2016年04月

    119 名無しさん@涙目です。(東京都) 2011/05/02(月) 20:31:08.47 ID:N1ES66Kr0 
    小学生のころはガチで見えてたんだな 
    いつも学校帰りに遊んでたよしひろ君 
    卒アルにも載ってないし、同窓会でも誰も知らないっていう 
    たぶん彼は幽霊だったんだろう 
    一番の親友が幽霊っておもしれーな 


    【一番の親友が幽霊っておもしれーな】の続きを読む

    566 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/05/01(日) 23:43:57.51 ID:8Osp8l4lP [1/3回(p2.2ch.net)]
    小学校3~4年頃だったと思う。 
    その頃は両親共に実家から数㌔離れた工場で働いてたから、俺も小学校終わってから 
    工場近くでひとり遊んで待つという習慣がついてた。 

    工場の近くには薄暗い神社や暗く湿ったトンネル、広いゴミ捨て場があったりして 
    いつも一人であちこち探検して夕方に工場に戻って両親と一緒に家に帰る生活だったんだ。 

    ある時、工場近くで知らない同い歳くらいの男の子3人にかくれんぼに誘われた。 
    俺は誘われたことが嬉しくて喜んで参加して逃げまくって必死に隠れた。 
    知らないアパートの物置の裏に隠れてたら、さっきの男の子が一人合流してきた。 
    クスクス笑い合ってたら、「この家面白いんだぜ」と言いだし、外にある階段を上り始めた。 

    男の子について行くと2階に上がり切らずに階段途中で壁面を指さす。 
    アパート一階部分の天井付近にある小窓を見ろということらしい。

     
    【おい・・これは、普通の家じゃないぞ】の続きを読む

    427 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/04/29(金) 10:03:34.19 ID:UA0VDyVe0 [1/2回(PC)]

    1つ思い出した話。 
    むかし海外の資料館に行った時のこと。 

    一周して出てきたら、受付の人に声をかけられて。 
    あなたたちが入った後にすぐ、知り合いだっていう日本人の男の子が 
    追いかけて行ったけどちゃんと会えた?って聞いてきて。 
    その人の身長や髪型を教えてくれたんだけど。 

    そんな人には会わなかったし、海外にきてる男の知人なんて 
    誰も心当たりなかったから、人違いかな?ってなって。 
    まだ中にいるなら逆から回れば絶対会えるよね? 
    ほっとくのもあれだし、教えてあげよっか? 
    と資料館の中に戻って一周したんだけど…誰もいない…。 

    あれ?っと思って受付の人に彼は出てきた?って聞いたんだけど 
    いいや、出てきてないよ?って言われた。 


    【むかし海外の資料館に行った時のこと】の続きを読む

    388 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/04/27(水) 21:10:47.69 ID:0N7+Tfzo0 [1/4回(PC)]
    最近まで、あまりに不可解な出来事で夢だと思い込んでいた事がある。 

    俺には兄がいる。お互い家を出ているから、今年の正月、実家に年賀の挨拶で集まり、 
    久々にあった。 

    その時に、なんとなく思い出したように「俺が中二の頃、こんな夢を見たんだよ」と 
    その話をすると、兄貴が「それ夢じゃなくて現実だよ。俺と一緒に見ただろ」と言われ、 
    今まで自分が夢だと思い込んでいた事に驚いてしまった。それはこんな光景だった。 

    夜の9時頃、俺と兄は俺の部屋で話し込んでいた。何の話題をしていたか覚えてない。 
    その時ふと、窓から光が差し込んでいる事に気付いた。うちの実家は都内のマンモス団地で、 
    俺の部屋はベランダ寄りにある。ちなみに階数は12階。


    【あまりに不可解な出来事で夢だと思い込んでいた事】の続きを読む

    341 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/04/26(火) 18:46:19.99 ID:YcK/f3wz0 [1/3回(PC)]
    お金に困っていたので今日親戚にもらった指輪が質屋でいくらで売れるかを近所の質屋に聞きに行った。 
    質屋に入ったら目覚まし時計がずっと鳴ってて居心地が悪くて値段だけ聞いて帰ることにした。 
    帰りになんとなくウォークマンの曲を変えようと何曲か進めていたら、 
    急にウォークマンが壊れて、ミスチルのGIFTで止まってエンドレスリピート状態。 
    ボタンも液晶もイかれたので今も流れっぱなし。 
    指輪を売ろうとしたのを怒られたのかな…質屋の先に親戚の先祖代々の墓あるし。 
    寒気とかはなかったからあまり気にしなくていいのかもだけど、ちと重なった日だから書いておく。

     
    【指輪】の続きを読む

    311 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2011/04/26(火) 03:22:08.30 ID:p6R+HdZE0 [1/4回(PC)]
    高校生のときにツレと旅行に行って旅館に泊まったとき、 
    夜寝ていると何か気配がするんで起きると 
    横に伸ばした自分の腕の上に皺くちゃの老人(性別不明)の顔があって 
    俺のほうを見てニヤーと笑ったので、俺はそこで落ちた。 

    翌朝目を覚まして夜中の出来事を「もしかして夢?」なんて思っていると 
    ツレも同じ体験をしたと言ったんだよね。


    【俺のほうを見てニヤーと笑ったので、俺はそこで落ちた】の続きを読む

    238 : 1/2[sage] 投稿日:2011/04/22(金) 13:52:44.56 ID:bE5QqE690 [1/2回(PC)]
    祖母ちゃんが子供だったときの体験談を教えてくれた。 
    夏休みに田舎に行って遊んでいたら、親におつかいを言いつけられた。 
    てくてく歩いて河原に出たら、子供がしゃがんで石を手に遊んでいるのを見かけた。 
    近づいてみたら、鬼の子だった。 
    頭のてっぺんが禿げているように見えたのが、肉が盛り上がって角になっていたそうだ。 
    しかし怖さよりも格好のみすぼらしさに、かわいそうだって思いがわいた。 
    着ている物が襤褸なんてものじゃなく、ムシロを体に巻き付けているようで、 
    腕も足も垢まみれなんだか火傷のような赤汚い色なんだそうだ。 
    そして祖母ちゃんが近づいて来たのに気がついたようなんだけど、 
    (意地でも見てやるもんか)という感じで顔を上げず、石を積み上げたり崩したり一人で遊んでいた。 
    祖母ちゃんも声をかけようか迷ったんだけど、従兄の 
    「道で猫の死体を見ても、可哀想だなんて思っちゃダメだぞ。ついてきちゃうぞ」 
    という言葉を思い出し、その場所を立ち去ったんだと。

     
    【道で猫の死体を見ても、可哀想だなんて思っちゃダメだぞ】の続きを読む

    218 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/04/21(木) 00:01:48.53 ID:fukWiJY60 [1/1回(PC)]
    よくある話だと思うけど、私の母、祖母は悪運がとても強い。 

    色々あるんだけど、覚えてるのは、 
    戦争中、祖母は軍事工場で働いてる祖父に子供達を会わせる為、毎週電車で通ってたそうだ。 
    祖母の両親は、空襲も続いていて危険だから、せめて子供達は置いていけと怒りまくってたらしい。 
    当時は、ほぼ毎日のように空襲で電車が運行中止になってたそうだけど、 
    祖母が子供連れで電車に乗るときは、一度も電車が止まったり、空襲を受けたことはなかったそうです。 

    また、祖母がうっかり生活費が入った財布を紛失してしまったとき、 
    「あれがないと困ったことになるんです…」 
    と呟きながら家の周りをウロウロしていたら、背後に光が差して、 
    その光があたったところに財布がぽとんと落ちてたそうです。 

    そんな祖母の娘である母は、おっちょこちょいというか、注意力散漫で、 
    車が廃車になるほどの事故を何回か起こしたけど、怪我ひとつなかった。 
    事故の目撃者は、「死んだな」って思ったらしいが、一緒に乗ってた妹も無傷だった。 
    シートベルトもしてなかったのに、不思議。 
    訂正、一番最近の事故では、肋骨にひびが入ってたけど、事故での怪我はそれだけ。 
    一番の強運は、どれもこれも、ひとさまを巻き込まずにすんだってことだと思う。

     
    【私の母、祖母は悪運がとても強い】の続きを読む

    207 : 1/2[sage] 投稿日:2011/04/20(水) 10:54:00.66 ID:9KRgD67s0 [1/3回(PC)]
    昨日聞いた話し。 
    まとめサイトを見ていて、海とか川とか水系の怖い話しは豊富にあるけど、火の中系の怖い話しがないなーと思って、たまたま家に来ていた叔父さんが海外旅行時の面白い話をしていたんで、 
    「ないですねー」と話しを振ってみた。 
    叔父さんは遊び人で気さくな人だったんだけど、そのとき初めて 
    「なんで俺にそういうことを言う?」と声を荒げてきた。 
    親父もちょっと驚いた。 
    叔父さん、ちょっと冷静になって、 
    「一度わけのわからんものをみたことがある」と話し出した。 
    一度、カリフォルニアの山火事に遭遇したことがあるんだって。 
    消防士や警察官に誘導され、安全な場所にある建物に誘導され、周囲の人達と火事を見物していた。 
    オペラグラス持ってたんでぼんやり見ていたら、ゴウゴウ燃えている中に黒い人影が見えた。 
    なんか物を持ち上げてすぐ横に動かしている動作に見える。

     
    【火の中系の怖い話】の続きを読む

    188 : 177[sage] 投稿日:2011/04/18(月) 01:11:23.52 ID:LkFCis070 [7/9回(PC)]
    都の西北、早稲田の森?に~ってやつ。 
    当時の早稲田は今ほどレベルは高くなかったらしいけどね。 

    で、次の日。 
    祖母は今すこし町のほうにある老人ホームにいる。 
    親父が何やら寄る用事があるから、とそこに寄ることにした。 

    別の場所に泊まっていたおばさん二人も合流して祖母の部屋に。 
    親父もおばさんも施設の人から連絡を受けてはいたけど、何の用事か知らなかった。 
    墓の儀式がある日に偶然電話があったから、次の日にみんなで寄っただけなんだよ。 

    施設の人が言うには、祖母の痴呆が少しずつ進んでいて、状況がもうギリギリだから今のうちに部屋をもっと看護ができるところに移しておきたいってことだった。 
    渋りに渋る祖母をみんなで説得して、引越しをした。つーても同じ施設内だけど。 

    200万の札束が出てきたり、結構な額の通帳がわんさか出てきたりでびっくりしたな。 
    みんなで最後まで手伝って、終わった頃には夜。それから解散して家に帰ったよ。 

    帰りの高速で親父と話をしたんだ。 
    これは、祖父に呼ばれたのかもなって。 

    偶然、ほんとに偶然、祖母の引越しを子供全員+孫一人で行えたわけでしょ? 
    あの札束にしても、施設の人に引越しを任せてたらくすねられてもわからない。通帳も全く同じ話。 
    そもそも、肉親に説得されてなきゃ引っ越しに同意したかすらわからない。 

    祖父の墓のことで全員が帰郷していたちょうどその日だからね・・・。 


    【墓 後編】の続きを読む

    このページのトップヘ