2016年11月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    6 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/11/21(月) 16:36:47.99 ID:W+027gFW0 [1/1回(PC)]
    随分昔、社長が船を購入、社員数名が同乗した。 
    社長は慣れている海域だと言っていた。 
    程なく、地図にも載っていないくらいの小さな島に着いた。 
    その島に上陸する事に。 
    しかし当然、船が停泊出来る場所もなく、一旦海へ入ってから上陸した。 

    私の後ろを泳いでいた当時24歳くらいだった、女子社員が足が痛いと言い出した。 
    足を吊ったのかと思い、手を貸しなんとか上陸。 
    女性の足に目をやると、無数にひっかき傷が・・・・。 
    どうしたの?と聞くと、分からないと言う。 

    数日後、会社に電話があり、女性社員が入院したと聞いた。 
    夜中、足に激痛が走り、救急車で運ばれたらしい。 
    即手術。 
    結果は足の傷から化膿し、その化膿からフジツボが繁殖していたらしい。



    7 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/11/21(月) 17:42:49.59 ID:vLaBdlGBO [1/1回(携帯)]
    真偽はともかく、そう言う話はゾクッとするな… 

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    985 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2011/12/03(土) 18:32:10.38 ID:rdpSctYf0 [1/1回(PC)]

    3年前の実体験の話 
    朝、車で通勤中、車に轢かれた白い子猫を発見した。 
    仰向けに倒れてて、手足をバタバタさせてた。 
    すぐに車に乗せて近くの動物病院に連れていったが 
    頭を強打してて即死だったそうで。 
    手足をバタつかせてたのは、死後反動的に動くものじゃないかと言われた。 
    結局1000円払って、病院を後にした。 
    (お金払ったほうがいいのか、獣医さんに聞いたら 
    処分費として1000円と言われたので。 
    自分としては、もし子猫が手術で助かったなら、飼うつもりだった) 

    そんなある数日後の夜中、就寝中自分の足の上に何か小動物のようなものが 
    トコトコ歩いてる感触がした。 
    それが何日か続いて、ようやくこの前の子猫かな?と思った。 
    もしかしてお礼の挨拶にきたかも? 
    そしたら今度は自分の顔の近くに毛がフサフサしたような感覚が。 
    自分は「挨拶に来てくれたんだね、ありがとうね」と 
    心の中でつぶやいた。 
    自分には見えなかったけど、感触は確かにあった。 
    それからは子猫も出てこなくなった。 
    きっと成仏したんだと思う。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    965 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/12/03(土) 05:07:27.71 ID:jzVZE2aD0 [1/3回(PC)] 

    去年の夏に彼女と江ノ島へ旅行に行った時の話なんだが、 
    真夏の炎天下の中、江ノ島のあちこちを歩き回るような過ごし方をした。 
    足場の悪い階段状の岩場を上がったり下がったりと半日かけてそんな観光をしてたもんだから 
    旅館に戻る頃にはくたくたになり、晩飯を食べ、風呂につかり布団に入ると二人ともすぐに寝てしまった。 

    眠りについて1時間ぐらいたった時だと思うが、仰向けに寝ていると 
    耳元でごぽごぽだかこぽこぽといった水が湧いてくるような音がきこえた。 

    まぁ江ノ島の島内にある旅館なんで窓の外には海が広がってるし、 
    水気はあるんだが、水が湧くような事に心当たりがない。 
    寝ぼけながらも、どうなってるんだと思ったんだ。 

    起き上がろうとすると、どうも身体が重い。 
    ああー疲れてんなぁーなんて思いながら右肩を上にするように寝返りをうったんだ。 

    ちなみに布団を二つ並べて俺の左側に彼女が寝てる状態なので 
    上の感じに寝返りをうてば彼女の寝顔が見れる状況ね。 

    まぁそんなもんで、寝返りをうち、ふと彼女の方に目をやるとさ 
    俺の頭と彼女の頭の間、ちょうど枕一個分のスペースがあるんだけど 
    そこにもう一個、頭があるのね。 

    何かの見間違いだろうと、目を凝らすけどやっぱり頭なんだ。体はなくて。 
    丁度寝ている彼女の顔の高さと同じくらいの位置で浮いてるの。 
    それがゆっくり、くるくる回ってるもんでさ俺は怖さよりも状況が分からずぽかんとしてた。


    【江ノ島の島内にある旅館】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    YOU86_irodukihajimetekitaha_TP_V

    855 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/12/02(金) 03:34:19.99 ID:BK/N6Y0e0 [1/11回(PC)]
    昔住んでいた土地での話。 
    その土地に住んでいた当時、インドアな今とは違い、外で友達や従弟と遊ぶ事が多くあった。 
    ある日、俺と従弟、友人Kと双子の知人の計5人で探検隊ごっこをしていた。 
    いつも親と付き添いで遊んでいたのだが、その日は親の目を盗んで俺達だけで歩き回った。 
    歩き回っているうち、気が付くと、ある祠の近くまで来ていた。 
    初めて見る祠に俺達は興味をひかれ、好奇心にまかせて祠の中へと入っていった。 


    【積み重ねられた石、『部落の人達のお墓』だって】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    24 :名無しさん@HOME:2011/03/09(水) 01:44:19.14 O 
    なぜか自分が遠出する度に災害やトラブルが起こる 

    1995年、阪神淡路大震災で泊まっていた親戚の家が全壊したが無傷 

    2001年、同時多発テロが起きた時に世界貿易センタービルにいたが無傷 

    2007年、能登半島地震が起きたときに輪島にいたが無傷 
    そしてその後に行った新潟にて中越沖地震に遭遇するが無傷 

    その他にも家族で旅行に行った先で水死体を見つける、玉突き事故に巻き込まれる(同乗者全員無傷)、旅館の五階から落ちる(無傷、かすり傷も無し)、借りていたアパートの同じ階でで殺人事件が起こるなど上げだしたらキリがない。 

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    814 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/12/01(木) 22:09:20.29 ID:0WlKmnri0 [1/1回(PC)]
    洒落怖 


    1971年、岩手県は雫石で起こった旅客機と自衛隊演習機との空中衝突事故。かの『慰霊の森』はこの事故の犠牲者を弔うためのものである 
    旅客機の機体は空中で衝突を食らったため、中にいた旅客162名を空中にまき散らしながら四散し、その全員が死亡したとのことである 
    そのため、事故当日は雫石の全域に「生きた人間」が降り注ぐという前代未聞の惨劇が起こり、その多くが極めて凄惨な状態で発見されたという 


    で、本題。 
    この間、私の姉が盛岡で飲んでいると、近くの席でやんややんやと盛り上がっていた若い男達がいた 
    その内の一人、話を聞くに雫石町みんであるという若い男が、件の雫石飛行機事故のことを語りだしたのだという 


    「いやね、あの日のことは母からよく聞いてるんですけれど、あの日は本当にひどかったんだそうです。 
    人間の体ってね、マッチに使われるのと同じリンを含んでるから、体が燃えるとその炎は青色になるんだそうです。 
    事故が起こったとき、物凄い爆音が聞こえて、雫石の人たちが空を見上げると、空中を何かがキラキラ青く光りながら落ちてくる。 
    それがあんまりにもキレイなもんだから、みんな『まさか天使じゃないか』みたいなことを言いながら、その光が落ちた方向に野次馬根性で行ったそうなんです。 
    そして、結果的に多くの人間が墜落死した人間の遺体を見た。もうトラウマですよね。事故の爆音は遠く花巻でも聞こえたそうですよ。 
    遺体が多く降り注いだ安庭小学校も、その事件を期に立て替えられて今は別の場所に立ってんですよね」 


    耳をそばだててた姉だけでなく、その男と一緒に飲んでいた男たちですら、シーンと静まり返ったのが印象的だったという 


    「でも、雫石の人間はたぶん、あの事故のことも、慰霊の森のことも、思ったより気にしてませんよ。。 
    慰霊の森の幽霊騒ぎなんてのは、俺らからしたら眉唾です。あの光景より恐ろしいもんなんかないってお母さんが言ってましたし」 


    若い男はそう語り終えた。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    N811_suimentoyuhi_TP_V

    44 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/11/16(水) 22:58:32.60 ID:M8Y02lYQ0 [1/3回(PC)]
    沖縄の本島に1週間ほどダチと二人で遊びに行ったときの話。 
    その日は北のほうでボートを借りて釣りをしてたんだが、午前中一杯でそれに飽きて 
    道具も持ってきてたんでダイビングをしようってことになった。 
    それで浜から300mほど沖の40畳くらいの小島というか小岩のところでボートをとめて潜った。 
    珊瑚より海藻の多い場所で魚は少なかった。 
    島のまわりを巡るのはあっという間だったが、 
    沖に面した島の根っこの水深4mくらいのところが大きく内側にえぐれているのを見つけた。 
    洞窟とは違っていつでも出てこれるような場所だったんでダチといっしょに入ってみたが、 
    中は意外に広かった。幅の広い階段状の岩が四段ほどあって明らかに人工物だった。 
    奥行き3mくらいのそのくぼみの中も魚は少なくて、中がなんとか見えるくらいの明るさだった。 
    そして最奥が垂直の壁になっていて、その前に高さ1mくらいの石製のかめが4つあった。 
    俺は遺跡だと思ってダチに合図して近寄ってみると、 
    かめは4つとも同じような作りでどれも40cm四方くらいの石製の四角いフタがのせてある。


    【沖縄の本島に1週間ほどダチと二人で遊びに行ったときの話。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    PAK86_aoihikari15191502_TP_V

    37 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/11/16(水) 22:14:53.90 ID:ATf31TjM0 [1/3回(PC)]
    一週間前に起きた話なんだが、誰も信じてくれないし信じるわけないよなあと自分でも思う 
    けど、とりあえず書きます。マジで自分に起きたことです。 

    夜21時くらいに仕事から自宅マンションに帰ってた。 
    自分の部屋は十階建てマンションの六階で、いつもエレベーターでいく。 
    この日、エレベーターに乗るときに妙な音がしたのは覚えてる。 
    何かひゅんひゅんしたような?何か飛んでるような音。 
    で、普通にエレベーターに乗って、六階に着いた。 

    家には両親がいたからそのまま扉を開いた。その瞬間に唖然とした。 
    自分の家じゃなかった。そりゃあもう焦った。間違って人の家入っちゃったと思った。 
    家の玄関先とは全く違って、あわあわして扉を閉めて、表札確認したんだが、 
    そこは603号室、自分の部屋の番号で間違いなかったんだ。 

    え?え?と思って何回確認してもやっぱり603号室だし、六階で間違いなかった。 
    そこでやっと気づいたんだが、六階からの景色がいつも見てた景色と全く違った。 
    何が違うっていうと具体的には、家の周りは駅前で別にそこまで栄えてるほうではないんだが、 
    何か高いビルがいくつかあって、都会っぽくなっていた。 
    もう本当にわけがわからなくてすごく怖くなった。 
    とにかくひたすら不安で怖くなって、とりあえず両親に電話しようと思った。


    【エレベーターに乗るときに妙な音がしたのは覚えてる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    PPW_sukitoorukakitagawa_TP_V

    15 : 1/2[sage] 投稿日:2011/11/16(水) 15:09:50.85 ID:PZc8KAXz0 [1/2回(PC)]

    小中学生の頃から、誰もいない家の中で 
    人の歩くような音とかピシパシいう音とかしてた。 
    俺が20歳前くらいの頃にそういう音がひどくなったことがあった。 
    歩く音、ピシパシ音に加えてドアを開け閉めする音とかもあった。 
    何となく友達にそういう話をしたら、そのうちの一人が 
    父親が霊視みたいなのできるから聞いてみるって言ってくれた。 

    一週間後位にその友達から電話がかかってきた。 
    家の近くに墓とか竹藪とか川とかない?って言うんだよ。 
    全部ある。というか二階の一室から全部まとめて見える。 
    距離にして500メートルくらいのところ。 
    さすがに少しぞっとした。 

    友達の父親が言うには、家の四隅に塩と酒を置いて様子を見てみろと。 
    隣に住む祖母に話したら、ばあちゃんがやっとくって言ってくれた。 
    しばらくしたら家鳴りと思っていた色々は無くなった。 


    【歩く音、ピシパシ音に加えてドアを開け閉めする音とかもあった】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    PPS_kanegatanohuurin_TP_V

    11 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/11/16(水) 13:00:28.26 ID:S6VgNdMR0 [1/1回(PC)]
    よく厄介事に巻き込まれる気質で、 
    自分で招きこんでいる事もあるけど、謂れのない事象に巻き込まれる事も多い。 
    そのせいか心配した友人からよく厄除けのお守りを貰う。 
    でも、そのお守りというのが必ず潰れてしまったり、 

    壊れてしまったり、なくしてしまったりと一年間手元にある事自体が少ない。 
    はじめは、貰い物なのに申し訳ないなと思っていたんだけど、 
    それが何年も、何十回と続くと奇妙で、もしもお守りを持ってない状態だと何が起こるのだろうと思い始めてきた。 
    最近、貰った厄除けのお守りが残り一つという事もあり、自分でお守りを購入した。 
    京都の六波羅のもので、シャンシャンと耳触りのいい鈴でたいそう気に入った。 
    お寺の人に肌身離さずつけとくといいよーと言われたので携帯につけたが、 
    電話の時に揺れてしまうためか煩いので外す事が増えた。 

    ある日、寝床に入って携帯をいじってると、シャンシャン煩くて寝れないと隣で寝てた子に怒られた。 
    確かに煩いなと外して、パソコン横の箱に入れた。 
    寝床に戻り、うつらうつらし始めていると、シャンシャンと鈴の音が聞こえる。 
    箱が落ちたのかと見てみたが、定位置のまま動いていない。 

    どうしたんだろか覗いてみたが、他にも鈴つきのストラップとか色々入っているんだけど、他は静かなのにお守りだけ鳴ってる。 
    寝ぼけてるのかと思って、鈴を座布団の上に置き、また寝床に戻るとシャンシャン聞こえる。 
    耳鳴りか何かかと思っていたんだけど、隣で寝ていた子が鈴煩いと呟くので、幻聴ではない様子。 
    仕方なく握りしめて寝たら、鈴は静かになった。 

    その後は暫く不自然な鳴り方はしなかったんだけど、外泊した時にけたたましく鳴り始めて吃驚した。 
    結構な音だったのに誰も起きてこなくて、枕の下に押し付け、毛布でくるみ、敷布団の下に埋めて何とか音を鎮めた。 
    何が原因なのかはわからないけど、何故か肌身離さず持ち歩いてしまっている。 
    何かから守ってるのか、何かを呼びこんでるのか分からないけど、この鈴はどうしたもんなんだろう。

    このページのトップヘ