2016年12月

    356 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/01/12(木) 20:19:53.12 ID:sHHgFYOO0 [1/3回(PC)]
    駅の構内の喫煙スペースで私はタバコを吸っていました 
    喫煙スペースと言っても田舎の駅なので 
    ホームの端っこにぽつんと灰皿が設置してあるだけの簡易的なものでした 

    すると小奇麗な老紳士といった出で立ちの男性が後からやって来ました 
    軽く会釈をすると彼は懐からタバコの箱を取り出してタバコを口に咥えました 
    手を滑らせた男性の手から落ちた箱が蓋の開いたまま私の足元に落ちたので 
    私は拾い上げて蓋を閉めて返そうと思ったのですが奇妙なことに気付きました 
    確かに男性はその箱からタバコを取り出しました 
    しかし20本入りのその箱の中にはぎっしりタバコが詰まっており 
    一本も取り出した形跡が無いのです 

    妙だなと思いながら男性に箱を返そうと男性の顔を見ると 
    どこかで見覚えのあるような顔の気がします 
    不躾に彼の顔を見ながら「どこかでお会いしたでしょうか?」と尋ねました 
    男性は「私も歳なもので、最近は咄嗟に人の顔を思い出せないのです 
    でもこの狭い片田舎ですし、どこかでお会いしたのかもしれませんね。」 
    とにこやかに返してくれました。 

    それから妙に話しやすい雰囲気の彼に 
    私は世間話から普段誰にも言わないような仕事の愚痴まで 
    自分でも「私はこんなにお喋りだっただろうか」 
    と思うほどいろいろな話をしました 
    彼はそんな私の話を嫌な顔一つせずにこにこ笑いながら 
    時折うんうんと相槌を打ちながら聞いてくれました。


    【タバコ】の続きを読む

    336 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/01/11(水) 05:34:35.10 ID:YAS4Wv3c0 [1/2回(PC)] 俺が子供のころ住んでた家に数年前から叔母夫婦が住み始めたんだが 俺の家族が家を出た後いろいろあって数年間無人状態だった時期がある家で やたらと変なものと出くわすらしい。

    俺が住んでた時は、古い家だけど霊的な怖い思いなんてしたことなかったんだが 今は立てかけた板と壁の隙間に白い手があったとか、玄関の下駄箱の下に黒い靄が滑り込んでいったとか 叔母が料理してたら知らない男が覗きこんできたとか、赤いマニキュアをした手に足を掴まれたとか…。

    空き家って霊が住みついたりするんだろうか。 それとも俺が筋金入りの零感だから見えなかっただけなのか…どっちにしろ怖い。 ちなみに、般若心経は効かなかったとのこと。地味にショックだ…。

      【般若心経】の続きを読む

    327 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/01/10(火) 22:21:38.22 ID:wxhZV8sW0 [3/4回(PC)]
    俺と姉は「キモチ悪っ」と思って目を逸らす意味でスクリーンを見たんだけど 
    すぐさま母が「消えた!?」と大きめの声で言った(何度も言うが、母はここまで一度も後ろを見てない) 
    その言葉に反射的に後ろを振り返ったが、そこにはおっさんの姿はなかった 
    俺と姉がおっさんを視認→スクリーンを見る→また振り返る この間わずか3秒ほどで 
    おっさんの距離から出入り口までには距離があったし、3秒で出入り口まで移動してドアを開け外に出るのは不可能です 
    しかもおっさんが移動した方向は出入り口とは逆の壁がある方でおっさんが消えたのはありえない が、実際に姿を消したんです 
    で、映画が終わって「あの人、この世の人じゃないのかもねーw」って笑い話しにしながら、久々の外食を家族で楽しんで帰った。


    【当時 もののけ姫が公開された時で 学校の話題は、もののけ姫で持ち切りだった 後編】の続きを読む

    325 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/01/10(火) 22:20:40.51 ID:wxhZV8sW0 [1/4回(PC)]

    これは、俺が小学三年生ぐらいの時にした体験です 

    それは当時 もののけ姫が公開された時で 
    学校の話題は、もののけ姫で持ち切りだった 
    そんなある日、家族でご飯を食べてたら姉が「ねぇお父さんお母さん、もののけ姫観に行きたい」と言った 
    なんだかんだで話しが進んで、その次の日曜日に家族全員(俺、姉、父、母)でもののけ姫を観に行くことになった 
    で、当日 映画館について驚いた、長蛇の列 公開されたばかり&日曜日ということで非常に混雑していた 
    「待つなんて嫌だ、帰ろうよ!」と駄々を言いだす俺、「嫌だ!観たいもん!」と折れない姉、困る両親 
    その時、学校の怪談が同時上映されていたのが父の目に止まった(しかも、待ち時間0分 
    父「学校の怪談が上映されてるみたいだからそっちにしないか?」姉「嫌だ!絶対にもののけ姫が見たい!」俺「学校の怪談がいい」 
    母「分かった、じゃんけんで勝った方の映画を見よう、それでいい?お姉ちゃんが負けたら、もののけ姫はまた今度ね」 
    で結果 俺が勝っちまったんだが、ここが分かれ道でした


    【当時 もののけ姫が公開された時で 学校の話題は、もののけ姫で持ち切りだった 前編】の続きを読む

    312 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/01/10(火) 17:13:23.35 ID:E0zXfUqq0 [1/5回(PC)]
    今朝体験したこと。 
    部屋のドアがゆっくりと開く音で起きたんだけど、 
    何故か「目は開けなくていいや」って思ってそのままじっとしてたんだ。 
    その時私は布団をお腹辺りまでしか掛けてなかったらしく急に布団が持ち上がって肩まで掛け直されて、 
    あぁ暖かいな、誰かが掛け直してくれたんだなって思って寝がえりうったところで、ふと考えた。 
    「誰が入ってきたんだ?」と。 


    【部屋のドアがゆっくりと開く音で起きた】の続きを読む

    296 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/01/10(火) 07:35:20.74 ID:4wKr+jsw0 [1/7回(PC)]

    割とすぐ金縛る体質で今でこそ何とも思わないんだけど、金縛り経験の浅かった高校生の時の話なのだが。 
    自室の布団でなかなか寝付けずにいた時金縛りにあったのね。それもいままでに 
    経験した事ないくらいに強烈な金縛りで、 
    「うおぉおおいつもと違うぞぉおお…」とか思ってたら一瞬で部屋の空気が急に冷えたの。


    【経験した事ないくらいに強烈な金縛り】の続きを読む

    290 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/01/09(月) 16:37:32.16 ID:SaTRu5ix0 [1/1回(PC)]
    サンジェルマン伯爵 

    記録としては最初に中世ヨーロッパに現れ、20ヶ国の言語を操り歴史も経験した為に詳しい。

    現代でも発明出来てないダイヤモンドの傷を消す方法や、歳を取らない事でも知られている。 
     
    ヒマラヤの洞窟で300年間修行したり、彼の助手達も数千年を生きれるとされ、小麦と水と霊薬のみを食す。 
     
    第二次世界対戦中には中国に現れ、数日後にチベットで目撃される。 
     
    近年も目撃されているらしい

    288 : 1/2[sage] 投稿日:2012/01/09(月) 14:48:19.80 ID:XFSQ0f2VO [1/2回(携帯)]
    この時期になると思い出す、俺が雪国に住んでいたときの話。 

    前日は一日中雪が降っていた。 
    朝になると雪は止んでいたが、数十センチも積もっている道を自力開拓しながら歩くのはしんどい。 
    憂鬱で俯きながら誰も足跡を付けていない道を黙々と進んでいた。 
    足元しか見ていなかったから、向かいから人が来ているのが分からなかった。 


    【この時期になると思い出す、俺が雪国に住んでいたときの話】の続きを読む

    189 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/01/06(金) 14:23:06.63 ID:xlzG/AjD0 [1/5回(PC)]
    1週間くらい前の話。 
    私の趣味はネイチャーフォトで、よく山や海に写真を撮りに行く。 
    その日もこの時期産卵のカエルを撮影しに山に入った。 
    大抵20時から歩き出して0時とかには帰ってくるんだが飯食って寝落ちして 
    目が覚めたらすでに11時を回っていた。 
    雨も少し降ってるしやめようかとも思ったがあまりに暇なので準備して歩き出した。


    【琉球列島のとある島の体験談】の続きを読む

    183 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/01/06(金) 10:02:29.44 ID:R8MX3dkz0 [1/2回(PC)]
    国道沿いにあるラーメン屋でラーメン食べて駐車場に戻った時に 
    連れが「あの婆ちゃんおもしろい」と笑いながら耳打ちしてきた。 
    トラックの運転手側のドアにしがみついて中を見ていると。 
     
    「ヤバイ、睨まれた。笑って悪かったかな」とそそくさ乗って来た車に乗り込んだ。 
    すぐに違う話題になったけど、私はずっと気になってた、私には全く見えてなかったから。 
    はめようとかの素振りは一切なかったしその後もその話題が無いのを思うと 
    連れには本当に婆ちゃんが見えていたんだろうなぁと思う。 
    自分的にはほんのりと怖かった。


    【あの婆ちゃんおもしろい】の続きを読む

    このページのトップヘ