2016年05月

    46 : ぐーすけ[] 投稿日:2011/05/18(水) 05:28:36.81 ID:+V5A4zG20 [1/5回(PC)]
    二年前に体験した話、この話の中では俺が直接霊を見たって訳でもないから過度の期待はしないでくれ。 
    ただ俺にとっては「死ぬ」ほど怖かった体験。 
    時期は冬、大晦日前辺りに実家に帰省した時のこと、当時大学に入学したばっかの俺は久々に家に帰るって事だったから気持ちが高ぶってたかな。 
    んで帰省してのんびりと過ごしてたら中学からの悪友から「どっか出かけんか?」という内容の電話がきたんだ。 
    俺も久しぶりに地元の友達に会えるってことで意気揚々と誘いに乗ったんだ。 
    メンツとしてはA(リーダー格、霊とは全く縁もゆかりもないような能天気)B(親友、こいつも能天気だが霊感があり様々な経験がある)C(特に普通)俺の4人。 
    どっか行くといっても相変わらずのド田舎、特に行くところもないから近くの町まで車を一台だして適当に飯食ったり、AV屋をひやかしたり、しょぼいゲーセンに行ったくらいかな。 
    んで出す車はAとBしか車を所持してなかったからジャンケンで車を出すのはBに決まったんだ。 
    んで、当然のごとくやることがすぐになくなる俺たち、基本みんな無計画ノーフューチャー野郎だから仕方がないと言えば仕方がないw 
    すると能天気なアホのAがいきなり「あれやろうぜ!」といいだす。 
    その遊びとは中学時代、周りに山、森、田んぼ位しかなかった俺たちがしていた遊び「藤岡弘探検隊ごっこ」である。 
    内容としては何もない地元で木の棒を自分達で倒しその方向に山があろうが、川があろうが、民家の庭があろうがひたすら突き進むという内容である。 
    くだらねーーーw 
    でも懐かしさにテンションがあがった俺はその遊びに賛同するのであった。 
    でも車での移動だったから少しルールを変えて助手席に座ってるAと運転席のBが車を走らせて交差点や、別れ道に差しかかったらジャンケンをし、 
    Aが勝ったら右折、Bが勝ったら左折、あいこで直進するといった内容に決まった。


    【赤い服の女  前編】の続きを読む

    39 : 1/2[sage] 投稿日:2011/05/18(水) 03:39:05.29 ID:nEH7qNWx0 [4/8回(PC)]
    オカルト与太話を。 

    世界で一番古い職業は売春婦だそうだ。 
    wikiってみると古代メソポタミアの女神イシュタルを祭る神殿ではイシュタルの巫女が参拝者を相手に売春を行っていたと言う。 
    これは現在の売春とは意味合いが異なり神の力を交合した者に分け与えるためのものであったそうだ。 
    エジプトのブバスティスの巫女は一夜の代償として相手の男の全ての財産を要求した、ここでは巫女は神の奴隷であり、人ではないものとして考えられ 
    同じく神の力を分け与えるものとして売春は行われていた。 
    日本でも神聖な儀式としての巫女の売春行為はあり、神がかりをするものと繋がることによって神と繋がれると信じられていた。 
    国家神祇編成や社会道徳の変化などにより、巫女による売春は定まった場所の神社から離れて、漂泊する巫女の生業としてつい百数十年前まで確認されている。 

    前スレででていた「いまじょ」の話があったが、奄美大島では「いまじょ」は白風呂敷を背負った女の姿で現れると信じられている。 
    これはヅレと呼ばれる、部落を巡りながら春をひさぐ娼婦の装束である、このヅレというのも娼婦としての職能に固定化されたのは江戸中期の頃らしく、 
    それ以前は民謡(それも祭りや神事の祭に歌われるもの)の歌い手としての側面があり、元々は島に渡って来た漂泊の巫女を源流に持つのではないかと言う見方が強い。 


    【世界で一番古い職業は売春婦だそうだ】の続きを読む

    946 : 1/3[sage] 投稿日:2011/05/17(火) 20:23:19.27 ID:4P2HcFDZ0 [1/3回(PC)]
    今からもう十数年前、私が仕事でアメリカへ行ったときに聞いた話をします。 
    (具体的な内容は個人が特定されそうなので書けません、ご了承ください) 

    当時、あるアメリカの企業と日本の企業が共同でとある実験施設を作る計画が立ち上がり、 
    私の会社はそこに大きな機械をいくつも納入する事になったため、私を含め会社の10名ほどが 
    現地の視察や今後の打ち合わせをするために向かう事になった。 
    場所はアメリカ中部の砂漠地帯、かなりの田舎にある場所で、周囲には寂れた町が一つ 
    あるだけだった。 

    その町に到着して3日ほどしたある日、丁度私と上司が打ち合わせするはずだった人が 
    こちらにこれなくなり、上司から先に帰っていても良いと言われ、私は一足先に宿泊先 
    のモーテルに帰ることにした。 
    先ほども書いたようにそこは辺鄙なアメリカの田舎町、モーテルにいてもする事が無い 
    私は、暇をもてあまし特にあても無く町中をブラブラする事にした。が、やはり暇で目的もないため、 
    近場にあったお酒の飲めそうなレストランに入る事にした。 

    そこはどうもレストランというより酒がメインだったようで、時間が早い事もあり自分以外 
    には東洋系の老人が一人いるだけだった。 
    テーブルにつき食べ物やビールを注文していると、先客の老人が「あなたは日本人か?」と 
    尋ねて来た。 
    私が「…そうですが」と答えると、老人は「やっぱり、もしお暇でしたら少しお話をしませんか?」 
    と言ってきた。 
    私は、断る理由もなく「はい」と答えた。 
    その時は、私は単に老人のとりとめのない世間話や昔話を聞くだけだと思っていた。 

    が、実際には違った。 
    老人の話は非常に重く、恐ろしく、おぞましい、老人の過去にまつわる話だった。 
    老人は1960年代後半にアメリカへ移住してきた移民一世だった。元は中国のとある省の 
    生まれらしい。 
    老人はある事件をきっかけになけなしの蓄えを全て賄賂につぎ込んで中国を脱出し、着の身着のまま 
    アメリカへと移民してきた人だった。 


    【その事件とは、1966年から中国に吹き荒れた文化大革命に関係するものだった】の続きを読む

    918 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/05/17(火) 14:09:38.88 ID:TQSVk9Qw0 [1/5回(PC)]
    おいちょっと聞いてくれ。昨日家族が家に大量の血痕を発見して大騒ぎになった。恐る恐る血の跡をたどると俺の 
    部屋に続いていて俺の部屋にも血痕があり部屋中強烈な獣の臭い、と次の瞬間一匹の黒ネコがベッドの下から 
    飛び出してきて外に逃げていった。どうやらこの黒猫は怪我をしていたらしく血痕はこの黒猫のものだったのだ。 
                                                                  続く


    【大量の血痕を発見して大騒ぎになった】の続きを読む

    915 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/05/17(火) 14:04:40.27 ID:QId33Ph70 [2/4回(PC)]
    幼い頃の話 
    年に一度家族行事で夏になると海に泊りがけで行ってた(日本海) 
    家が自営業だった為に、日取りは親の仕事が一区切りついた時(お盆休みを兼ねてる) 

    当然、年によって日はずれるし日数も二泊三日だったり一週間だったり・・・ 
    お盆を過ぎるとクラゲに刺されるので出来るだけ親子ともにお盆前に行きたっがってた記憶がある 

    そんな海での話、何才の時かはすっかり忘れたが 
    泳いでると、いきなり足首に海草が絡んだような、掴まれたような感覚 
    そのまま声を出すまも無く、足首から海底に引きずり込まれた 


    【いきなり足首に海草が絡んだような、掴まれたような感覚】の続きを読む

    872 : 3/5[sage] 投稿日:2011/05/16(月) 23:50:53.97 ID:lQyUf/QH0 [10/13回(PC)]
    と、こういう話なのだが、俺が話したなかではこれが一番受けたよ。 
    で、次の話が始まるまでの間に、これ自分の同級生の話ですよというコメントがあった。 
    そのコメントによると上履き借りていった女の子は病院に運ばれたがかゆみは引かずに 
    そのまま学校に戻ってくることもなく転校していったそうだ。 
    何回か遊んだことがあるこだったので一回お見舞い行ったそうだが、顔がはれ上がり両手は自分の体をかいて 
    きず付けないように分厚いミトンのようなものを付けていたと言う。 

    まあ、正直うそか本当か知らないがフォローしてくれてありがとうと言う気持ちだったよ。 

    その後もつつがなく進行してさ、放送主が最後の〆の数話を話してたんだけど 
    どこからともなく蚊が飛び回るような音がする、まあ夏だったから蚊ぐらい出るだろうと思って 
    無視してたんだけど(虫だけに)、段々うるさくなってくる。 
    ヘッドフォンをはずすと聞こえないから放送主のところに出たんだろうね。 
    放送主も蚊がうるさいねー、とかちょっとさされたかもカユイ、とか言い出していた。 
    実際に話しながらも体のあちこちをずい分痒そうだった、でも自分が放送主だと言う責任感からか 
    最後の一話まできちんと話していたよ。


    【ニコニコ生動画での出来事  後編】の続きを読む

    870 : 1/5[sage] 投稿日:2011/05/16(月) 23:49:02.86 ID:lQyUf/QH0 [8/13回(PC)]
    俺が無職の頃の話。 
    ニコニコ生動画での出来事。 
    ニコ生と言うと、今では1000万以上親の金FXにつぎ込んで溶かしたニートとか両手の指が何本 
    か足りない不動産屋のおっちゃんとか、精神科で処方してもらったお薬を解説しながら 
    下着だけではしゃぎまくる40代のおばさんとかな、んかこのスレとは別の意味で洒落にならない 
    人が一杯いる魔窟と言うイメージもあると思いますが、純粋にオカルトな話。 

    当時仕事をやめたばかりで暇をもてあましていた俺は、暇つぶしでニコ生をよく巡回していた。 
    そんな時に見つめた放送の一つに、自称現役JD(女子大生)が怖い話を朗読すると言うのがあった。 
    別に美人でもないし、話がうまいって訳ではないんだけど、こんなスレに来ているお前らと 
    一緒で俺も怖い話は大好きだし、チョイスする怖い話が俺の好みにマッチしてると言うのも有って 
    俺はその放送の常連視聴者になっていた、恥ずかしながらコテハンも付けたり、話のリクエスト 
    なんかもしてた。 
    別に下心とかそういうのがあってとかそういんじゃないよ^p^ 

    で、そんなある時にちょっと話が盛り上がってその放送の主と視聴者で百物語をやろうと言う企画 
    が立ち上がった。 
    その放送は主だけではなく、視聴者もスカイプで飛び入りで怖い話の朗読をしたりするようなことが 
    あったので、そのノリで常連を中心にノルマを何話か割り振って怖い話をするということになり、 
    俺もなぜか成り行きで数話ほど話すことになった。 
    正直俺はあんまり人前で話すのが得意なタイプではないし、声も不細工なのでボイスチェンジャー 
    を使うことにしたが、ちょっと不安でもありつつ結構興奮していたりもした。 

    他の話者とかぶったりしないように予備の話も含めて怖い話を選んだりしていると、あっという間に 
    百物語の当日はやってきた。


    【ニコニコ生動画での出来事  前編】の続きを読む

    729 : 3[sage] 投稿日:2011/05/16(月) 06:31:26.88 ID:PVWlEznp0 [3/5回(PC)]
    で、八時くらいだったと思う。田舎の八時は真っ暗だ。明かりも近くにないし全員懐中電灯装備。 
    映像チェックしてると、相方が妙な声をあげた。 
    二台のカメラで交互に写していたんだが、一台のカメラでふざけて相方をフレームに入れて映してたんだよ。 
    だけど相方の姿が映ってない、と。 
    もしかしたら、ともう一台の方のカメラを見ると、相方が映っている。 
    相方びびる。 
    「でもこのカメラ、撮ってたの俺なんだよ」 
    書き忘れていたが、カメラ二台は別機種。間違えることはない。 
    ただしまあ、勘違いということはあるだろう。 
    そこにいた四人が全員まったく同じ勘違いをすることがありえるなら。 
    誰かがいたずらでメモリーを入れ替えたのかもしれない。誰もそんな余裕はなかったはずだが。 

    でだな。いつもは役に立たないS君なんだが、相方が映ってない方のカメラを持って、 
    「こっちで撮った方がいい」 
    と言い出した。 
    「このカメラの方が映りそうな気がする」 
    と。 
    再度撮影開始。撮影者は相方と不良社会人のS君じゃない方。 
    しかし空振り。はじめからS君には誰も期待してなかったので、っていうかもう疲れていたので、帰ろうか、という話に。


    【えー、数年前まで恐怖画像・動画まとめサイトみたいなのやってた人です  後編】の続きを読む

    727 : 1[sage] 投稿日:2011/05/16(月) 06:29:28.78 ID:PVWlEznp0 [1/5回(PC)]
    えー、数年前まで恐怖画像・動画まとめサイトみたいなのやってた人です。 
    特定勘弁なw 

    でまあそんなサイトやってると、自分たちオリジナルのマジな動画取りたくなるじゃないですか。 
    え? ならない? ですよねー。 
    まあ相方がアウトドア派なので、そういう活動もちょぼちょぼやってたんです。 
    有名心霊スポットでカメラ回したりね。 
    しかし世の中そんなに甘くない。 
    確かにオーブみたいなのとか変な音がするとか程度のは撮れた。 
    でもサイトに載せるほどでもなかった。 
    つかネットにある強烈な恐怖動画ってほとんどCGじゃねえのって思ったほどいえ今でも思います。 
    でもね、そんなへっぽこ素人撮影隊でも、一つぐらいはマジな話があるんですよ。 
    もう何年も経ったし解禁かな、というわけで書かせてもらいます。


    【えー、数年前まで恐怖画像・動画まとめサイトみたいなのやってた人です  前編】の続きを読む

    685 : 4/6[sage] 投稿日:2011/05/16(月) 00:11:23.96 ID:lQyUf/QH0 [4/13回(PC)]
    じーさんは、そんなこと俺に謝られてもなー、それに別にこのお社がらみで祟りとか聞いたことないよ。 
    別に大丈夫じゃね?とか言ってたが、俺のビビリっぷりが可哀想に思えたのか、例の近くの神社の神主 
    を紹介してあげるから、そこで相談しなさいと提案してくれた。 
    ついでに車で送ってやるよ、とのことだった 

    その日は俺は休みだったが職場は開いていて、警備員がい来ていて鍵が開いていたのでおいてあった予備のスーツに 
    着替えてじーさんの車に乗せてもらって神社に向かった。 
    車中聞いた話だとこのお社はその神社の分社の一つだということだった、ちなみにその神社も大本の神社の分社の分社 
    くらいの格の神社で、祭ってるのはドメジャーな水神様だそうな。 

    神社について、神主さんに話をしたらなんかちょっと呆れたというかうんざりした感じで聞いていた。 
    しかし、体を蛇が這い上がって井戸から出て行った話するとすこし顔つきが変わって、真剣に話を聞いてくれるようになった。 
    一通り、話した後に神主さんに聞かれたのは、君の父親とかおじいさんもお酒大好きでしょ?ということだった。 
    確かに俺の親父も、親父の親父も酒が好きで、白飯の代わりに酒を飲むというような人間だった。 
    俺と違って酒には滅法強かった、酒飲みの常で二人とも早死にしてるが。 


    【古い井戸  後編】の続きを読む

    このページのトップヘ