2016年04月

    613 : 1/3[sage] 投稿日:2011/02/25(金) 02:54:46.52 ID:X0zMHTwP0 [1/3回(PC)]
    家の暗部を書くようで恐縮だけど、、、 

    うちの婆ちゃんが呆けて暫くなる。 
    呆けたってもウンコ食ったりとか深夜に徘徊したりとかじゃなく、 
    トイレにはたまに自分で立っていける程度の軽度な寝たきりみたいな。 
    かれこれもう2-3年くらいかな?いつも揺り篭みたいな大きな籐で編んだ 
    丸い椅子に横たわって厚着してニコニコしてるんだよ。 
    赤ちゃんじゃないけど赤ちゃん的なお婆ちゃん。 
    俺も大学で実家を離れてから1年に1回も帰らないんだけど、たまに帰ると婆ちゃん 
    に話しかけるんさ。婆ちゃん元気?とかアイス食べる?とか言うとニコニコして 
    ”はい、ありがとうございます”とか”ほんにお世話になります”とか返す。 
    俺を孫とは認識してないっぽいけどwいとおしいお婆ちゃん。 
    そんな婆ちゃんと父ちゃん母ちゃんの3人暮らしの実家。 
    そこに今年の正月二日、数年ぶりに親父の兄弟、俺から見たら2人の叔父さんが 
    集まったんだ。故爺さんの家族大集合的な。 
    爺さんが元気だったことはよく正月に一族で集まったもんだけど、今回はイギリス 
    に長期赴任中の叔父さんが帰ってくるから折角だから婆ちゃん囲んで宴会しよう 
    みたいなことだったらしい。 
    言い忘れたけど実家は九州の超田舎。家の隣は藪とか裏山とかそんなレベル。 

    長兄である親父は久々に自分の兄弟達がそろうことに目茶目茶テンション 
    あがってた。中でも末弟の叔父さんは数年ぶりに日本へ帰るとかで、超久々に 
    会うこともあってか、また自分が働いて大学まで行かせる程可愛がってたせい 
    なのか前日である元日からそわそわしてるほど。おめーwwwてめえの息子よりも 
    弟に会えることの方が嬉しいんかいwwwみたいな。 
    で、二日の昼前、先ず隣の市に住んでる叔父さん(次男)夫妻と俺の1コしたの 
    従兄弟がやってきて、昼を少し回る頃にはイギリスの叔父さんも一人で(バツ1) 
    やってきた。朝からせわしく宴席の準備に奔走してた母ちゃん、そこへ助っ人の 
    叔母さん達も加わって1時前には宴会の準備が整った。

     
    【家の暗部を書くようで恐縮だけど、、、   前編】の続きを読む

    590 : 1/2[sage] 投稿日:2011/02/24(木) 20:59:03.41 ID:JpQl3CI80 [1/3回(PC)]
    知人に話すと洒落にならないほど怖くはないと判断されたのでこちらに投下 
    まとめ能力ないんでちと長いです 

    都心部も少し外れたところはコンビニが少ないので 
    行きつけのコンビニが自然と決まってくる 
    工房だった自分は一箇所をよく利用しててほとんどの店員と知り合いになってた 
    その日はたまたまレポート用紙が足りなくなって夜に買い足しに 

    年は25って言ってたかな、その時のレジも馴染みのバイトの姉ちゃんで 
    「こんな遅くに珍しいね」「あー、レポート用紙なくなって」 
    とかまぁレジで当たり障りのない会話をしたりしてた 
    すると清算してる最中に姉ちゃんがいきなり頭痛に襲われたのね 
    「大丈夫ですか?」と聞くと、数秒もないうちに「……ええ、なんとか」 
    痛みはすぐに治まったようだったからさほど気にせずに帰路についたんだ 

    で、家に帰ると何も言わずに出てたもんだから親に問いただされて 
    「あぁごめん、レポート用紙を買いに……」って袋を掲げようとしたら 
    どういうわけか自分は何も持ってないのよ、ポッケに財布の出た時のままの格好でさ 
    確かに買ったはずなのに、って財布を確認しても 
    レシートや小銭が減った形跡がまるで残ってなかった

     
    【確かに買ったはずなのに】の続きを読む

    このページのトップヘ