2017年10月

    N612_haretamidoritoookinajyumoku_TP_V

    毎年お盆には母方の実家に行っていた。 
    当時幼稚園の年長ぐらいだった自分と4歳上の姉は近所の小学生とよく遊んでいたんだ。 

    どういう経緯かは覚えていないけど、自分を含めて5人ぐらいで近所の山の中にある墓地に探検しにいくことになった。 
    四方を石垣で囲まれたさほど大きくない墓地だったんだけど、なぜか入ったあとに
    出られなくなってしまった。 
    同じ方向をぐるぐる回っている感じ、回りは高い木に囲まれているので昼間でもあまり
    日光が入らずに薄暗い。 
    皆だんだん心細くなってきた。 

    【木の上にお婆さんがいる!】の続きを読む

    DSCF8497_TP_V

    兄貴「そういやさ、エレベーターが13階に止まるの見たことあるん?」 
    友人「ある.気になって降りてくる人見ようと思ったんやけど、誰もおらんかった」 
    兄貴「まぁそれは、別に不思議でもねぇけどな」 

    エレベーターが来たので、乗り込む二人エレベーターは4-5-6-7階と 

    暗い-明るい-暗い…明るい… 
    を繰り返して上がっていく そして 
    12-13階 

    明るい…暗い………暗い 
    最上階は真っ暗だった

    【有名デザイナーが建築した13階建てアパート 後編】の続きを読む

    DSCF8497_TP_V

    が、一歩踏み込んだ瞬間.猛烈な臭いが鼻を刺した.薬品系と生臭さが混ざったような臭いだった. 

    ドアがしまる 

    1~13まであるボタンの「12」を押すと 

    『ガタッ!!!』と一度下に落ちた後に『う゛ーん』と上がっていった 

    今もアレほど揺れるエレベーターには乗ったことがない 

    【有名デザイナーが建築した13階建てアパート 中編】の続きを読む

    DSCF5975_TP_V

    大学一年のころ、居酒屋でバイトをしてた僕は、 
    オープニングスタッフで異例の研修ゼロという、 
    極めてブラックなバイトに申し込んでしまった。

    仕事の辛さからか、一人二人と人が減っていった。 
    勿論、自店だけで補えるということもなく、 
    近くのエリアの社員の人たちが続々ヘルプとして入ってきた。

    【居酒屋でバイト】の続きを読む

    KAI427030_TP_V

    実は俺、当時TVにも取り上げられるような大事故(大事件)に遭遇して 
    生死の境を彷徨った事があるんだ。 

    特定されたらアレなんで具体的な話は避けるけど 
    顔とか刺されまくって元の顔が分からないくらい腫れ上がって 
    アンパンマンみたいになった事があるんだよ。 
    家は裕福でもなけりゃ貧乏でもない普通の家だからさ、 
    集中治療室から出れるようになったらそのまま大部屋に移されたんだけど 
    しばらくは起きてられる時間が一日30分が限界とか 
    そういう生活が続いてた。 
    両手の筋を切られて手も使えない歩けもしない。というか動けない。 
    そんな入院生活の時の話。

    【いつも決まった時間にすごい怒鳴るんだよ】の続きを読む

    HIROTA17621020_TP_V

    小学生のとき、土曜日の放課後に友達の家で遊んだその帰り道
    冬の寒さがきつくなってきた時期、たしか16時くらいだった。少し物騒な町で、
    そいつの家から自宅までは結構な距離があったから、いつもは車で送ってもらってたんだけど、
    その時は何故かひとりで帰ることになった。多分見栄を張ったんだと思う。 

    【黒いバイク】の続きを読む

    DSCF5805_TP_V

    年の暮れのとても冷え込んでいた日だったことを覚えている。 
    俺は交差点で信号待ちをしていた。 
    駅前ということもあり普段から交通量は多いのだがそれに加えて12月ということで
    交通量はかなり多かった。 

    俺は寒さに震えながら一刻も早く家に帰りたいと赤信号を睨みつけていた。 

    【左手】の続きを読む

    TSU852_ichiganrehurensyu_TP_V

    17年前の1月頭、震災の1週間くらい前。俺が小学生の時。 
    お年玉でカメラを買ってもらったばかりの友達と、そのお姉さんとの3人で、カメラの練習に少し山奥の自然公園に行くことになった。 
    山奥と言っても直線距離で家から10kmほどなんだけど、運転歴半年くらいのお姉さんに細い山道と濡れた路面は結構キツかったと思う。 
    だから道の途中で小さい滝を見つけた時もお姉さんは車に残って、俺と友達の二人だけで
    写真を取りに行った。 

    メタルギアソリッド3ってゲームをやったことがある人は滝のMAPを覚えてるかな。 
    あんなに開けた場所じゃないし曇り空で凄く暗かったけど、滝つぼ周りにロープとか何も無くて地形的にはあんな感じ。 
    幅は狭いけど高さはそれなりにあって、子供なりに結構感動した覚えがある。 
    滝つぼから流れ出す川の傍に小さい御堂があって、濡れて余計にボロボロに見えて少し不気味だった。 

    【カメラ】の続きを読む

    AMEjyoubudehoiku_TP_V

    2年前の事なんだけど、私が行ってた高校で怖い目に遭った。後から友達や先輩に聞いたところによると、元々そういう噂が多い学校だったらしい。 

    高校は、第一、第二、第三校舎があって、それぞれが内部通路と外通路でつながっている。校舎はすべて4階建てだけど、通路があるのは3階と2階だけで若干めんどくさい。 
    昼間はどの校舎も昇降口から出入りできるが、6時を過ぎると生徒の下駄箱がある第一第二校舎しか開いていない。 
    ちなみに3階の外通路は6時半以降は鍵がかけられてしまう。 
    第三校舎は学級はなくて、特別教室と保健室があるだけだ。そのせいか他の校舎より少し古いままで、特にトイレが薄気味悪かった。 

    私が怖い目に遭ったのは、その第三校舎でのこと。 
    うちの学校は部活をやっていても問答無用で7時になると職員室以外オール消灯される。6時以降の部活には顧問の先生が付くことが必須なので、生徒だけで7時まで残ってしまうことはまずない。 
    生徒だけの場合は第一、第二校舎の自分のクラスにいることがほとんど。そもそも放課後は部活以外第三校舎にいる必要がない。 

    これを踏まえて人的なものか霊的なものか考えて欲しい。

    【そういう噂が多い学校だった】の続きを読む

    このページのトップヘ