233 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sageコピペです] : 投稿日:2003/02/11 15:30:00
私の母の体験談をお話しします。 

あれは母がまだ3歳の時でした。 
祖母が母を連れ川へ洗濯に行ったときに起きた出来事でした。 

 その日、祖母はいつものとおり洗濯を終え帰ろうと思い後ろを向くと、 
ついさっきまで後ろで遊んでいた母が居なくなっていたのです。 
祖母は母の名前を何度も呼びましたが、 
返事が無くもしかすると川に流されたのではないかと思いました。 

 ふと川の横にある丘に目がいき胸騒ぎがしました。 
その丘は、母には近づくなと言い聞かせていましたが、 
まだ3歳の子供には越えることは出来ない丘でした。 
それでも気になった祖母は、その丘を越え見た物は、 
腰まで川に浸かっている母の姿でした。 
慌てて声をかけようとした祖母はその時見てしまったのです。 

 母の前で手を出し、 
おいで、おいで、と誘っているこの世の生き物ではないと分かるような、 
茶色い生き物を。 

 祖母は声を出しては母が引きずり込まれると思い、 
音を立てずそっと母の後ろへ近づき母を抱きすくめ、母の名前を叫びました。 
するとその生き物の姿は無く母は放心状態だったそうです。 

 あの時丘の上から叫んでいたら母はあの生き物に引き込まれて 
助からなかったのではないかと、、、