502 : 冷静で厳格な父を持つ友人[] : 投稿日:2003/04/19 21:40:00
他のHPにも書いたことあるんですが… 

私には、東京の有名な処刑場があった区に実家がある 
友達がいる。何か歴史的な背景などもあるのか、 
彼女の家では色々とあっち方面の出来事が多いらしく、 
この話はそのうちのひとつだ。 

ある晩、彼女が二階にある自分の部屋のベッドで 
うつぶせに寝転がっていると、突然金縛りになって 
体が動かなくなり、窓の外から奇妙な音が近付いて 
きた。 

パカパッ、パカパッ、パカパッ、パカパッ…… 

それはたくさんの馬が走って来るヒヅメの音だった。 
彼女はうつぶせのまま見ることはできなかったのに、 
なぜか、馬の背には甲冑を着た人々が乗っている!と 
直感したという。 
その音は窓を突っ切って部屋の中へなだれ込み、彼女の 
頭上約1メートルぐらいの高さを走り抜け、反対側の 
壁の向こうへ消えていった。 
と、同時に金縛りが解け、彼女は転がるように一階の 
居間へ。 


503 : 冷静で厳格な父を持つ友人[] : 投稿日:2003/04/19 21:42:00
幸い、居間には彼女の父親がいてテレビを見ていた。 
「お、お父さん、今、私の部屋を、う、馬の群が…」 
彼女は恐怖に震えながら、必死で一部始終を説明した。 
すると、それを聞いた父はおもむろに口を開き、 
「大丈夫、何も心配することはない」 
「え?」 
彼女の父は教職についており、常に冷静で厳格な人だ。 
「私など、夜寝ていて体が動かなくなった時、これまで 
何回も落ち武者に首を締められたが、この通りピンピン 
している。だから、安心しなさい」 

ひっ、ひえぇぇええ~、落ち武者に首をぉおお~??! 

それがなぜ安心してよい事になるのかはよくわからなかった、 
と彼女は語っていたが、落ち着き払って娘を諭す父親に、 
改めて尊敬の念を抱いたそうだ。