2016年05月

    682 : 1/6[sage] 投稿日:2011/05/16(月) 00:08:32.56 ID:lQyUf/QH0 [1/13回(PC)]
    前の職場の頃の話、ちょっとヘビーな話。 
    というわけで長文いくよー^^ 

    当時の俺の職場と言うのが東京からほどほどの距離の埼玉の片田舎にあった。 
    京浜東北やら武蔵野線やら乗り継いで、東京都北部にある俺の実家から2時間足らずって場所。 
    その職場は会社が地元の地主から借りた土地に建てられてて、その建物を建てる時の条件で 
    敷地内にある古い井戸とお社を取り壊さずにおくことと、年に何度か地主と近くの神社の神主で 
    そのお社やら井戸やらに奉納だかなんだかなんだかの儀式をすることを認めると言うのがあった。 
    まあ、別にそこについて取り立てて問題があったわけでもなく、ここ何十年間そんな感じでやって 
    たらしいし、俺がその職場をやめてからもまだ続いてると思う。 
    俺らも働いてる時に目に付く場所でもないし、せいぜい通勤途中にちょっと目に付くかなって 
    くらいで気に留めることもなかった。 

    ちなみに地主はじーさんで、暇なのかお社を掃除に来たついでに俺らの職場に来ては勝手にお茶飲んだり 
    女子職員(おばちゃんだけど)とかとだべったりと結構顔なじみになってた。 

    脱線だけどその手の小さいお社なんかは町中意外とそこらへんにあるので探してみると面白いかも。


    【古い井戸  前編】の続きを読む

    675 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2011/05/15(日) 23:59:51.84 ID:R64T3F09O [1/1回(携帯)]
    後輩が話してくれたんだけど…ちょっと怖かったので紹介。 

    そいつは結構心霊スポットとか好きなやんちゃだったそうで、その日も地元の心霊スポットへ仲間四人(計5人)と車で向かったそうな。 
    後輩の地元はピーマンで有名な県と聞いている。 
    その心霊スポットは自殺の名所として有名な滝で、5人は滝の近く、公衆電話のボックスの近くで車を停めて滝まで歩いていった。 
    皆緊張していたので、こういうときに携帯が鳴ったらビビるからと言って皆で電源を切ることに決めた。 
    仲間を仮にA(後輩)、B、C、D、Eとして、C、D、Eは携帯を切り、更に車に置いて出発した。 
    しばらく歩いていたらAの携帯が鳴った。 
    皆で切った筈なのに1人だけ何やってんだ、と場がしらけてしまい、本人も切ったはずだったので何で?と思い携帯を開くと着信はBの携帯からだった。 
    B調子のんな!とBの携帯を開くと、電源は切れたままだった。 

    一同ゾッとしつつとりあえず携帯を確実にきり、先へ進む。 

    すると今度はBの携帯が鳴った。 

    その着信は車に置いてきたCの携帯からだった。 

    こりゃヤベェ!と結局滝へは行かず、折り返し車へ戻った。 
    仕方ないので車のところでムービーを撮って帰ったが、そのムービーには近くにあった電話ボックスで人が受話器をもって電話をしているようすが映っていた。 
    しかしその日後輩達以外は誰も居なかったという。 


    別の日にその滝へ行った友人も同じく電話がかかってきて、出てみるとひたすら滝の落水音のような音が聞こえていたらしい。 

    また、別の友人が複数で行ったところ、友人の1人がフラフラと川の方へ近寄っていく。 
    あんまり調子のるなよ、と言いつつ止めずに見ていると川の中に入っていく。 
    大分水に浸かるまで行った頃さすがにヤバイと止めにいったら、泡をふいて白目をむきながら歩いていた。 
    慌てて連れ帰り意識が戻ったところで聞くと川の真ん中辺りで女の人が手招きをしていたそうだ。 


    そんな滝はその県では有名な観光スポットなんだって!

    625 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 18:58:32.63 ID:qA0zF+hn0 [2/4回(PC)]
    俺の唯一の心霊体験? 
     
    幼稚園から小学生の間、マンションに住んでた。 
    リビングにはラッセン?のイルカだかなんだかの絵のポスターが額に入れらてれ壁に掛けられてた。 
    その裏にはお札みたいなものが貼ってあったんだが、幼稚園の頃からあったので特に疑問を感じていなかった。 
    中学1年の頃に、このマンションから15分くらいのところにある一軒家に引越をした。 

    俺が心霊体験にあったのは、今から5~6年前の高校2年の夏だったと思う。 
    夜の7時頃、俺は自分の部屋のベッドで仰向けになってケータイをいじっていた。 
    少しすると眠気が襲ってきて、いつの間にかケータイを握りしめたまま、うたた寝してた。 
    うたた寝独特の感覚ってあるよね。 
    上手くは言えないけど、自分が寝ているのに意識があるような、それでいて心地良いような。 

    「あー、俺今寝てるなー」って感じだったんだが、何かが聴こえて来るのに気が付いた。 
    俺は目を閉じたまま何が聴こえて来るのか考えた。 
    良く聴くとそれが人間の話し声であると分かったのだが、声が小さすぎるせいで内容はおろか、声の主の男女の区別もつかなかった。 
    どこから聞こえるのだろうと考えていると、ケータイを握りしめていることを思い出した。 
    「きっと寝ているうちに無意識でかかってきた電話を取っちゃったんだな」 
    なんて眠気で回らない頭で考えている間もケータイからはボソボソと話し声が聞こえる。


    【ケータイから女の叫び声?が聴こえた】の続きを読む

    611 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/05/15(日) 16:32:21.24 ID:fi1gyfJsO [1/3回(携帯)]
     
    思い込みのせいだと思うのですが、右腕が痛いというか重いです。 
    あと夜中にインターホンが押されるので悩んだ結果、インターホンを壊しました。しかし昨夜午前2時頃にノックを四回されました。 
    正直先日あんことを言われていたので怖かったのですが、このままだとノイローゼになりそうなので、ふっ切れました。 
    幽霊にビビって病気になるのは否定派としては情けないです。このインターホン・ノックは人の仕業と考えています、普通に考えたら当たり前ですね。 
    なので今夜は玄関で待ち構えて、イタズラしにきたらとっ捕まえてやろうと思います。 
    もしノック後すぐに出ても人がいなかったら、認めざるをえないし何よりも怖いので速やかにお祓いに行こうと思います。 
    また報告します


    【右腕が痛いというか重い】の続きを読む

    610 : 1[] 投稿日:2011/05/15(日) 16:30:56.50 ID:mx7ELg6DO [1/2回(携帯)]
    去年夏、浪人生だったので就職か進学か悩んで伊勢神宮に参拝に行った。 
    内宮か外宮か忘れたが参拝後、大きな河原で休憩し、コーラを飲んでいた(確か13:00頃)、するとどこからか赤い首輪を着けた白い仔猫が僕の隣に横たわったので鈴カステラをあげた。 
    10分ほど仔猫と遊んでいたが帰ろうと思い歩き出すと仔猫がついてきた。 
    お別れの挨拶に撫でると仔猫は草むらに走り出した。不思議なことに僕もついて行った(心では帰りたいのに体が仔猫についていった) 

     

    【心では帰りたいのに体が仔猫についていった】の続きを読む

    550 : 話し手[] 投稿日:2011/05/15(日) 04:40:54.76 ID:Assd7la10 [4/6回(PC)]
    部屋に通されると、そこはあまり広くない和室で、部屋の真ん中に布団が敷かれて 
    そこに中学生くらいの女の子が寝ている状況だった。なんか奇妙すぎて居心地 
    悪かったけど仕事だしな、ということで早速女の子に挨拶することに 

    「こんにちは、きょう話し相手のバイトできました○○と言います」 
    まぁ、返事は無いわけだ。そこは前情報どおりなので気にせずに、とにかく 
    色々はなしかけることにした。 

    そして2時間くらい独り言を続けているうちに、オレは妙なことに気がついた。 
    この子の母親らしき人から娘は一人、と伺っていたのに、なぜか学習机が二つ。 
    そこにかかるランドセルも二つ。 
    話がネタ切れになりつつあったこともあり、気になったオレはそれをネタに話しかけてみた 

    「もしかして姉妹とか兄弟とかいるの?オレは一人っ子なのでうらやましいな」 

    その瞬間、女の子のおなかの辺り、掛け布団の中で何かがはねるように動いた。


    【話し相手のバイト  後編】の続きを読む

    545 : 話し手[] 投稿日:2011/05/15(日) 04:11:19.30 ID:Assd7la10 [1/6回(PC)]
    15年程前の話な 

    オレはその頃名古屋の大学に通ってて、一人暮らしをしてたわけだ。 
    親には無理言って一人暮らしさせてもらってる手前、そんな仕送りも 
    要求できないんで、割のいいバイトを探すことにしたんだ。 

    大学入っていろんなバイトを転々としたんだけど、これといっていい条件の 
    バイトに恵まれず、一人暮らし諦めようかとか思ってたところに友人から 
    「とあるバイト」を紹介されたんだ。 

    それは、新聞の求人情報欄の1コマに掲載されていた地味なバイト。気をつけて 
    読まないと絶対わからないレベル。条件は明記されてなかったが、日給弐萬円也 
    の一文が俺の心を突き動かした。即決だった。 


    【話し相手のバイト  前編】の続きを読む

    438 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2011/05/15(日) 00:58:06.97 ID:aD80N9ECO [3/7回(携帯)]
    今です。きさらぎ駅の話は知ってるので、最初はwktkしたのですが、段々怖くなってきました。 

    薄暗いのは節電かな? まだ電車乗ってるんですが、全然揺れないのが気になる…。 どこ着くんだよ…


    【パラレルワールド  後編】の続きを読む

    304 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2011/05/13(金) 23:57:45.35 ID:VgJsXWfG0 [7/8回(PC)]
    >>303続き 
    N母は無理矢理N子を神社から引きずりおろし、 
    私たちの元へと連れて来た 
    N子はぶつぶつと何か呟いていた 
    私が近寄ることは許されなかったが 
    N子が何を言っているかは理解できた


    【オマエジャナイ  後編】の続きを読む

    このページのトップヘ