2016年12月

    526 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/01/18(水) 19:28:53.63 ID:UJ4GVxVO0 [1/1回(PC)]
    俺、介護の仕事してるんだけど同じ事務所のヘルパーさん(女性)が経験した話し 
    そのヘルパーさんが訪問してたお客さん(ほぼ寝たきり、認知症、コミュ×)の食事介助してたらしいんだが、普段は口元に箸なりスプーンなりを持ってくと食べるっていう介助方法なんだ 
    その日も普段通りに介助してて箸だとやりにくかったからスプーンに持ち替えようと思って箸を置こうとしたらしい 
    したら急にそのお客さんがヘルパーさんの腕をガッと掴んで叫び始める 
    元々しっかりと腕を使える人ではないから呆気に取られていたら箸を奪われてそれをヘルパーさんの手の甲に突き立てたんだ 
    幸い血がにじむ程度だったけどあまりの事態に椅子から転げ落ちたって言ってた 

    別に霊的なもんじゃないし、認知症相手だからおかしな話しではないんだけど唐突具合と普段のギャップで怖かった


    527 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/01/18(水) 20:04:55.89 ID:qoU6MXQZ0 [1/1回(PC)]
    そういう危害加えられる系は想像して何故か自分まで痛いような気分になる



    529 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/01/18(水) 21:29:41.65 ID:61YgMCLr0 [1/1回(PC)]
    手の甲で良かったなぁ、ヘルパーさん。


    503 : そろばん教室[] 投稿日:2012/01/17(火) 14:56:37.18 ID:fTJQQTKe0 [5/8回(PC)]
    男は、ニィッと笑って俺の顔を見ながら左手をさすった 
    気持ち悪くてハンドルを放してしまった腕を掴まれて、自転車から引きずり降ろされそうになった 
    男「今すぐ結婚しよう!今すぐ結婚しよう!ここで結婚しよう!!」 
    俺「ヒイッ、ヒッ!!!」 
    完全にパニックを起こした俺は、変な声しか出せなかった 
    右手は離しちゃ駄目だ!!と必死に自分に言い聞かせていた


    【結婚してくれ!! 後編】の続きを読む

    500 : そろばん教室[] 投稿日:2012/01/17(火) 14:45:47.37 ID:fTJQQTKe0 [2/8回(PC)]
    当時の俺のスペック 
    小学2年 
    小太りで、斜視、顔は拙い、 
    髪型は母親のバリカン散髪 
    半ズボンにシャツがデフォ 
    一緒に帰りたくない男子ランキング3位(クラスの女子が作ってた) 


    【結婚してくれ!! 前編】の続きを読む

    488 : 488[sage] 投稿日:2012/01/17(火) 03:44:28.57 ID:oEIUgkkN0 [1/3回(PC)]
    これは7年ぐらい前の話です。 
    高校卒業後、就職して初めての一人暮らし。 
    実家から徒歩30分程度の所で、まったく土地勘がない場所じゃなかった。 
    一人暮らしを始めて三ヶ月ぐらいした時 
    会社から家への帰り道、毎日夕方6時頃いつも通る公園の横を歩いてると 
    なにげにフッっと公園と道路の溝に目がいって 
    見てみると赤いサイフが落ちてたのよ。 
    ん?っと思ってサイフを拾ってみると重い! 
    カード類が5~6枚入っていて、千円札が2枚ぐらいと 
    後は小銭がギッシリだった。 
    直感で女性のサイフって分かった。 

    一瞬ネコババしようと思ったけど 
    当時、俺には女友達がまったくいなかったので 
    これをキッカケに女友達が出来るかも!? 
    って思って近くの交番に届けた。 
    警察官から色々聞かれて、紛失届書?みたいなもんに記入したりして 
    1時間ぐらいかかったかな? 

    警察「その書類はそちらで保管しててください」 
      「落とし主が現れた場合に必要な書類なので」 
      「でわ、落とし主が現れたらこちらから連絡しますので」 
    俺 「はい」 

    どんな人かなぁ~。なんて想像しながら家に付いた。 
    時計を見ると夜の9時。風呂でも入って寝るか・・・ 
    っと思っていた時 
    ピンポーン・ピンポーン・ピンポーン 
    (おいおい3回も押すなよ・・・) 
    こんな時間に誰だと思って玄関を開けると 
    そこには冬場なのに赤い超ミニスカでキャミソールの美人が!


    【道路の溝に目がいって 見てみると赤いサイフが落ちてたのよ。】の続きを読む

    461 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/01/16(月) 10:46:06.68 ID:urCRrHzb0 [1/2回(PC)]
    通勤で使っている駅で、ちょっと壊れたようなおじさんに遭遇することがよくあった 
    きちんとスーツを着て上等そうなカバンを持って、身なりだけみたら普通のサラリーマンっていうか 
    どこぞのえらい人みたいな貫禄すらある中年 
    でも、ずっと何かしゃべり続けている 
    すごい早口で、何を言っているのか聞き取れないんだけど、誰もいない空間に向かってずっとしゃべり続けている 
    ほかの人に何かするってわけでもないので、みんな遠巻きに見守るか無視するだけ 
    お仕事でつらいことがあって壊れちゃったのかなあ、と気の毒に思っていた 

    それが先日、帰宅途中にその駅で乗り換えを待っていたら、そのおじさんが降りてきた 
    同じようなスーツ姿のリーマン達数人と一緒だったんだが、驚くべきことに、その人たちと普通に会話している! 
    会話内容は穏やかなもので、「今日はありがとうございました」「いやいやこちらこそ」などと和やかに挨拶しあって 
    他のリーマン達は去っていき、おじさんだけ残ったんだが 

    そしたらおじさん、またいつもの訳の解らない早口を言い始めた・・・ 
    怖かった



    462 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/01/16(月) 11:36:40.19 ID:s3j+KZ3Ei [1/1回(iPhone-SB)]
    そういうの凄い怖いね…じわじわくる

    467 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/01/16(月) 15:45:53.64 ID:vzY08HSX0 [1/1回(PC)]
    俺が小学校1年生ぐらいの時の話 

    その頃俺はおとなしくて気の弱い方で、 
    遊ぶのも大体おとなしい気の合う子達とばっかり遊んでいた。 
    でも何がきっかけだか忘れたけど、 
    ある時に番長と言うか気の強い子供ばっかりいるグループとも遊ぶようになった。 

    それである日、工事用の穴か農業用の穴かよく分からないけど 
    地面に直径10メートル深さも3メートルぐらいあるような円錐形の穴がある所があって、 
    子供だったらなんとか這いつくばって登れるような傾斜だったので、 
    そこを上がったり下りたりして泥だらけになりながら遊んでいた。 
    そしたら、どこから見つけてきたのか、グループの1人が小さい捨て犬を見つけてきて穴の中に投げ込んだ。 
    子犬はもちろん上がってこようとするんだけど、 

    悪ガキ共は笑いながら土の塊を投げたり、上がりきりそうになるとまた下まで落としたりして喜んでいた。 
    俺も最初は我慢して見てたけど、俺はそういうのが耐えられない性格なので、 
    気付いたら無我夢中で穴の中に下りて子犬を庇った。 

    そしたら分かると思うけど、俺に対して罵声と共に土の塊が大量に投げつけられた、 
    でも、俺も子犬を抱えたまま泣きながら耐え続けてたら、 
    いつの間にか悪ガキ共はどっか行っちゃってて、 
    泥だらけになりながら子犬と一緒に穴から這い上がったら、 
    目の前に足があって、そのまま視線を上に上げていくと 
    修道院のシスターみたいな格好をした女の人が佇んでいて、 
    自分に一言「その優しさを大切にして下さい」と言われたまでは覚えてるんだけど、その後の記憶が全くない。 

    もちろんだけど、その辺は殆ど畑とまばらに農家があるばかりで修道院のかけらもないようなところ


    【その優しさを大切にして下さい】の続きを読む

    457 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/01/16(月) 07:44:37.34 ID:1iuX1yhUi [1/1回(iPhone-SB)]
     
    去年、第一子妊娠中に寝室に座敷童(?)がきた。 
    就寝中、近くで足音が聞こえる。 

    眠いので目を閉じたままにしていると、どったどったと子どもらしい2、3歳の走る足音(裸足でスキップしてるイメージ)で私の周りをぐるぐると回り出した。 
    「え?子ども?まだ赤ちゃん産まれてないよね?」なんて少し混乱していたら足音が頭の上辺りで止まった。 
    なんだかゾッとしてきて、怖くて目を開けられなかった。しかし、明らかにその子どもの顔が私の顔に近い感じがする。恐らくしゃがみこんで私の顔を覗いている。 
    怖くて無理矢理眠りにつき気付いたら朝。 

    その後、その子どもは寝室にくることはなく数週間後に無事息子が産まれました。 


    【座敷童】の続きを読む

    429 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/01/14(土) 22:50:27.69 ID:QV+4g6hn0 [2/7回(PC)]
    昔、日本の大学生が夏休みにインド一人旅で片田舎の教会で祈ってる隙に荷物盗まれ、 
    一度母親に電話して助けを求めたが使えない母親で救助が来ず、行方不明になった。 

    敗因はパスポートも財布もガイドブックも全て、ひとつのリュックに入れてたこと。


    【日本の大学生が夏休みにインド一人旅】の続きを読む

    422 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/01/14(土) 19:38:08.73 ID:Ek3VtPsp0 [1/3回(PC)]

    suicaやicocaってわかるよな? 
    一応簡単に説明しておくと電車に乗るのも改札機にタッチするだけ、買い物するのも専用の機械にタッチするだけっていう便利なカード。 
    金もチャージ方式で入れることができるから、最近需要が高まってきているんだ。 
    まあ、地方の人でも知ってると思うけど、一応説明させてもらったわ。 

    それで、昨日の朝、会社の最寄駅でのこと。 
    改札機にタッチすると残額がモニターに表示されるんだけど、たまに前の人の残額が見えるのよ。 
    朝ラッシュなんていう改札が込み合ってる時はその可能性も高くなるの。 
    で、昨日も何気なく出場する時モニターに目を落としたら、前の人の残額が見えたんだ。 
    「残額 33333円」 
    俺は「うはっwwwゾロ目かよワロタwwww」って感じ。 
    でも、なんか悔しくなったから「俺もゾロ目にしてやる」って券売機に向かった。 
    残額は8800円くらいだった。 
    「せっかくだし44444円にしてやるw」と思って、夜遊び用に持ってた金を全て券売機にIN! 
    そしたら券売機が吐き出してきた。 
    何回やってもダメだったんで駅員に聞いてみたんだ。 
    そしたら「チャージの上限額は20000円ですよ」って。 
    俺( ゚Д゚)ポカーンて感じ。 
    「残額33333円を見たことあるけど・・・」って言ったら「?錯覚とかじゃないですかね」だって。 

    406 : 406-1[sage] 投稿日:2012/01/14(土) 00:04:38.65 ID:taTlh1/W0 [1/5回(PC)]

    私はインドネシアとのハーフなんだけど 
    インドネシア人の母親に聞いた話 

    昔は魔法(超能力?母親はエネルジーがどうのと言ってた。とりあえず魔法としとておく)を使える人がたくさんいて、 
    私の曽祖父にあたる人が強い魔法使いみたいな人(?w)だったらしい。 
    たとえば曽祖父が頭の中で他の誰かに踊れと命じれば身体が勝手に踊る みたいなかんじ。 
    でもそういう魔法を使えるようになるのは 
    偉大な分別のある、できた人間に限る。 
    少なくとも曽祖父は悪用したりとかはしない人だったらしい。 

     
     
    【インドネシア人の母親に聞いた話  エネルジー】の続きを読む

    このページのトップヘ