オカルト遅報

速報では無いけれど、オカルトな話題毎日更新中!

    2016年07月

    282 : ノック音[sage] 投稿日:2011/07/21(木) 15:57:59.57 ID:JyDADD3F0 [1/8回(PC)]
    つい先日の出来事。 

    私の部屋はベランダ側にあって、窓からは向かいに建ち並ぶ家が見えます。 
    私はすごくめんどくさがりな典型的な干物女なので、 
    引っ越してから2年も経つというのに 
    カーテンは母が買ってくれた透けているやつ?しかつけていませんでした。 
    つまり、向こう側から私の部屋はほぼ丸見えなのです。 
    まあ、それでも私は乾いた女なので別段気にかけていなかったのですが。

     
    【誰かが窓をノックしている音】の続きを読む

    241 : 上司の昔話(1/5)[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 22:12:44.62 ID:KT3ktib/0 [1/7回(PC)]
    会社の上司の昔話で、十五年くらい前のことだという。 
    当時まだ駆け出しだった上司が、某県某町に新設の事務所に配属された。 
    工場併設のその事務所は市街地を遠く離れた山の中にぽつんとあって、夜には車通りも無い淋しい場所だった。 
    事務所の前から県道を右にしばらく行くと某町のジャスコに行き当たる。左にしばらく行くと隣の某村に入るが、村の中心部の集落まではしばらくかかる、そんな立地だった。 

    その日の上司は、仕事を抱え込んで一人残業の末、疲れきって事務所を閉めた。 
    一人暮らしのアパートへと車を走らせていたところ、うっかり道を間違えていることに気付いた。 
    右に出るべきを左に出て、車はすでに某村に入ってしばらく経っているようだった。 
    車通りも無いので素直に切り返して戻ればよかったものを、上司は脇道に入った。 
    ぐるっとまわれば元の道に出られるだろうと考えたからだが、区画整理がされたわけでもない田舎道は、そうは行かないものだ。 
    走るだけ走ってさらに見つけた道に飛び込むことを数回繰返したが、どこをどう走ったかもすでに定かではなく、周囲は真っ暗で道はすでに細い。切り返しももう無理だった。


    【数珠を持って上司を見上げるように何かを唱えていたのだ】の続きを読む

    233 : こっち見んな[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 21:43:53.50 ID:iWVcDvOf0 [1/2回(PC)]
    台風6号にびびってた昨日のお話。 

    昨日ってめちゃ風強かったじゃん? 
    壊れた傘、ゴミ袋、ペットボトル、エロ本、ぬいぐるみ・・・。 
    色んなモンが散乱してたわ。 
    服の無くなったマッパの少女人形とかも落ちてて 
    「おいおいこんなんどっから来たんだよ」って感じで。 
    今にして思えば野良猫がやたら五月蠅かった気がするわ。 

    で、家帰ってメシ喰ってゲームやって台風の速報見て風呂へ。 
    いつもと大差ない流れ。 
    湯船に座禅組みながら浸かって、いつも通りの長風呂。 

    目瞑って筋少の曲とか口ずさんでたんだが、なんか右手に違和感を感じた。 
    なんつーか髪の毛が指に絡まる感じの。 
    で、目開けてみた。 
    ビンゴ。 

    髪の毛が。 
    絡まってた。 

    有り得ないほど。 
    大量の髪の毛。 

    湯船の中に。 
    少女人形が沈んでいた。

     
    【こっち見んな】の続きを読む

    197 : デジャブ ◆dQI2skUQGw [sage] 投稿日:2011/07/20(水) 05:13:13.39 ID:agl8eJ7Y0 [5/9回(PC)]
    その騒がしい声に慣れてくるようになった。 
    もう悩んでもしょうがない、実害無いしって思って。 

    その後もいろいろ見たり体験したけど体質かな?みたいな感じになっていったんだよね。 
    慣れだね、特に身の危険感じること無かったし。 

    そんで結婚することになった。相手は古くから東京の寺町に住んでる子で長女。そんで男兄弟もいない。 
    だから俺は迷わず婿にいった(いろいろあったけどそこは省略) 
    当然その子の実家に暮らすことになった。 

    正直、寺町だからお墓いっぱいある。俺にはきびしい土地かなって当初は思ったけど、嫁のこと好きだったし我慢すればいいかって思ってた。 
    でも、とにかくその家では異変が多かった。霊感強い割りに今までなったことない金縛りにはあうし、 
    いろんな体験もした。でも、嫁に言っても、義父、義母に言っても笑われるだけ・・・ 
    まぁ我慢だって思ってた


    【他の人より以上にデジャブ的なものが人より多いんだよ 後編】の続きを読む

    190 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 03:35:17.42 ID:agl8eJ7Y0 [1/9回(PC)]
    俺の不思議な感覚というか体験を聞いてくれ・・・ 

    俺の感覚的になんだが他の人より以上にデジャブ的なものが人より多いんだよ 
    予知夢に近いかもしれないんだけど、みたことある景色、状態からその少し先まで分かっちゃうみたいな感じなんだ 
    たとえば突然降りだした雨をあそこで雨宿りすればすぐやむとかね。 
    つい先日のなでしこジャパンの試合もそんな感じだった、 
    試合のために早めに寝て、試合開始前に起きるつもりだったのよ 
    んで、結局ちょっと寝過ごして前半20分ぐらいにあわてて起きてテレビつけた、 
    そしたらものすごい違和感を感じるんだよね。「あれこれさっき見たぞ」みたいな感じ。まぁ誰でもよくあるデジャブの感じかな 
    でもなんか変なんだよね、一回見た試合のダイジェスト見てるみたいで、映像、実況とか全部聞いたことある感じ。 
    結構慣れてるから「あぁ・・・またか・・・」と思ったんだけど、このまま俺の知ってる未来になったらつまんないな~って思って見てた。 

    結果俺の見た(感じた?)通りの試合結果になっちゃって、サッカー好きだし応援してたからもちろん嬉しかったんだけど、なんか微妙な感覚だった。 
    こういうのって結構みんなあるのかな? 
    あと、ちょっと不安なことがあるので、ちょっと続きで書きます・・・


    【他の人より以上にデジャブ的なものが人より多いんだよ 前編】の続きを読む

    175 : 1[sage] 投稿日:2011/07/19(火) 22:13:01.48 ID:Pu7o/YKq0 [2/6回(PC)]
    アレは2年前ぐらいかな 

    当時キャバクラのボーイだった俺は 
    とある事情でそこを退社し、以前から憧れていたバーテンダーの修行に 
    入ったんだよ 
    なんせお酒もタバコも好きだしついでに女も好きw 
    これしかねぇ、とかあの時は本気で思ってた 

    皆にとってはバーテンダーって興味はあるけど実態が見えない 
    そんな職業だよな 
    軽く説明するけど思っている程華やかな世界ではない 
    水商売だし、やってる事は地味な事を積み重ねて 
    お客の前でカッコつける。地味な所をいかに見せずにカッコよく見せるか 
    本気で目指すなら遊んでる暇なんてなく、勉強の毎日 
    給料雀の涙で頑張ってる 

    本気で目指す人間じゃなきゃ到底続かない世界 
    まぁこんな感じよ 

    でな、当然新人の俺には先輩バーテンダーが色々教えてくれる訳よ 
    その先輩ってのはそりゃぁもう、滅茶苦茶カッコいい人だった 
    一つ一つの動きがカッコよくて地味な所もかっこよく魅せる 
    その店の売り上げの2/3はその人のファンからだと言えるかもしれない 

    顔も良ければ性格もいい 
    こんな俺にも優しい物腰に敬語で丁寧に仕事を教えてくれる 
    おまけに声もイイ 

    性格の捻じ曲がった俺は当時から彼をライバル視して意地でも負けない、と無駄な努力をしていた 


    【小さいビニールに包まれた指だった】の続きを読む

    145 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/07/19(火) 15:40:16.27 ID:tJLu5hZT0 [1/1回(PC)]
    10日くらい前の話 
    母親が深夜1時半ぐらいに急に自分の部屋に飛び込んできた 
    寝苦しいので南側の掃き出し窓を網戸にしていたら、5、6歳くらいの女の子が部屋の中に入って来たそうだ 
    そして振り返って外に向かって「おいで、みんなおいで」と手招きしていたんだって 
    麦わら帽子をかぶっていて、白いワンピース姿だった 
    顔は帽子で隠れて見えなかったらしい 
    恐怖で引き攣りながらも御経を唱えたら出て行ったけど、何でうちに来たのか、何を呼ぼうとしてたのか… 
    そう考えると怖くて仕方ない、どうしよう?と言われた 
    「気のせいなんじゃね?」と軽く言ったが、念のために母親に数珠をさせ、経本を枕元に置くように言った 

    次の日の夜7時半頃、夕食を終えて自室に戻ってパソコンをしていたら左側から鈴の音が聞こえたんだ 
    鈴って言っても普通の鈴じゃなく、鈴がいくつか付いた仏具のやつね 
    それを鳴らす音がするの 
    自分がモニターから目を離して音のした方を見ると止む 
    モニターを見るとまた鳴る 
    それが数十回繰り返された 
    もちろん、タイミングを外してみたりしても一緒 
    初めは「まぁ、音くらい良いか」って気にしないようにしてたんだけど、段々ウザくなっていらついてきた 
    そんな自分をあざ笑うかのように鳴る鈴の音 
    「じゃかぁしい!いい加減にせんかい!うるさいんじゃ、ボケェ」と怒鳴ったら、 
    あんなに鳴っていた鈴の音が2度と鳴らなくなった 

    ふと、左手を見ると、妙な違和感がする 
    それもそのはず、透明な水晶の数珠が黄色く濁っていたんだ 
    夕飯の時は普通だったのになぜ急に? 
    不思議に思っていたら、急に頭の中に「浄化」「線香」の字が入り込んで来た 
    この表現はおかしいけど、毛筆書きで達筆な文字がいきなり飛び込んできたんだ 
    とにかく、仏壇から線香を持ってきて火を付け、その煙で数珠を燻した 
    時間にしたら3分もやってないと思う 
    そしたら、あんなに濁っていた水晶が綺麗な元の透明に戻った 

    母の見た麦わら帽子の女の子、鈴の音、数珠の変化…何か関連があるのだろうか?

    128 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/07/19(火) 02:21:13.63 ID:GZuqHh6Q0 [1/3回(PC)]
    やっと声がしなくなった… 
    ちょっと恐怖体験報告に付き合ってくれ。ついさっきの話だ。 


    ベッドに横になって本読んでたんだよ、俺。 
    そしたらなんか子供の声すんのよ、外から。小学生くらいの甲高い声がアハハ、アハハって。 

    なんだようっせーなーって思って時計見たらもう日付変わってるのな。 
    …子どもが外で遊んでるわけない。 

    俺が硬直している間も、壁一枚隔てた向こうで子供の声がしてるわけよ。楽しそうに。 
    3人~5人?位の子供が走り廻っては、ときどき窓の下辺りで立ち止まって 

    「ハハ、アハハ」 「ハハハ」 「やっちゃう?やっちゃう?」 「ハハハハ」 

    って繰り返してんの。 
    俺も必死で落ち着こうとしてさ、きっと何処かの馬鹿親達が深夜にガキを外に出して遊ばせてるに違いない、 
    非常識な!って思い込もうとしてたんだけど 


    「〇〇××!」 


    俺の名前呼びやがった。 


    【やっと声がしなくなった…】の続きを読む

    113 : 美人妻1[] 投稿日:2011/07/18(月) 21:53:32.44 ID:2wvyRhHq0 [1/4回(PC)]
    知り合いの男性がデキ婚した。挙式から半年後に妻は出産する 
    予定だったが、運悪く流産した。しかしその一年後に妊娠。 
    順調に思えたが、今度は八ヶ月後に流産、というか死産。 
    この時は女性もかなり体に負担がかかったそうだ。 
    それで妊娠恐怖症になったらしく、30歳まで避妊を続けたらしい。 
    夫がどうしても子供が欲しいので、不妊治療を受けることを提案。 
    その女性は病院で検査するも、不妊の原因が分からず、思い余った 
    夫がある霊媒師に相談した。 


    【前に付き合っていた男の霊が原因】の続きを読む

    427 : 顔 ◆3EgJTOI8PA [] 投稿日:2011/07/29(金) 14:55:03.58 ID:eCiK923w0 [1/3回(PC)]
    カッパにちなんでこんな話。 
    友人が子供の頃に体験した話らしい。 
    自分の爺さんが、河童にあったなんて話すから、そんな事件が起きた 
    と言っていた。爺さんだけ河童を見たのが悔しくて、近所の男子を 
    みんな呼んで河童を釣ることになった。 
    潜って探す奴。釣り竿の針に胡瓜を付ける奴。重りと針を使って 
    川底にキュウリを仕掛ける奴まで居た。 
    結局昼になっても見つからず、みんなして火をたいてジャガイモを焼いて食っ 
    てたときだった。岸に刺さってた竿が、ズルリッと川底に引っ張られて 
    ゆく。次いで川底の罠にもかかった。みんな我先にと、罠の縄を 
    つかんで引っ張ったが、男子が7人がかりでも引き上げれなかった・・・ 
    そのうち一人が、「潜って捕る!」と言い出すと、 
    「おえもだ」・「一緒にあべ」・「いくどぉ!」と言い、 
    ジャガイモと火をほったらかしに、裸やパンツ一丁でみんな竹槍を 
    持ったりして川に潜った。

     
    【カッパにちなんでこんな話】の続きを読む

    このページのトップヘ