2016年12月

    447 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2011/12/22(木) 12:37:25.80 ID:K386SswtO [1/3回(携帯)]
    これガチ話ね? 
    中学の時、雷さまに怒られた事がある 
    その日はすごい晴天で空もスカっとしてて友達とキャッチボールしてたんだ 
    そしたらみるみるうちに空が曇り出してきた 
    雨が強くなるまで大丈夫だな、と思ってそのままキャッチボールしてたら案の定雨がぽつり、ぽつり 
    雨と同時に雷も鳴り出したから、どうする~?続ける?みたいな感じになった時、なんとなく曇り空を見上げたら、グレー一面の空の中に肌色が見える 

     
    【雷さまに怒られた事がある】の続きを読む

    383 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/12/21(水) 15:15:32.01 ID:myG1cI1H0 [1/2回(PC)]

    昔ばあちゃんから聞いた話だけど 
    ばあちゃんがコタツで寝てたら、突然ドンッてコタツの上にでかい牡丹餅?みたいなのが降ってきたんだって。 
    当然、天井があるからどこから落ちてきたのかわからない。 
    「なにこれ?」って見てたらユラユラ浮かんでフラフラ~っと家から出て行ったんだって 

     

    384 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/12/21(水) 15:19:47.08 ID:myG1cI1H0 [2/2回(PC)]
    気になって窓から見てると向かいの家に入っていったらしい。 
    「何だったんだろうなー」くらいにしか思ってなかったらしいんだが、その晩に向かいの家のだんなさんが事故で大怪我を負ったらしい。 
    ばあちゃんいわく、何かの祟り神みたいなのだったのかもなあとのこと。 
    子供心にすごく印象に残ってる話だったw 

    382 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/12/21(水) 14:58:35.93 ID:a9cXedbE0 [1/2回(PC)]
    前に大阪の民宿ちかくのホテルに泊まった時超怖い体験した話 
    友人と部屋に入ろうとしたら鍵をかけた覚えはなかったのに何故か開かない。 
    その時友人がノブを思いっきりガチャガチャしたけど開かない。 
    そしてガチャガチャも諦めてどうしようか…って離れようとしたときに突然ノブが凄い勢いでガチャガチャガチャ!!って動いた。(さきほどガチャガチャやったのと同じような感じで) 
    誰かがイタズラしてんのか…と思って開けようとしたらさっきまで開かなかったドアが普通にあく。 
    でも中には本当に誰もいない……じゃあさっきのガチャガチャは何だったんだろう… 
    あきらかに部屋の雰囲気にそぐわないでかい不気味な絵が飾ってある部屋だった 

    マジで怖かったわ 

    379 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/12/21(水) 14:47:15.46 ID:s08gAoymO [7/10回(携帯)]
     
    俺はじいさん子で、就学前には共働きの両親が仕事に出てる間、いつも祖父に面倒見てもらってた。 
    じいさんは自転車に俺を乗せ数kmの行動範囲で友人達の家に遊びに行き、時々、隠居した仕事の注文も知人限定で受けたりする。 
    他にも買い物や釣りや山菜採り、寺、神社など。 
    中でもじいさんの兄の住む本家へは頻繁に訪れた。 
    俺もほぼ毎日のように来る家なので、その日の「不可解」は本当に不可解だった。 

    家を出、着くのはいつも3時前くらい。座敷に上がり込み、手土産をお茶請けに大人達は話し込む。 
    じいさんの兄と奥さんは二人暮らしだったんだが、その日はもう一人、皺くちゃの婆さんがいた。 
    歳でいえば俺のひいばあさんと同じくらいか?もっと上?とにかくその場の大人達よりずっと老けていて皺々で小さく、真っ白の髪を結い上げ地味な着物を着ていた。 
    婆さんの前には菓子もお茶もなく、話し掛ける者もおらず、ただ座ってニコニコとこちらを見て頷いている。 
    このお婆さんはだれなんだろう?お茶はいらないのかな? 
    疑問が浮かんでも盛り上がってきた話を邪魔するのは気が引け、ただ婆さんから目をそらせず、じっと構える。 
    すると座卓の下に隠れてた婆さんの右の手がゆっくりと上がる。人差し指を立てて俺の後ろ、斜め上を指し示すような格好になった。


    【婆さん何者だ】の続きを読む

    328 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2011/12/20(火) 23:55:44.53 ID:DjF7td/6O [1/1回(携帯)]
    7年前に姉が(7年前に住んでいた実家とは違う)実家にくる夢を見たんです 
    姉は結婚して子供も三人います 
    夫婦仲も良好です 
    義兄も子煩悩で真面目な人です 
    私が玄関から茶の間に入ると姉がいて、母が姉が私に話があるみたいだよと私に声を掛けました 
    姉のところに行ってどうしたのと聞くと義兄が自殺したんだと泣き出すのです 
    私は信じられなくて一緒に泣きながら目が覚めました 
    すごくリアルな感情だったのでずっと記憶に残っていたのですがただの夢と全く気にしていなかったのです 
    でも今年になって被災(福島)して引っ越しをしたのですがその家が7年前にみた夢の家と間取りが同じで気になってます 

    姉も原発から40キロ圏内住みで放射能が気になるがマイホームを購入したばかりで引っ越ししたいが離れられないと言ってます 
    夢の中で義兄が自殺した理由はわからないのですがまたでかい災害が起こり原発がらみで二次災害起きるのではないか不安です 
    正夢にならないことを祈ります 

    261 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2011/12/19(月) 19:53:44.97 ID:fDotpDoy0 [1/1回(PC)]

    友達の携帯が不思議だった。高校の時の話。 
    自習中、友達は机の中に携帯を入れたまま私たちと話をしていた。その間、一切携帯には触れていなかった。 
    授業が終わると隣のクラスの子が走ってきて「ねぇ、電話した?」と。「なんか教室のガヤガヤ声しか聞こえなかったんだけど1分位繋がってたよ。いきなり切れたけどなんか用事あったの?」 

    友達はかけてないよって。私達も一緒にいたから携帯触ってない事を話した。おかしいね~って事で履歴を確認してみたら隣のクラスの子にはあるのに 
    友達の携帯には残ってなかった。携帯の故障かもしれないけど勝手に電話をかけるなんて高機能だなー。 

    なにより授業中にきた電話に出る隣のクラスの子にちょっとびっくりした。自習ならちょっとわかるけど、普通授業ででるとは。

     
    【友達の携帯が不思議だった】の続きを読む

    232 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/12/19(月) 07:49:12.27 ID:eofu93i+0 [1/3回(PC)]

    もう20年以上前、俺がまだ小学校3、4年くらいだった時の事。 
    当時沖縄に別荘を持ってて(と言っても狭いボロ家)夏休みになると2週間くらい家族とそこで過ごしてた。 
    俺は毎日暗くなるまで近所の海で貝や海硝子を取るのが大好きだった。 
    そんな旅行も半ばくらいになって来た時の事。 

    そろそろ暗くなって来たからぼちぼち帰ろうとまだ貝を拾いながら海沿いを歩いてた時。 
    砂浜にアシカ(アザラシ?)が一匹いた。 
    勿論そんなもん今まで見た事無いし、そんなもんが出るなんて聞いた事も無い。 
    夕焼け混じりの夜空をバックにしたそれはオバケ見たいで、逃げようかな…と後ずさっていたら、 
    突然アシカがぺたーっとうつ伏せに寝ころび始めたかと思うとパカッ!って背中が開いて、 
    そこから板尾創路そっくりの細身の真白いオッサンが全裸でにゅっと立ち上がって出て来た


    【妖怪の類だったんじゃないかな】の続きを読む

    187 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2011/12/18(日) 16:01:45.29 ID:H9nsX4nw0 [1/2回(PC)]
    俺は生後まもなく(2週間以内)の記憶がある。 

    憶えているのはベッドとその横で添い寝している優しそうな女。 
    生後間もない俺はこの女に親近感というかぶっちゃけ好きだと思った。 
    多分母親に対する感情だろう。 
    暫くぼーとしていると、突然ドアをばーんと開けて、恐ろしい形相の年取った女 
    とそれより若い女が怒鳴りながら部屋に入ってきた。 
    俺(生後間もない)は本能的にこの二人は怖いし嫌いだと思った。 

    その後の記憶はない。 

    この記憶の意味がわかったのはそれから30年以上後のことだ。 
    盆休みに嫁と実家に帰省したとき、俺の母親が嫁にこんな昔話をはじめたからだ。 
     俺は生後数日後に産院の中で誘拐され騒ぎになったらしい。 
     すぐに同じ産院の中で俺は発見されたわけだが。 
     誘拐の犯人は中絶するために入院していた水商売の女性だった。  
     子供を堕したもののやはり子供が可愛く、たまたま生まれたばかりの俺を見かけ 
     つい自分のベッドにつれてきてしまったらしい。 

    つまりあの時怒り狂って部屋に来た二人は、助産婦と俺の本当の母親だったわけだ。 
    でも俺にはこの女性を責める気持ちはまったく無い。 
    というか、その後のこの女性の人生が幸福であったことを祈っている。 

    ところでこのことから考察すると生後間もない乳児にもある程度の判断力があるような気がする。 
    すなわち、人間の男女の判別・老若・喜怒哀楽恐怖の感情・好き嫌い などだ。
    【生後まもなく(2週間以内)の記憶】の続きを読む

    153 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2011/12/17(土) 20:01:43.44 ID:Y3qAwcVP0 [1/5回(PC)]
    反抗期の頃の不思議な話 
    私は、父親に話しかけられるのが意味もなく嫌で、父が帰ってくると部屋へ戻ったり 
    会わない様に上手く移動をして顔も合わせないようにするのがしばらく続いた。 
    それほど嫌だったので、話しかけられても「ああ」とか「うん」しか答えなかった。 


    【反抗期の頃の不思議な話】の続きを読む

    AXIS85_jinjyanokane_TP_V

    529 : ちょっと投下[] 投稿日:2011/12/23(金) 12:45:07.74 ID:27KwqXLO0 [10/18回(PC)]
    今で言うルーターみたいなもんなのだろう。 
    「質が悪くなれば、当然社会は乱れる。人間の心が汚れるからね」 
    「今はどうなのでしょう?」 
    「陛下が崩御されてから悪くなる一方だよ・・・行き着く先は考えたくないな」 
    「どうしたらいいのでしょうか?」


    【昔の人が作った仕組み 後編】の続きを読む

    このページのトップヘ