245 : 初めまして。[] 投稿日:03/11/25 22:43
初めての書込です。家電関係の話が有ったので・・・ 
15年ぐらい前、普通の民家を社屋としていた小さな会社に勤めていました。 
私が和室で仕事をしていると同僚が「写るんです」を買ったと言って写真を撮ってくれました。 
一週間後写真ができあがり、「写るんです」に感動し写真を自宅に持ち帰りました。 
それからまた一週間後、居間のテーブル上に置いてあったはずの写真が無くなっている事に気づき、 
同居している親に聞くと、写真に幽霊が写っていたので怖くなってTV局の心霊番組に送ったと。 
特に霊感や幽霊を信じていた訳ではないので、気づきもしませんでした。 
数日後TV局から番組で使いたいとの連絡が、「詳細は番組をみて下さい」でした。 
怖がっている当人に対して、「楽しみにしていて下さい。」とは、恐るべしTV局。 


246 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] 投稿日:03/11/25 22:58
>>245 
どんな写真だったの?



247 : 初めまして。[] 投稿日:03/11/25 23:00
245続き 
放送日、念のためビデオ録画の準備をし待機。 
親に何が写っていたのか聞くと、「テレビに霊が・・・・」???ん 
放送が中盤にさしかかった頃、ようやく紹介されました。 
この写真に写った幽霊を見るのは、今回が初めてだったので、 
ドキドキしなが見ていたのを覚えています。 
そして、その写真に写っていたのは、和室奥に有るテレビ(業務用モニタ)に写った、 
上下逆さまの真っ赤な歪んだ人の顔でした。一瞬背筋がゾッとしました。 
怪しい霊能者の解説が、始まりました。 
何でも、テレビに映っているのは、この付近で事故に遭って死んだ自縛霊。 
あたりから、色々な霊を呼び集めている源となっている。非常に危険だそうです。



250 : 初めまして。[sage] 投稿日:03/11/25 23:16
>>247続き(連続カキコ&長文許して) 
でもすぐに気がつきました。 
テレビに映った人の顔は、誰でもない、この私本人です。 
その時は、フィールドメモリ(画像を記録する装置)の開発していて 
ちょうど試作品に自分の顔の映像を記録させ試験をしていました。 
(簡単な色調整は、肌色が一番いいのです。) 
しかし、PLLはロックせず、同期が不安定に。色計算を間違えてグチャグチャ。 
シフト方向を間違え上下逆に・・・・・。 
事実が分かると「霊能者なんてテキトーな商売だな」と家族で大爆笑。 

しかし次の一言で、奈落の底に。 
霊能者「沢山の霊が写っています。」 
写真に写っている私(テレビの方ではなく)の肩に人の手が。 
あれから約15年、適当な霊能者のせいで、いまだに真相は不明です。