478 : 短気なドッペルゲンガー[sage] : 投稿日:2003/04/18 04:17:00
会社の寮(六畳一間)に入って二年、一度もゴミ捨てしておらず、かなりヤバい事になってきてる部屋に住んでる俺の体験談。 
入口に足を向けて寝ながら本を読んでいると、突然凄まじい寒気が。 
振り向くと、俺と同じパジャマを着て、頭がずぶ濡れの男が俯いて立っていた。 
ふっと男が顔を上げた。俺だった。ドッペルゲンガーってやつだな。 
訳の分からない恐怖で頭が真っ白になりつつも、なんとか一声発した。「…俺?」 
相手は「ぁん」と答えた。機嫌が悪い時に俺が出すそのままの声で。 
暫くお互い沈黙。こういう場合すっと消えるか、奴が迫って来て俺が気絶するかして終わりだろうと、 
恐怖で頭がボケてた俺はなんか他人事の様に考えていたが、奴はただ立っているだけ。 
いつまで怖がらせんだよ早く終われよ、と自棄糞気味に腹が立ってきて、「何?」と聞いてみたら、 
「部屋汚なぁい。」とキレ気味に言い、戸も開けずにスッと外へ消えてしまった。お前に怒られても。 


479 : 短気なドッペルゲンガー[] : 投稿日:2003/04/18 04:18:00
奴は翌朝、実家にも現われたらしい。 
玄関の戸を開けようとしたが鍵が掛かっていて開かず「ガツン」とでかい音がして、 
母が音に気付いて戸を開けようとしたら「ンだよクソ」と声がして、開けた時には誰も居なかったそうな。 
母曰く、「あれは間違いなくあんたが怒った時の声だった」との事。その時間、俺は既に会社に居た。 
その後も奴は、革のロングコート、革パン、ロングブーツという俺のお気に入りの格好で 自 転 車 に 乗って走っている所を母の友人に目撃されている。 
自分で言うのも何だが何かのコスプレの様な格好だし、他人と見間違えたとかいうのでは無いだろう。 
あの格好で自転車は止めて欲しい。格好悪過ぎる。 
その後奴は出ていない様だ。因みにこれは一昨年の冬の出来事。まだ部屋は片付いていない。