390 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/06/14 15:31:00
初めて書き込みをします。 
私が小学生の頃でした(多分4・5年) 
ある夜、父のお使いでタバコを買いに近所の自販機まで出たときです。 
詳しい時間は何分古い記憶なんで定かではありません。 
帰り道、何気なく自転車で空を見ながら走っていると、流れ星が流れました。 
一瞬だったのでちらっとしか見えず、また振るかもしれないと子供ながらにちょっとわくわくして空を見上げました。 
その時、空の様子がおかしい事に気づいたのです。 
空の星が、全て同じ方向に動いているように見えたのです。 
地球は自転していますから、星が動いているのも当然だという事も、子供ながらに知っていました。 
しかしその時は「たった数分の間」に目に見えるほどの速さで動いていたのです。 
全ての星が。 
あり得ないと思った私は乗っている自転車を降り、自転車を固定しました。 
その場にしゃがんで自分と星の間に動かない物(つまり基準になるもの)を挟んで、さらに観察しました。 
しゃがんだ状態で、やや上を見上げる形になります。 
自転車のハンドルの端にその時位置していた星を目で追うと、やはり動いています。 
立ち上がり、近所の家の庭に立っている木を基準に観察しても、やっぱり動いていました。 


391 : 続き[] : 投稿日:2003/06/14 15:33:00
あまりに不思議な現象に「誰か呼ばないと!」と思った私は急いで家に帰り、母親を外に連れ出しました。 
すると、まるで先程までの事が夢だったように星は星として動きもせずにまったく普段どおりでした。 
あれだけ頭を使って観察した(当時の私の頭では精一杯出来る事でした)のですからあれが夢だったはずはないと、 
笑う母親にごねて「どこかに電話して聞いて!」と訴え、母がどこかに電話しているのを見ながら「すごい発見だ!」などと浮かれていました。 
母親が「はい」と手渡してくれた受話器からは、明日の天気予報しか聞こえてきません。 
どなたか似たような経験した方いらっしゃいませんでしょうか(ノ_・。) 
私がタバコを買いに出て、家に戻るまでの時間はほんの2・30分だったと思います。 
夢を見ていたわけではないとも言い切れます。 
常識的に考えて、そんな速さで星が動いてるという事は、それなりの時間が経っていないとおかしい事になりますしね。 
それだけ長い時間外に立っていたからといってあのような視覚的効果を体感できるとは思いませんが。 
それとも、私の頭の中がその時ちょっとおかしかったんでしょうか・・・。