641 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2007/10/16(火) 18:25:04 ID:FrNtBKC+0 [1/1回(PC)]
私が高校の時の話。 
オリエンテーリングの一環で校外合宿があり、 
私・友人A・友人Bの3人部屋が同じ部屋に寝泊まりすることになりました。 
二泊三日の最終日の晩、その年代にはよくあることで怪談噺をすることに。 
私とAは布団の上に坐り、Bは布団に入ってあおむけになって話をしていた。 

そこで聞いた一番怖い話は、Aが中学生の時、夢で女の人に首を絞められた。 
このままでは殺される、と感じたAは必死に抵抗してなんとか逃げおおせた。 
翌朝、顔を洗おうと鏡を見たら、首にくっきりと指の跡がついていたんだけど、 
A以外の家族にはそれが見えなかった。 
そのまま登校して、何事もなく放課後、合唱部の練習に行ったら、顧問の先生に 
「どうした、A。首にあざがついてるじゃないか」といわれたんだって。 
「見える人にしか見えない跡だったみたい」とサラリとAがいってその話は終わった。 

一連のAの恐い話の最中、私はあまりに怖いので途中Bの方をチラ見していた。 
相槌をうつのは私だけだったんだけど、Bは目をぱっちり開けていて寝てはいなかった。 
そしてAの話が終了、私が 
「Bちゃん、今のAちゃんの話、怖かったね」と話しかけたところ「え? どの話?」との答えが。 
「だから、女の人に夢で首を絞められて……っていうの」「私、そんな話聞いてないよ?」 
「嘘だ! Bちゃん、目を開けていたじゃない」「でも聞いてないもん」というやりとりに。 

Bはおとなしい子で、嘘をついて人を驚かしたりするタイプじゃない。 
確認すると、どうやらAがその話をしていた間だけ、Bの記憶が完全に抜け落ちているようだった。 
思い返すと、その時のBは目を開けていたけど、ほとんど身動きしていなかった。まるで、彫像のように。 
もしかして私は聞いてはいけない話を聞いてしまったのかも……と思って、 
その時、ほんとうに体から血の気が引きました。 
だから、Aの話もよく覚えていないのです(忘れようとしたんだと思う)。 

ただ、あの時のBの彫像のような顔だけは、今でも記憶に残っています。