2017年06月

    PAK_genkanpinpon15174507_TP_V

    最近親と話して思い出した事を書いてみる。 

    先ずうちはボッシーで生活は貧しかった。 

    家族構成はオレ、弟、母という感じ。 
    貧乏だったけど借金は無かったし、嫌がらせを受ける事もしていないと思う。 
    (ナマポももらってないよw)

    アパートの1Fに住んでいて2DKぐらいの間取。 
    丁度オレが厨房1年だったときそこに引っ越してきた。 

    中二病を早くも患っていたオレはわがままを言って部屋を一つ独占させてもらった。 
    072も自由に出来る快適な暮らしが1ヶ月ぐらい続いたある日の夜中丁度2時ぐらいだったと思う。

    「ピンポーン!」 

    インターホンが突然鳴った。 
    【インターホンの相手】の続きを読む

    N612_misotodaizu_TP_V

    うちは親父が海外出張ばっかで家にいないのが普通の家庭だったんだ。 
    母ちゃんも飯作るのが面倒な時(少量自炊するのってすごい面倒らしい)は知り合いがやってる中華料理屋によくいってた。 
    俺が中学上がってから母ちゃんがフィットネスジムに通いだしてママ友とおしゃべりしたいときは「今日少し帰り遅くなるから~さん(中華屋のババァの名前)のとこで夕飯食べておいて」て言われてよく一人で食べに行ってた。 

    そこの中華料理屋ぶっちゃけ不味くてさ。俺は行くの嫌だったんだけど母ちゃんからすると知り合い同士だし俺が一人で急にいってもツケにしといてくれるから便利だったんだよ。 

    んで俺は金もないし腹は減るしでしょうがなく食いに行くわけ。 
    その中華屋はまぁ不味いわけだから客がいねぇのよ。 
    俺が行く夕方以降だとご飯ものはまずNG、朝炊いた米だから端の方で乾いた固い部分とか入ってる時あって食えたもんじゃない。 
    客が少なくて料理が出ないから野菜肉も基本古い。だから俺は一番ましな麺類をよく頼んでたんだ。 
    【中華屋の謎の味噌】の続きを読む

    NS752_kegonnotaki_TP_V

    かなり昔の小学生の時、修学旅行で、日光に行った。定番スポットの華厳の滝にも行った。 

    エレベーターで下り、展望台へ出たところ、他校の生徒も多く、なかなか、僕のクラスは 
    展望台最前にいけない。 

    やっとの思いで、フェンスの前についたころ、僕は、霧の中の壮大な滝に目を奪われていた。 

    みんなも「スゲ~」「デケぇ」とか言っていたと思う。 

    そんな中、僕の左側のすぐ後ろから、「え~」とか「どうして?」とか、 
    みんなとはトーンの違う女の子の声がした。 
    【華厳の滝でいつもと雰囲気が違うクラスの女子】の続きを読む

    PB110227-Edit_TP_V

    自分が大学生の時、家族で北海道へ旅行した。亡くなった婆ちゃんの49日だったかな。 
    移動プラスアルファ旅行を楽しむために札幌のマンスリーマンションを1週間借りたんだ。
     
    婆ちゃんの住んでた所がすげー僻地で、札幌から車でも電車でも相当時間がかかる。 
    仏教信仰もへったくれもない上に親離れしたかった自分は親とは別行動で墓参りには行かなかったんだ。 
    つまり、そのマンスリーマンションに一人で残って親を見送った。

    車に乗って出てく両親を見送るまではあんまり気にしてなかったけどさ。 
    借りたマンスリーマンションのすぐ裏手が墓場だったんだよね。円山霊園ってやつ。 
    まあでも小さいころ霊感あったらしい自分もそん時には零感で、大して気にしなかった。 
    そのマンションで、昼間は札幌市内に出ては帰って寝るってなんちゃって独り暮らしを楽しんでた。
    【裏手が墓場のマンション】の続きを読む

    NAT5_nihonnkaokunosuijiba_TP_V

    俺今年入ってから離婚だの交通事故だのでツイてなかったから親が心配して親戚の自称霊能者のとこ行って話聞いてきなって言うのよ。渋々行ったよ。 
    出てきたのはくたびれた60過ぎたおばさん。母親の姉。俺を見るなり
    『あらーM(俺)、あんたのお母さんから話は聞いてるから、あたしがご先祖様にアドバイス聞いてくるね』っつって仏壇に向かって拝み始めたんだ。

    【あたしがご先祖様にアドバイス聞いてくるね】の続きを読む

    PAK_MINKA0I9A1385_TP_V

     先日不動産屋さんに見張りをお願いしていました。 
    最初のうちは何もなかったようなのですが、三度目に見張りを頼んだ時にそれらしき人を見たようです。 
    相手のことを聞こうとしたのですが、どうも不動産屋さんの様子が変で、くわしく教えてくれません。 
    気持ち悪いなら他の部屋を紹介しましょうかと言われました。 
    最近は盛り塩はなくなったのですが、 
    またこより状の紙切れが、今度はドアの新聞受けではなく、庭先の郵便受けに入っているのを見つけました。 
    読めないくらい細かい字で色々書きなぐってあり、読める所には「家ト成ス」「おみだりサマ」という文字があり、 
    紙の中には黒く焦げた木のようなものが入っていました。 
    なんだかわけが分かりません。 

    【おみだりサマ 後編】の続きを読む

    PAK_MINKA0I9A1385_TP_V

     最初に盛り塩を見たのは1日だった気がします。 
    その後ご近所の塩はなくなっていたのですが、うちにだけ新しい塩が置いてありました。 
    職場から不動産屋さんに電話して塩のことを聞いてみましたが、そういった風習は知らないとのことでした。 
    この家で不幸があったとか?聞いた所、ないない!と笑っていて、ウソではない雰囲気でした。 
    今日は早めに仕事が終わったので夕方には家に着きました。 
    そしてトイレに行こうと玄関を通り過ぎようとしたら、パカンと新聞受けが開く音がしました。 
    その後、指でキコキコと蓋を開けたり閉じたりしてるような音がしました。 

    【おみだりサマ 中編】の続きを読む

    PAK_MINKA0I9A1385_TP_V

     半月前に仕事の関係で地方の借家(一軒家)に引っ越して来ました。 
    不動産屋さんの話では、周りは賃貸住宅が多く 
    ご近所でそれほど密な付き合いもしていないからと言うので 
    引っ越しの挨拶は両隣に簡単にしただけで今の所ご近所付き合いもありません。 

    【おみだりサマ 前編】の続きを読む

    001horror0523_TP_V

     歩き巫女がとった方法は「逆さ埋葬」だ。 
    仏説に基づく物で、地獄など悪趣に堕ちた者は現世とは逆の姿をしていると、つまり屍体を物理的に地獄と同じにする事で祟りを封じた。 

    それだけでは済まさず、「黄泉還り」を防ぐ為、街道に地中深く穴を掘り「逆さ埋葬」した上で何重にも石で封をし、埋葬した。 
    そうする事で「黄泉還り」を防ぎ、よく人が往来する事で霊が浮かび上がるのも防ぐようにした。 
    そして鬼となった女の祟りは封じられた… 

    【嫉妬に狂い生きながらにして鬼となった女性 後編2】の続きを読む

    001horror0523_TP_V

     そして女は「貴船大明神」にこう願った。 
    「貴方を七日間願い奉る、どうか憎々しい女を呪い、取り殺す方法を教えて貰いたい」 

    その願いが通じ、「貴船大明神」は女にある呪術を教えた。 
    その呪術とは周知であり世間一般で最も有名な呪術だと思われる…そう「丑の刻参り」だ… 
    だが世間で知られる物とは違く、恐らくこれが元祖の物と思われる。 

    白い衣装を纏い、髪を五つに分けて角のようにし、顔には朱、身には丹を塗り、鉄輪を逆さに被り、鉄輪の足に松を塗り火を付け、更に松明を口にくわえ両端に火を付ける。 
    その状態で河瀬に二十一日間浸かるという壮絶な物だ。 

    【嫉妬に狂い生きながらにして鬼となった女性 後編1】の続きを読む

    このページのトップヘ