439 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] 投稿日:04/01/21 01:14
今まさに残業してますが、さっきから外の様子がおかしい。 
怖いので帰ります。 
これ以上ここに居られないから自宅からでも続きを。。


440 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] 投稿日:04/01/21 01:27
>>439 
ご自宅についてからの書き込み 
お待ちしております。



441 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] 投稿日:04/01/21 02:14
今帰りました。。もううちょっとぱにくってます。。 

社屋を出るといつもゲートに守衛さんがいるんです。そこで一応従業員証を提示して門を出るのですが・・・ 
今日に限って守衛が一人だけだったんです。 
守衛さんは工場内の定期巡回などもしているのでたまたま門にいるのが一人になっちゃったんだな、 
と思っていつも通り監視室のモニターに集中している守衛さんに気付いてもらおうと窓ガラスをノックしたんです。 
でも、ノックしても振り向いてくれないんで「すんまっせん」と小窓を開けて声をかけたんです。



442 : 440[sage] 投稿日:04/01/21 02:31
>>441 それから、それから?!(・∀・) ドキドキ



443 : 441[sage] 投稿日:04/01/21 02:54
友達に家に来てもらいました。レス遅れてすいません。 

自分割と声大きいいんですけど、守衛さん気付いてくれないんです。 
おっかしいなー、と思ってもう一回名前を呼んだんです。(結構仲のいい人だった) 
そうしたら、体がピクッ、て動いたんですよ。 
仕事中に眠気を催してるときにハッと目が醒めた時の体全体の筋肉がピクッて動くあのかんじです。 
なんだ寝ちゃってたんだ、と思って。 
「社内に従業員はいないハズですよ、お先にアガりますね。」と声をかけたんです。 
だけど振り向いてくれないんです。てゆうか微動だにしないんです。 
様子がおかしいなとは思ったんですがまだ寝ボケてんだな、まいいやと思ってゲートくぐろうとしたら背後から声が聞こえるんですよ。 
ん、と思って振り返ったらさっきまで監視室にいた守衛さんがいないんです。



444 : 441[sage] 投稿日:04/01/21 03:11
その代わりと言っちゃアレですけど遠くから違う守衛さんが走ってくるんです。 
「従業員の方?勝手に門くぐらないでよ。」って怒られてしまいまして。 
で、一応事の顛末と言うか、さっきまで○○さんがここにいて、って話したんですよ。 
そうしたらその守衛さん急に顔をこわばらせてトランシーバーで巡回中のもう一人の守衛さんを呼んだんです。 
で、ここでちょっと一緒に待っててくれないか、と言うんで正直早く帰りたくて仕方なかったんですが 
監視室に入ってもう一人の守衛さんが来るのを一緒に待つことになりました。 
僕にはこの時点で事の詳細など分かるはずもないんですが、守衛さんが青い顔して思い詰めてらっしゃるのが不気味で・・・ 
監視室自体音の無い世界なんで風で木の揺れる音とかしかしなくて。



445 : 441[sage] 投稿日:04/01/21 03:28
で、5分くらいしたらもう一人の守衛さんがみえて、2人でごにょごにょと給茶室で話してるんですよ。 
こっちは早く帰りたいのと自分を待たせといてごにょごにょ話をしてる守衛さんが鬱陶しくてイライラしてたんですよ。 
でも3分くらいしてもごにょごにょ話してるんで頭に来て何かあったのか聞いたんですよ。 
そしたらえらく神妙な顔して、 
「○○さん、出勤途中に事故に遭われて・・・」 
ああやっぱりな、と思った自分も不思議なんですけどなにより守衛さん達の青い顔が怖くて・・・ 
まあ、見ちゃったもんは仕方ないんですが、あれは間違いなく○○さんだったんで3人で監視室の神棚に手合わせてお祈りをしました。



446 : 441[sage] 投稿日:04/01/21 03:33
で、守衛さん達怖がってたんで落ち着くまでしばらく守衛さん達と色々話して。 
最後のお勤めだったんだなあ 偉いなあ 成仏したろうなあなんて10分くらい話して 
最後にもう一回手を合わせて監視室を出たんですよ。



447 : 441[sage] 投稿日:04/01/21 04:00
そのときは霊を見た云々よりああ亡くなられたんだな、残念だな、と思ってました。 
で、駐車場について車の暖機して帰途についたんですが、途中の交差点で路上にガラスが散乱してたんです。 
出社するときはガラスなんて飛び散ってなかったんでもしやと思って交差点の角地にあるコンビニに車を止めて降りたんです。 
あたりを見回すとやっぱり対面のガードレールに花が置かれていて。 
間違いないな、と思ってそこまで行ってもう一回手を合わせて、車に戻ろうと思って踵を返したら僕の車の前に○○さんが立ってるんですよ。 
さすがにビビッちゃって、目を閉じて自分の車に向かって手を合わせて・・・ 
目を開けると○○さんはいなくなってて、コンビニの店員が僕をぽかーんと見てて恥ずかしくって。 
ビクビクしながら車に戻ってまだどっかに隠れてんじゃねえかと思って車の周りチェックしたんですよ。 
周りの人は不審がってましたが。そしたら右リアのタイヤがバーストしてて。 
たまたまなんだろうけど○○さんが教えてくれたんだな、きっと。 
自分が監視室で事実を知らされなければコンビニに車を止めることもなかっただろうし、パンクに気付くこともなかった。 
だけど今夜は眠れそうにないです。明日のミーティングは○○さんの話になるんでしょう、きっと。 

ご冥福をお祈りします。



448 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] 投稿日:04/01/21 09:26
>>441 コワコワビクビクだったけど最後は良いお話でホッとしますた。 

でも、これ昨日の話じゃないっしょ? 
1時間弱でこんな事ありえない。 

3人で話したり冥福を祈ったり事故現場で立ちつくしたり… 
1時間弱では無理だよね。



449 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] 投稿日:04/01/21 11:33
その人 きっとこう言いたかったんだと思うな 

                      死ねばよかったのに・・・
450 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] 投稿日:04/01/22 02:04
>>449 
うまい!! 
でも(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル