284 : 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ [sage] 投稿日:04/08/05 02:36 ID:TFOqGU6L [1/3回]
友人の話。 

フィールドワークのため、山に一人こもっていた時のこと。 
夕食後に水場で食器を洗っていると、何かが激しく後頭部に激突した。 

 ガンッ! 

目から星が出た。溜まらず膝をつく。続けて重い物が水に落ちる音がした。 
何だ、何が飛んできたんだ? 頭を振りながら水に手をいれ、拾い上げる。 

目の前にあったのは、髷を落としたざんばら髪の生首だった。 
生首は舌を出してにんまりと笑い、空に飛び上がる。 
固まっている彼の頭上を何度か旋回し、尾根の方へ向けて飛び去った。 
まるで現実感が感じられず、夢かと疑ったそうだ。 



285 : 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ [sage] 投稿日:04/08/05 02:37 ID:TFOqGU6L [2/3回]
(続き) 
翌日は別の場所で野営したのだが、夕刻を過ぎると彼は落ち着かなくなった。 
警戒が功を奏したか、やがて夕焼けの中を飛んでくる物体を見つけたという。 
遠目では生首かどうかはっきりわからない。 
強気な彼は、正体を確認してやろうと、杖を握り締めて立ち上がった。 
しかし、彼はすぐに杖を取り落とすことになる。 

生首は二つに増えていた。 

もう正体を確かめるどころの話ではない。一目散にテントの中に逃げ込んだ。 
とても外を見る勇気はなく、そのまま夜が明けるのを待ったそうだ。 
時々、含み笑いのような声が聞こえ、生きた心地もしなかった。 



286 : 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ [sage] 投稿日:04/08/05 02:38 ID:TFOqGU6L [3/3回]
(続き) 
その地点から山を下りるのに、さらに二日かかった。 
最終日、飛んできた生首は五つになっていたそうだ。 

最初の激突以外には直接の被害はなかったが、無事に帰還できるかどうか不安で 
心細く、冗談抜きで発狂するかと思ったという。 
帰ってから知ったのだが、彼が野営した地は、その昔刑場だった場所らしい。 
しかも彼が食器を洗ったのは、斬り落とした首を洗っていた水場だとも聞いた。 

「他の人たちは何事もなくあの場所を利用しているのに、何で俺だけ・・・」 
彼はいまだに、そう愚痴をこぼしている。