2016年10月

    KINU160323160I9A4953_TP_V

    881 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2011/10/16(日) 22:50:52.65 ID:S0CMME0G0 [4/6回(PC)]
    俺がまだ中3の頃、近所に「出る」と有名な廃墟ビルがあった。 
    もちろん中3の俺達には絶好の遊び場で、ちょくちょく行っては 
    肝試しと称して走り回ったりしてたんだよ。 
    で、とうとう夏休みになって、一回真剣に肝試ししてみるか 
    と誰かが言いだして、俺たちは5人くらいでその廃墟のビルへ行ったんだよ 
    そしたら、入る前にワンピース来た女の人が入って行ったのを俺が見たのね 
    でも一人で女の人が廃墟に入るのはおかしいってなって 
    あとをつけていったのよ。 
    そしたらどこを探してもワンピースの女なんていないのよ。 
    続く


    【近所に「出る」と有名な廃墟ビルがあった】の続きを読む

    NAT88_ajisaitohokora_TP_V

    871 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/10/16(日) 22:01:11.28 ID:zrSKtdQD0 [1/4回(PC)]
    俺は田舎から越してきた社会人で、一人暮らししてる 
    んで幼なじみの子がこないだ遊びに来たんだ 
    昔から一つだけ特殊な子で神社の鳥居をくぐるとその鳥居が゛生きてる゛か゛死んでる゛かがわかるんだって 
    感覚らしく俺や他の友達にはさっぱりだったけどね 

    んで今でもその感覚あるのか聞いたらあるって言うから、出掛けるついでに神社の側を通って鳥居くぐらせてみた 
    最も二カ所だけだけど、一つは゛死んでる゛らしかった 
    どっちの神社も傍目には同じだから俺にはさっぱりだったんだけどな


    【「だってここ…鳥居がいる…」】の続きを読む

    B102_turanaruseminonukegara_TP_V

    859 : こっくりさん1[sage] 投稿日:2011/10/16(日) 16:32:45.79 ID:usMhjohb0 [1/4回(PC)]
    いい歳した輩3人でこっくりさんをやったんだが、そのときに起こった怪現象をひとつ。 
    その3人は俺とAとBで、よく心霊スポットへ行っては馬鹿騒ぎしてたのだが、その日はAの家でゲームをして暇を潰していた。 
    夜中の11時頃、Aが待ってましたというばかりに突然こっくりさんをしようと言い出した。 
    始めは乗り気じゃなかったが、Aが「良い物あるから」と言い何重にもビニル袋に包まれた物を取り出した。 
    B「なにそれ?」 
    A「まぁいいから見てみ」 
    Aはそう言い、ビニル袋を取り除くとそこには一枚の汚れた板があった。 
    Aは意気揚々と「自家製こっくりさん。取り敢えず聞けって」と、その板の説明を始めた。 
    蟲瓶(?)だかを行ったらしい。内容は瓶に色々な種類の無視を詰めて、共食いさせる。すると最後の一匹に霊力が宿るとかいうものらしい。 
    Aはその最後の一匹と他の残骸をすり潰し、バケツ一杯に水を張り、その中に板を3日程漬けたという。 
    通りでその板は全体的に黒緑がかっていて汚らしい訳だ。更に悪臭のおまけ付きで、目の前に置いているだけでぷーんと鼻につく。 
    文字は五十音をカッターで彫り、その上に牛肉の血と赤い絵の具を混ぜたもので上塗りされている。 
    彫るのが大変だったらしく、文字は全てカタカナであった。 
    A「どうよ?傑作だろ?」 
    B「お前、なんというか馬鹿だな」 
    俺「うん、あほだわ」 
    とか言いながら、さすがにここまですれば霊現象のひとつは起こるだろうと思い、俺もBもやる気満々になっていた。 
    A「じゃ、始めるぞ」 
    そう言い、カーテンを閉めきって3人は十円玉に指を乗せ、こっくりさんが始まった。 
    まずはAが「こっくりさん、こっくりさん、いますか?」と質問した。 
    すると、十円玉はズズズとゆっくり動き出し、「は、い」。 
    3人はふざけ半分で「おぉ!すげぇ!」とか適当に盛り上げながらこっくりさんに質問を続けた。 
    その後、好きなAV女優やらくだらない質問を何個かして、そろそろ飽きたなと思うと突然Bが、 
    B「おい、なんか臭わないか?」と言い出した。 
    俺はそりゃこのくせー板だろと思い、笑い飛ばそうとしたが、確かに始めのときより若干臭いがきつくなっているような気がした。 
    俺「臭いが充満したのかな?さっきより確かに臭いわ」 
    Aはニヤつきながら何か思いついたかのように質問をした。

     
    【いい歳した輩3人でこっくりさんをやったんだが】の続きを読む

    HODdad_TP_V

    764 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/10/14(金) 02:12:54.71 ID:aeO/nbdbP [1/2回(p2.2ch.net)]
    夜遅くに仕事から自宅のマンションの部屋に帰ったら、玄関の前に粉が落ちてた。 
    なんだろうと思って屈んだところ、玄関ドアの異常に気づいた。 
    穴が空いてた。 
    爪楊枝が2本入るくらいの小さな穴で、位置的には腰くらいの高さ。貫通はしてない。 
    粉はその穴の下に落ちてる。その穴を開けた時の粉末みたいだった。 
    しかもよく見たら一つじゃない。蝶番の近くと膝くらいの高さに一つずつで合計三つ。 
    ピッキングか何かだったら怖いと思ったけど部屋は無事だし、その日はチェーンロックして就寝。 
    残業で疲れてたし、シロアリかとも思ったから、明日不動産屋に連絡すればいいやくらいのつもりで。 

    なんだかんだで次の日も残業やってから帰宅して、泣きそうになった。 
    穴が増えてた。やっぱり腰くらいの高さに一つ追加。 
    半泣きでマンションの入り口に戻って、管理会社に電話したよ。被害が微妙すぎて通報は躊躇った。 
    管理会社の人が来て、翌日に不動産屋といっしょに対応を考えることになった。 
    その日は同期に泣きついて泊めて貰って、その翌日。 
    不動産屋が警察に通報して、犯人はあっさり捕まった。 
    うちの玄関に穴あけた犯人は、隣の部屋の住人だった。


    【うちの玄関に穴あけた犯人】の続きを読む

    N745_itabarinominkatogass_TP_V

    698 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/10/12(水) 12:39:13.87 ID:klgAIgtV0 [1/9回(PC)]
    小学2年ぐらいだった頃なんだが、幽霊とか妖怪が怖くて怖くて仕方ない子だったんだ。 
    ホラー映画なんか見たら1週間ぐらい一人でトイレに行けなくなるレベルwwww 
    そんな俺を見かねて父親がお墓に肝試しに連れて行ったんだ。ラジオが付属されている懐中電灯一つ持って、山裾にある墓地まで歩いて行った。 
    墓場入り口に着いたら父親がいきなり墓場に向かって急に走って行った。 
    古い墓場で奥の方には昔ご遺体を焼却していた場所があり、その横には休憩所?みたいなのがあってベンチがある。そこに父親が居るだろうと思い一人でそこに向かって行った。


    【あの日見たことはいったい何だったんだろう】の続きを読む

    ELLYhiganbana-20169274_TP_V

    674 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/10/12(水) 00:00:35.38 ID:OqPWVgtZ0 [1/1回(PC)]
    詳しく書くとアレなので、ところどころぼかします。 

    私の仕事は、いわゆる広告業。 
    中でも、お悔やみの広告(○○さんXX日死去、通夜は△時から●●で~みたいなやつ。新聞とか、ネットに載ってるんだけど、地方独自なのかな?)を間違いがないかチェックして先方に送るという、校閲業務を担当している。 

    当然、死後数時間の悲しみ真っただ中のご遺族と打ち合わせしなきゃならない。 
    たいてい電話なんだけど、たまに話の最中でいきなり狂ったように笑い出す人もいる。 
    泣きながら遺産相続の話をする人もいるし、怒り出す人も……。 
    やっぱり普通の精神状態じゃない。 

    ある日、男性から「新聞に載せたい」とお電話があった。 

    ウチには大抵葬儀社経緯で依頼が来るんだけど、たまに遺族から直接電話が来ることもある。 
    それは言い。けれど、 
    年齢の感じは、中~高年。 

    なのに、お ネ ェ こ と ば なのは、ものすごく気になった。 

    いつものように個人情報保護法などの簡単な説明をして、名前から確認しようとしたら、「昨日は葬儀社が連絡したんだけど、葬儀社が違う名前で送ってしまった。直接訂正したい」とのこと。 
    その方いわく、昨日送ったのは【田中ミツ】さんだけど、正しくは【田中晃】さん(ともに仮名)が亡くなったのだそうだ。 情報を提供した遺族と、亡くなった方の名前が逆になっていたと、大層お怒りだった。 
    確かに、確認したらそう書いてある。 
    とりあえず、宥めて正しい情報の確認開始。 
    その間も、オネェ言葉が気になって仕方がない。 

     
    【自分を死んだと広告に出して一体何がしたかったのか】の続きを読む

    pakuakkdajk_TP_V

    670 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/10/11(火) 15:13:24.56 ID:Ko7Mo0DM0 [1/1回(PC)]
    うろ覚えですが、塾の先生が先輩達に語ってるのを聞いた怖い話 

    先生の知り合いは、昔はさらし首の場所として有名だった京都のある通り沿いの店だかビルだかでバイトをしていた 
    と言っても接客じゃなくて夜に営業終了した後に掃除をするバイトだったらしい 
    何人かのバイトで手分けして一階二階と全部掃除をし終わった後にマネージャーさんが入ってきた。 
    マネージャーさんに挨拶すると「お前ら二階のトイレは掃除した?」って聞く 
    ちゃんと全階トイレも掃除したって答えると、マネージャーさんにトイレへ連れて行かれた。 
    トイレは壁とかドアに赤黒い(血か泥かは分からないが)手形みたいなのでべったべたに汚れていた。 
    営業終了後だから誰か外部の人が入って来ていたずらしたとは考えにくい 
    バイト連中がびっくりして「さっきは掃除して綺麗だったんです」って弁解するとマネージャーさんは 
    「うん、分かってる。君達の手抜きとは疑ってないから、さっさともう一回掃除して帰ろうか」とすんなり受け入れた 
    マネージャーさんからは特にそれ以外説明もなく、バイトの人らは汚れを全部掃除して帰宅した 

    古参のバイトの人に聞いたら、昔は処刑場だったからそこら一帯はそういう怪談話ぽいのが珍しくないんだそうだ 
    マネージャーさんの「分かってる」という慣れた対応が地味に怖いなと思った話でした 

    SHIO151020145015_TP_V

    636 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/10/10(月) 22:24:09.48 ID:nvreC0ET0 [1/4回(PC)]
    5年ほど前に体験した話 
    友人Aが家族で居酒屋やってた時の常連客の社長さん(以後Bさん)と仲良くなり、 
    色々話をしていたら俺の所へ来るか?と言われ、丁度就職活動をしていたのでBさんの所に面接へ向う途中Aに電話をかけた時におかしな事が起きた。 
    俺「もっしも~し?」A「もしもし?」A「どうしたの?」俺「これからBさんとこ行くから言っておこうと思って」 
    A「もしもし?どうしたの?大丈夫?」俺「ん?何が?」A「痛い?どこが痛いの?大丈夫!?周りに誰も居ないの!?」 
    この時にAとの会話が成立していない事に気が付きました。


    【電話をかけた時におかしな事が起きた】の続きを読む

    shiosio_dakdjadafwe_TP_V

    631 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/10/10(月) 20:49:30.25 ID:0VnfTxlxO [1/3回(携帯)]
    長くなるけどごめんよ 

    10年ほど前、飛び込みセールスやってた頃の話 

    伊豆のかなり過疎った町に行ったんだがその日はまだ契約取れてなくて夜になり飛び込む民家を探していると薄気味悪い川沿いの林の中にヒッソリと建つ4世帯ほどのアパートがあったので訪問 

    そのアパートは1世帯しか入っておらずドアを開けてくれたのは40代後半~50代くらいの夫婦 

    夜だというのに旦那さんがわりと話に乗ってくれてすんなり契約してくれた 

    世間話しながら旦那さんに契約書を書いてもらっている間、訪問した時からいくら声をかけてもほとんどしゃべらずにいた奥さんが暗い顔していたので 
    《契約に気が乗らないのかな?》 
    と感じ『奥さんはあまり気乗りされてないんですか?それでしたら無理に契約なされなくてかまいませんよ。』 
    と笑顔で言うと 


    【建物全体に憑いてる感じだった】の続きを読む

    P1030247-Edit_TP_V

    627 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/10/10(月) 20:32:02.60 ID:FZ+5MGbB0 [1/5回(PC)]
    実体験を投下します。 
    3年程前、私含め女5人で夜景を見に行くことになり夜中、車でとある山へ行きました。 
    駐車場に駐車後、歩いて行くと少し小高い崖があり、下は山道になっている場所があったので皆で崖に腰を下ろし足を投げ出して夜景を見ながら話をしていました。 
    その日は私達の他にも夜景を見に来ている人が結構いました。

     
    【何も喋らず俯いている友達Aに気付きました】の続きを読む

    このページのトップヘ