 
可愛い蛇がちょろちょろ這ってたからオカンが小枝でつついたんだ。 
イジメとかじゃなく、珍しさで。 
蛇は迷惑そうに去っていった。 
そしたら、オカンが急にデカイ鼻唄歌いながら植え込みの柵に乗りだした。 
高さ1M弱くらいの何本か列なってロープで柵にしてる幅の狭いポールの上に。 
ポールどおしは1Mも離れてる。 
うちのオカン、おとなしい人で鼻唄歌いながら植え込みの柵歩くなんて… 
オトンもポカーンだった。 
3本目のポールにジャンプしたとき、足がすべってポールが腹に刺さる形で転んだ。 
もちろん気絶。 
命に別状は無いけど腹にできたデカイ痣はしばらく消えなかった。 
聞いたらオカン急にポールに乗りたくなって無我夢中であんまり記憶に無いって… 
蛇の腹つついたからなんだろうなぁ。 
さわらぬ神にたたりなし。 
長文駄文スマソ