710 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] 投稿日:04/06/13 08:46 ID:Fw8xS48d [1/2回]
でわ小学生の時の体験談を 

私の小学校は職員室と1~2年生の教室は旧校舎、3~6年生は新校舎と分かれていました 
これは旧校舎の方で体験した話です 

当時、学級委員をしていた私は、もう一人の委員の子(以下A)と 
放課後誰も居なくなった教室で、後日配るプリントの整理をしていました 

作業も終わり2階の教室から1階の職員室に先生を呼びに行こうと 
階段を降り始め踊り場にある大きな姿見の前を通り過ぎようとした時 
姿見にうつった風景に違和感を感じ足を止めました 
何がおかしいんだろう?と思い、姿見をよく見ると2階の廊下を何かが横切りました 
「先生が来たのか、Aがトイレでも行ったのかな?」 
と思いましたが、そのわりには足音が聞こえてない・・・ 
その時見たのは一瞬でしたが「何か黒いかたまりの様な・・・廊下より上を横切った様な・・・」 
と、2階の廊下を姿見越しに見ながら考えて居ました 
すると今度は逆方向に移動する黒い影がはっきりと見えました 
「やっぱり廊下より高い位置を動いてる・・・足音もしてない・・・」 
既に自分の足は恐怖感で動きませんでした、が 
「次に通ったら振り向いて確認してやる!!」と決意して姿見を見ていました 
・・・また通った!!その瞬間、私は2階の廊下を振り向きました


711 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] 投稿日:04/06/13 08:51 ID:Fw8xS48d [2/2回]
・・・何も無い・・・ 
何も見えなかった安心感からか全身から力が抜け、もう一度、姿見の方に向き直った時 
横切るだけだった影の様なモノが廊下の途中で止まっていました・・・ 
完全にテンパった私は後ろと姿見を何度か見直すと、直接は見えないけど姿見を見るとうつってる 
私は姿見にうつる影から目が離せなくなり心臓がバクバクいってました 
すると姿見越しに見える影は、ゆっくりと廊下から階段の方へ移動して来ました 
「見てるのがバレた!?」何故かそう思った私の体は恐怖からか、もう一歩も動いてくれません・・・ 
影が階段の一番上の段辺りに来た時、その影がはっきりとある形に変わりました 

それは表情すら伺えるぐらいはっきりとした 
首から上だけの人の頭でした・・・しかも姿見越しに見えるその表情は 
口元にうっすらと笑みを浮かべ、黒目は私の背中を見ていました、しかも徐々に近付いて来てます 
私は泣きそうになりましたが、声がでません・・・ 
もう頭の中はパニックでどうしょうもなくなったその時 
廊下の奥からパタパタと足音が聞こえAが走って来まて、踊り場で固まっている私に 
「遅いよ~何やってんの?」と一言 
姿見にはもう私とA以外、誰もうつってませんでした 
本格的に安心した私は、崩れるようにその場に座り込み心配するAの声を聞きながらゆっくりと口を開き 
「助かったよ~・・・」と一言Aに・・・Aは全く何のことかわかってなかった様子ですが 
私はAに心の底から感謝しました、と、同時に確認しようとした自分に後悔しました 

未だに、この時の姿見にうつった顔は忘れられません・・・思い出すたびに寒気と動悸に襲われ、ちょっとしたトラウマになってます 

まとめベタで長々とすいませんでした、読んでいただいた方ありがとうございます