874 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 03/12/18 23:24
私の姉が体験した話しです。本人が書き込めばもっと怖くなるとは思うのですが。 
いまから20年以上も前の話になりますが、親戚(母方)が一戸建てを購入したというので 
家族揃って泊まりにいきました。 
同じ年の従姉妹達がいて、前々から交流があったので、私達姉妹もとても楽しみにしてました。 
その家に向かう途中から雨が降り出し、着いた頃には大雨(台風だったのかな)という具合でした。 
仲の良い従姉妹に会えた私や妹はとてもはしゃいでいたのですが、2つ上の姉(当時中2)は 
浮かない顔してました。 
浮かない顔といえば、従姉妹の一番上(私と同じ小6 なおちゃんと呼びます)も同じでした。 
食事をし、交代でお風呂に入ろうか、というところになって突然停電をしてしまいました。 
私や妹はロウソクやランプを持ち出してきたそのシュチュエーションにむしろ 
大喜びしてましたが、姉は母親に「ねえ、帰ろうよ。もう帰ろうよ」と訴えていました。 
そんな姉になおちゃんは「お願いゆうちゃん、帰らないで、一緒にいて」と泣きそうな顔をして 
引き留めていました。 
そんなこんなで(←省略されました) 
夜になり、子供達は全員二階の部屋で寝ることとなりました。 
姉が二段ベッドの一番上(ここにいつもはなおちゃんが寝る)その下がなおちゃん。 
私と妹、そしてなおちゃんの妹が床に布団をひき寝ました。 

 
875 : 874 [sage] : 03/12/18 23:37
続き 
そんなこんなで(←省略されました。だって私には何も起こらなかったから) 

翌朝早く私達はその家を後にしました。 
家に帰ってから姉から聞いた話だと 
「あの家に着いたときから何か重苦しい空気を感じた。息がつまるくらいだった。 
洗面所や階段脇の窓に黒い顔をした人が立っていたのが見えた。 
四畳半の部屋(←結果的に父が泊まった部屋)では、床をはいずり回っている人が見えた) 
夜、寝ているとごぼごぼという音がして、目を開けると、天井が泡だったようになっていて 
最初は小さな泡が段々自分の真上に集まりだし、最後には一つの大きな泡になった。 
隣に何か気配を感じたので、横目でみると、背の高いおじいさんが、目をぎょろぎょろさせて 
こちらをじっとみていた。 
そのうち、おじいさんがこちらに向かって手を伸ばして来たけど、その手は近づいていない 
(←ここら辺は本人談だからうまく表現出来ない)。 
上をみると、大きくなった泡が破裂して、中から大きな顔が出てきた。 
その瞬間クーラーの電気がついた。」 
との事でした。 
父親も夜中じゅう何か重いモノを引きずるような音がして、誰かが自分の枕元を 
いったり来たりしているような気配がした。とにかく気味が悪く叫びたいくらいだったけど 
身体が動かないし声も出なかった。あれが金縛りというのか」 
という経験をしたそうです。 
思えば、朝相当早く、多分5時頃だったと思うんですが、父親がいきなり 
私達子供が寝ている部屋に飛び込むように入ってきて、妙に明るい声で 
「朝だぞー。みんなー!」と入って来たのは、私達を心配したからの事だったのでしょう。 
でも、まさかいい年こいた大人が「幽霊みた」とか言えないし 
(ましてや親戚の新築の家となれば尚更)



876 : 874 [sage] : 03/12/18 23:47
そんなこんなで、父はその親戚の家にはあまり行きたがる事はなくなりました。 
姉もそんな思いをしたので、勿論です。 
それでも最初の頃は、従姉妹の方が私達の家に遊びに来てくれました。 
なおちゃんも、姉ほどはっきりとしたモノを見た訳ではなかったのですが、 
新しい家に不気味さを感じ、両親に訴えていたらしいです。 
それから数年経ち、その家のおじさんが亡くなりました。 
病死らしいのですが、医療過誤ではないか、と一時親戚の間では問題になりました。 
おじさんが亡くなってから、その親戚は問題の家を引き払いました。 
交通の便の悪いところにあったので、車の運転の出来るおじさんがいないと 
何かと不便だったのでしょう。 
そして、なおちゃんが我が家に遊びにくることもなくなりました。 
私や姉の結婚式にも来ませんでした。 
なおちゃんを始め、残された家族は、無事ではあるのですが、あまり幸せとはいえない 
人生を歩いています。 
何かの弾みで、なおちゃん家族の話題が出たのですが、父が言うには 
あそこはもとは沼地だったそうです。



877 : 青田 ◆t291XhvMgA [sage] : 03/12/18 23:48
>>874 
その後、親戚の方々には何もなかったんですか? 
危ない感じですね。



879 : 874 [sage] : 03/12/19 00:08
>>877 
あまり詳しく書いてしまうと、何だか怖くなってくるので。。。 
話には出て来なかったのですが、長男(真ん中)はバイク事故(まだあの家にいる時)で 
下半身がやられてしまったらしいです。 
・・・らしい、というのは、もうその頃になるとその親戚とは「繋がり」がなくなって 
しまったので、「詳しい話は知らない」「知っているけどお前達には教えられない」 
という感じでしょうか? 
私達はなおちゃんを始め残された家族が具体的にどうなったのか、は分からないんです。 
ただ、「気の毒だね」「可哀想に」と話に出てくるだけで 
私達の方から積極的に「ねえ何があったの?」とは聞けない状態です。 

分かる範囲だと、おじさんの方がおかしくなってしまったらしく(どうおかしいかは分からない) 
、親戚からも問題視されていました。 
そこが元沼地だと父親が分かったのは、その初めて行った日に、遅くまで大人達が 
話している時に話題に出たそうです。 
「沼地だから・・・」交通の便が悪い。湿気が多い。安く購入出来た。という感じでしょうか?