2018年08月

    elly20160702342120_TP_V

    いくら0感といえども、なんとなーく「何か」の気配がすることってあるよね? 
    家が3階建て(実際は2階プラス広目の屋根裏って感じなんだけど便宜上3階)だったんだけど、いつも2階の階段のところに帽子をかぶった青いおじさんがいるのね(見えないんだけど、雰囲気でわかる感じ) 
    それをビビりの母親に話してたら、父親も全く同じこと言ってたらしくて、そのあたりからなんとなく気のせいだと思ってた気配がもしかして本物なんじゃないかって思ったわ

    【いくら0感といえども、なんとなーく「何か」の気配がすることってあるよね?】の続きを読む

    marbee85_genkan0115205936_TP_V

    年末年始でウチに父の妹家族も来て一緒に年末年始を過ごしてた。 
    そこに電話があり、入院中のじいちゃんが具合が悪いという事で親4人は病院に出掛けて高校生~小学生のいとこ同士だけで留守番になった。 

    【ウチに父の妹家族も来て一緒に年末年始を過ごしてた】の続きを読む

    kuma425006_TP_V

    1970年7月、日高山脈を縦走せんとしていた福岡大学ワンゲル部5名が執拗にヒグマに襲われ、3人が次々と命を落としていった。 

    ※ワンゲル・・・・ワンダーフォーゲル。 
    ドイツ語で渡り鳥を意味する。 
    20世紀初頭、青少年の間に、山野を徒歩旅行し、自然と親しみながら心身を鍛えようとする運動が始まり、これをワンダーフォーゲルと呼んだ。 
    戦後、日本でもこの運動が広がり、ハードな「山登り」を行う山岳部とは異なり、「山歩き」「自然散策」というイメージが強く、そこが学生の人気を集めた。

    【福岡大学ワンゲル部】の続きを読む

    このページのトップヘ