340 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/06/09 03:48:00
あれは確か小学3年の冬、いつものように雪の壁(かなりの豪雪地帯なもので)を殴りながら 
一人で下校する途中、あたりがホワイトアウトし、気が付くと家のコタツにいた。 
「あれ?なんで俺家にいるん?」 
思い出そうとしても、帰り道の途中、ホワイトアウトした所までしか思い出せない。 
ちなみにその日の天候は、午前雪・午後曇りで、某映画みたく吹雪でホワイトアウトしたわけではない。 
消雪パイプから勢いよく水が出ていたのを記憶している。 
あまりに不思議だったので、俺は作文の宿題にその出来事を書いて提出した。 
お子ちゃまなので「なんか賞もらえるかも!」などと期待しまったぐらい不思議な体験だったのだが、 
賞どころか、「作文に嘘の話しを書いちゃ駄目でしょ!」って、女の先生に子一時間怒られた。 
嘘なんて書いてないのに・・・。 
それから何年かして、UFO番組を見ていたら、 
「宇宙人にさらわれた(キャトルミューテレーションだっけ?)人は、その前後の記憶が無くなる」 
みたいなこと言ってたので、 
「これか!」と、俺は一人得心した。が、その番組では「何度もさらわれる、とか、なんか(人体実験?)される」 
とかとも言ってたので激しく恐怖し、その日から俺の枕もとにはエアガンと木刀が常備され、 
小さな物音にも過剰に反応するようになっちまったい。 
もちろん電気は点けたまま寝るようになったとさ。おしまい。 



342 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/06/09 08:19:00
>>340 
> その日から俺の枕もとにはエアガンと木刀が常備され、 

なんかかわいーなー。 
先生ってたまにすごい残酷だよね。 
それにしても真相はなんなんだろー…