270 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] 投稿日:04/05/11 03:25 ID:hScfodUW [1/1回]
市内の小学校で合唱コンクールがあって毎年6年生が出ることになってた。 
音楽の先生が普通の小学生向けの合唱曲じゃ優勝は狙えないからって 
地方の民謡(?)を2曲歌おうということになった。 
1つはある地方に伝わる子守歌、もうひとつは農作業の時の歌だった。 
子守歌は別に問題ないんだけど、農作業の歌の歌詞が農家の人がとても 
苦労して農業に精を出すんだけどむくわれないみたいな内容で 
歌詞に「隣の○○さんが(労働の厳しさに)倒れた」「みんなでかついで運ぶ」 
「次々に人が倒れる」「農作業は厳しい」というようなものが含まれていて 
ある日、体育館のステージ上に台を置いて練習していた時、 
暑くもないのに次々にクラスの子が急にバタバタと倒れて台から転落して 
転落のショックで白目むいて泡ふいてる子とか、口から血を流してる子がいて女子たちの悲鳴が響いた! 
それで保健室の担架が足りなくて職員室から手のあいた先生が来てかついで運んで行ったんだけど 
クラスの1人が「ねぇ、これ歌の歌詞と同じ(状況)じゃない?」と言い出し 
「呪われた曲だ!」と、一同パニック状態に!! 
音楽の先生もこんなことがあったので気味が悪いと、急きょ他の曲を歌うことになった・・・