2017年01月

    384 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/06/01(金) 08:38:23.45 ID:dMfrMz5/0 [1/3回(PC)]
    十年くらい前埼玉で病院の改築したときの話 
    解体工事中にまだ事務所を構えてなかったから解体予定の診察室Aに 
    仮に事務所を構えて仕事をしていた 
    家が遠かったし若かったから帰るのもめんどくさくて 
    しょっちゅうその街で呑んで事務所で寝ていた 
    ある夜いつものように呑んで事務所に戻ったものの眠気が来ず 
    図面チェックしてたら「ペチペチペチ」って拍手みたいな音が聞こえてきた 
    現場に浮浪者新入とかあったもんで音のする方に確認しに行った 
    場所は1フロア上の診察室Bからのようだった 
    その時は心霊現象とかそういうのは頭の片隅にもなくて 
    泥棒だったらひっぱたいちゃるとバール片手に部屋に入った 
    するとさっきまでしてた音がピタリと止まった、見回しても異常はなし 
    ところが部屋を出てしばらくするとまた聞こえる... 
    入るとやはり誰もいない、出るとまた音がする 
    俺は次にそーっと部屋に入った、すると音はしてる、でも誰もいない... 
    これはきっと屋鳴り(材質の伸縮で音が出る)だと思い部屋を出ると 
    微かに笑い声がした気がした、それで流石に怖くなって 
    ダッシュで現場を出て駅前のビジホに泊まった 
    後日談に続くわ


    【「ペチペチペチ」って拍手みたいな音が聞こえてきた】の続きを読む

    316 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/05/25(金) 00:08:47.63 ID:r/yujIEwi [1/2回(iPhone-SB)]
    4、5年前に体験した話。 
    夜中に仰向けで寝てたとき、ふと右手を自分の頭の上に動かしたら 
    そこにあるはずのない人の手があった。女性の手。 
    つかんだ瞬間、即金縛り。 
    腕をすごい力で引っ張られた。 
    布団に寝ていたはずなのに、あっという間に体が壁側に来ていた。 
    引きずりこまれる!と思い必死に抵抗。 
    しばらくもがいた後、金縛り解除。 
    あのときの手の感触、今でもはっきり覚えてます。


    【あのときの手の感触、今でもはっきり覚えてます】の続きを読む

    300 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/05/21(月) 03:27:49.81 ID:ee9XlAXWO [4/6回(携帯)]
    それは…幽霊では? 
    昨夜の記憶を語る兄の恐怖心を 
    刺激するように問いかけると 
    兄は元カノに電話。 
    幸い元カノさんは生きていたようでしたが 
    それからも車を運転していると 
    バックミラーに元カノがチラリと写り混んだり 
    駐車場に止めてある車の窓ガラスに 
    元カノとよく似たシルエットの陰が見えたり 
    友人と食事中にファミレスの窓ガラスから 
    元カノが映っていたという現象を 
    兄の友人まで目撃したという。 
    因みに、兄は自覚がなかったらしいが 
    私の部屋に駆け込んできた兄からは 
    女性用の香水らしきニオイがしていた。 
    それは、兄と交際していた女性が 
    家に遊びにきた際に玄関に置いていた 
    あのブーツから漂う香水(香りつき消臭剤かも知れん)に 
    よく似ているニオイだった。 


    【ヤモリのようにビッチリ身体に張り付いていた 後編】の続きを読む

    297 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/05/21(月) 02:36:42.48 ID:ee9XlAXWO [1/6回(携帯)]

    生き霊にまつわる話を思い出したので 
    また書きます。 

    私には8つ離れた 
    いわゆるDQN兄がいます。 
    兄はチャラくてお金と女にだらしなく、 
    しかし、何故かモテる人でした。 
    私が15歳の頃、兄は家にほとんど帰らないか 
    兄が家にいる時は、いつも玄関には 
    女性のブーツが置いてありました。 
    そして、よく兄の部屋からは 
    女性のすすり泣く声と 
    (卑猥な声ではありません) 
    ドスの聞いた声で 
    『金は?』と女性に問いかける 
    兄の声が聞こえていました。 
    またか!カワイソウだと内心、思いつつも 
    兄に注意をすると逆ギレをされるので 
    私は、おとなしく部屋で見てみぬフリしか出来ませんでした。

     
    【ヤモリのようにビッチリ身体に張り付いていた 前編】の続きを読む

    963 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/01/24(火) 21:16:03.50 ID:/JzxqUpJ0 [5/7回(PC)]
    それから少し懲りて、M子とはメールのみやり取りしていた。 
    3ヶ月たったころ、またチャンスが到来した。 
    今度はゆっくり話したいと。 
    嬉しくなって、前回の指の痣の事などすっかり忘れ、M子と 
    いちゃいちゃ。


    【痛みが引いてよかったね。でも次はないと思ってね 後編】の続きを読む

    959 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/01/24(火) 21:05:55.76 ID:/JzxqUpJ0 [1/7回(PC)]
    3年前のことだ。 

    当時嫁と結婚して5年目だった。 
    子供も幼稚園へ入り、なんとなく落ち着いた生活になった。 
    そのころ元カノのM子(既婚)から、頻繁に連絡が来るようになる。 
    俺は振られた方で、すごく好きだったからメールのやり取りがとても楽しく感じた。 
    会いたいと言われ、有頂天で、待ち合わせて俺の車でドライブすることになった。


    【痛みが引いてよかったね。でも次はないと思ってね 前編】の続きを読む

    940 : 1[sage] 投稿日:2012/01/24(火) 05:55:01.45 ID:eqcKepZB0 [1/2回(PC)]
    父が子供の頃の話なんだが 
    私の父は子供の頃から霊感が強く、よく普通の人には見えないものを見たり感じたりするらしい 
    それで、父の父、つまり私のおじいちゃんは、銀行に勤めて支店長をやっていた。 
    当時の銀行員はいまよりも待遇がよく、社宅も二階建ての豪華なものだったらしい。 
    父には妹がいる。つまり私の叔母に当たる人物なのだが 
    この叔母は二階にある自身の部屋にいると 
    階段を登ってくる音が聞こえることがあるらしい。 
    父や家族に、今上に上がってきたかと聞いてみても、ずっと部屋にいた、とか一階の居間でテレビを見ていたとかいう回答しか得られなかったらしい。 
    そしてさらにこの階段を登る音が、日に日に徐々に近づいてきているらしいのだ。 
    おかしいと思い恐怖にかられながらも叔母は普通に生活していたらしい。 
    そしてある夜目が覚めると、毛深い男性の腕らしきものに首をしめられたらしい。 
    意識を失うと朝になっていたようだが、確実に夢ではないという。


    【社宅】の続きを読む

    844 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/01/23(月) 02:45:23.07 ID:5jKe0OPb0 [5/8回(PC)]
    >>842 
    相変わらず無愛想で変な人だ…けど、うちに用があったのかもしれないし、念の為買い物から帰った母に「さっきそこのおじさんが来たよ」 
    と報告だけしてその日はそれで終わりました。


    【厄介な存在 後編】の続きを読む

    837 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/01/23(月) 02:30:32.88 ID:5jKe0OPb0 [1/8回(PC)]
    小学生の頃の話。 

    近所には昔からの大地主が2軒あって 
    そのうちの1軒は運送業を営んでた。 
    うちの斜め前に、その運送屋の親戚が1人で住んでて、これが子供ながらに怖い人だった。 
    酒癖が悪く、昼間から飲んだくれてた。 
    運送屋の家からも厄介な存在らしかった。


    【厄介な存在 前編】の続きを読む

    863 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/01/23(月) 03:30:14.30 ID:0q+0QfFf0 [14/20回(PC)]
    >>862 
    それ専用っぽい所あるんだね 
    ごめん、この板が有名だからここに書かせてもらった 
    そっち移った方がいいよね?


    【神流湖 後編】の続きを読む

    このページのトップヘ