2016年01月

心霊動画保管庫  前編

623 : 自治スレでローカルルール他を議論中[] 投稿日:2010/10/17(日) 20:58:01 ID:lkcxch0y0 [1/5回(PC)]
心霊動画保管庫 part1 

俺は現在a○の携帯を使っているんだがどうにも 
訳の分からないことが起きすぎる。事の初めは 
俺が携帯でサイトを見てたときに始まってたと思うのでそこから話しを始める。 
少し長くなってしまうので少々お茶を飲みながら聞いてほしい。 

まず、俺の知り合いで携帯の不思議なサイトに詳しいやつがいたんだ。 
まぁ、そいつをかりにYとする。 
無料着信音楽ならここで、画像検索はここで 
っていうアングラサイト関連にあたるのかな?そんなのを知り尽くした奴がYなんだけど 
前々から俺宛にYが 
「ここのサイト面白いよ」 
ってメールを何件か送ってたんだ。 
付き合いって事もあったけど、アドレスがいろいろと興味そそるものが多くて 
いくらかサイトを見て回った。(送信してきたYはブラクラは踏まないから安心との事) 
大体みて回ったが 怖い画像系が4割。 裏ポルノ系が3割。  
あと外国のよく分からないやつが3割って感じだった。 
その中で俺はひとつこれは面白いと思ったものがあって 
Yに詳しく聞いてみることにした。俺が目に付けたのは 
心霊動画保管庫ってよくある掲示板だった。

 
続きを読む

兄ちゃんもやられてんの?

602 : 596[sage] 投稿日:2010/10/17(日) 07:05:33 ID:X7DRd8ZY0 [3/5回(PC)]
早朝から迷惑かけます 
頭悪くて文章めちゃ下手なんで流れだけサクっと書きますね 

半年くらい前にスロット打ってたら知らないおじさんに突然声かけられた 
「兄ちゃんもやられてんの?」 
突然の事だったから驚いて、最初聞き取れなかったけど、把握して 
3万くらい負けてたから「そっすね、全然ダメっす」って答えた。 
ピンクのジャケット着た小汚い人で印象的だったんすよ。 
で何を言うかと思ったらこれまた突然 
「300円だけくんねーかな?全部イカれちゃって^^;」 
何て非常識なおっさんなんだと思って「無理っす」って答えたら 
「そっか、ごめんね」って申し訳なさそうにしてた 
(何だったんだ、あのおっさん・・・)って思ってまた台に向かった 
でも数秒してから、何だかそれくらいならあげれば良かったなって思い出した 
で、おじさんの背中を追いかけるようにポッケの500円を渡した 
そしたらめちゃ嬉しそうに受け取ってどっか行ったんすよ 

続く~

 
続きを読む

俺は呪いをかけられた事がある  後編

535 : 自治スレでローカルルール他を議論中[sage] 投稿日:2010/10/16(土) 03:40:11 ID:8Rm6kYGVO [4/8回(携帯)]
子供みたいなパジャマ姿のママ電話は、松の木にべったりと張り付いて小刻みに釘の頭を叩いていた。 
俺がイメージしていた丑の刻参りとは違う。 
ママ電話はがん、がん、がんと怨念を込めて釘を打つのではなく、こんこんこんこん、こここここ……と、 
力を込めずにちょっとずつ釘を打ち、ぶつぶつぶつぶつと小声で何かを喋っている。 
その声が、異様だ。怨念やら怒りがこもるような声音ではない。 
何かをおねだりするような、甘ったるい声音。 
成人した男であるママ電話がそんな声音で 
「ね? だよね? そうだよね?」 
などと呟き続けている。 
怖さより、気持ち悪さを感じた。 
頭がイってると思った。

 
続きを読む

俺は呪いをかけられた事がある  前編

531 : 自治スレでローカルルール他を議論中[sage] 投稿日:2010/10/16(土) 03:36:25 ID:8Rm6kYGVO [1/8回(携帯)]

俺は呪いをかけられた事がある。 

呪いと言っても不発に終わった(というか失敗した)のだが、Aも出てくる話なので、書いてみる。 

諸々の事情により、働きながら学校に通う二十歳過ぎの高校生なんてものをやっていた頃の話。 
学校が夏休みになり、俺は職場、自宅、Aの家、心霊スポット、行き着けの食堂を巡る生活をしていた。 
俺には霊感の強い知り合いが何人かおり、Aというのはその内の一人で、今でもよく遊ぶ友人だ。 
  
その日仕事を終えた俺は、Aの家に向かった。 
Aの家は元は下宿寮だったとかいう古いアパートで、妙な怪談も有る曰く付きの物件だった。 
(実際には何も存在しないが) 
Aはベースで何かの曲を弾いていた。確かプリティ・ウーマンだったと思う。 
「お前、呪われてるぞ」 
その言葉は確りと覚えている。唐突にベースを弾くのを止めていきなり言われたんだ。 
ニヤニヤ笑いのAに、俺はむっとして言った。 
「呪われてねえよ」 
俺は憑かれたりすると自分でわかる性質で、その特は特にそんな感じがしなかった。 
「いいや呪われている」 
Aがからかっていると思って、俺尚更ムカついてきた。 
「見えんのかよ」 
「いや、」 
Aは携帯を開く。待ち受けを開いて、俺に言った。 
「証拠が有る」 
俺の名前が書いてあった。人の形に切り抜かれた紙に。その真ん中には、釘。 
「な、呪われてるだろ」 
ぐうの音も出ない。

 
続きを読む

爺さんが買う前に何かあったんだろ

396 : 自治スレでローカルルール他を議論中[sage] 投稿日:2010/10/13(水) 16:15:31 ID:I7ub60tE0 [1/1回(PC)]
爺さんが中古で買った戸建を、親父の世代でリフォームするときのこと 
居間の畳の下に、剥がしたらしい感じの爪が並んでたらしい 
並んでたって言っても、横じゃなくて、縦だって。 
畳の下の床板にタテにはさまってて、畳に食い込んでた後もあったって 
かなり黒くなってて、血らしいのもついてて 
一番いやなのは、枚数が15枚もあったってこと 
あと、そのリフォームした家に今も住んでること 
親父は、「爺さんが買う前に何かあったんだろ」としか認識してない 
いやすぎる

 
続きを読む

精神異常者の病院と戦前の隔離施設  後編

118 :本当にあった怖い名無し:2006/05/20(土) 12:38:50 ID:ysbCQ1CF0 
俺と兄貴には呪いがかかってるらしい。 
話によると俺は包丁とか持っていたから 
兄貴は箱を触ったかららしい。 
兄貴のほうが強い呪いだってさ。 
箱の呪いは、昔同じように箱の中に子供のヘソの緒?とか色々入れてやる呪いがあって 
それを改良したんじゃないか?って神主さんは予想してた。 
いちおう半日かかって呪いは解いてもらったんだけど・・・ 

ほかの友達にもやったほうがいいって兄貴は言ったらしいんだ。 
でも・・・連絡つかなくなってたって・・・ 
家族が言うには昨日から帰っていないとさ・・・ 
もう兄貴と俺は「おわったな」って思ったよ。 
んで、図書館で病院のことについて調べた。 

 
続きを読む

精神異常者の病院と戦前の隔離施設  中編

992 :本当にあった怖い名無し:2006/05/19(金) 18:18:11 ID:siqubTnR0 
そして院長室のドアを開けようとしたら 
さきほどの変な液体がついた。 
もう無視してドア開けた。 
そうしたら大量のゴキブリが正面から飛んできた。 
まじでやばいほどの量。俺は発狂して回った。 
兄貴はエアガン撃ちまくってた。 
んでゴキブリがいなくなった。俺はもう何がなんだかわかんないで兄貴の服掴んでた覚えがある。 
中に入ったら床に白衣?らしきものが落ちてた。 
その白衣が思いのほか綺麗だったんで戦利品だと思い、白衣を取った。 
そうしたら白衣の↓に・・・ 
さっきの包丁と同じ白い粉があった。今回のは粉というより塊に近い。 
俺は瞬時に理解した。 
これは骨だ。 
間違いないと思った。俺はその場で泣き崩れてしまった。 
兄貴たちは俺を置いて奥へ入っていった。 


続きを読む

精神異常者の病院と戦前の隔離施設  前編

792 :とりあえず:2006/05/18(木) 20:16:00 ID:+JqAJunX0 
兄貴と兄貴の友達と俺でガチで廃墟(精神異常者の病院と戦前の隔離施設)に行ったことがある。 
各自装備を整えて戦利品?を持ち帰ろうという企画だった。 
それも大人数で行った。正直俺と兄貴も知らないやつも混じってた。 
まぁ兄貴の友達の友達だろうと思ってた。 
んで決行は深夜(それも真冬)の0時。俺と兄貴たちはガチでヤンチャだったから何も心配などしてなかった。 
実際、兄貴はエアガン装備で金属バットを持って行ったし。まぁ今じゃあ犯罪者だなw 
集合時間になって原チャで特攻。 
まずは精神のほうに行った。そこはかなり荒れてて、注射器とか手錠?みたいなものがたくさん捨てられてた。 
んでとりあえずそこらへんの病室に入った。そこには拘束具のついたベッドがあった。 
これがガチでやばかった。まず爪大量に散らかってた。あと髪の毛も大量。 
なんか兄貴たちはハイテンションでまったくビビってなかった。俺はガクブル。遺書らしき紙?を戦利品にゲットした。 
封筒だからそのときは「金でもはいってんじゃね?ww」とかいいながらゲットした。 
んで部屋から出るときに俺は壁を見てみたらこう書いてあった。 
「ころすころすたべてやるたべてやるみんなたべてやる」「ここからだせだせだせだせだせ」 
俺は死にそうになった。兄貴たちに部屋からでたあとに 
「兄貴、やばくね?ここ。さっき壁にやばいこと書いてあったよ?」 
が・・・兄貴は信じてくれず・・・笑ってスルー。 
次はなんか頑丈そうな部屋があった。 

 
続きを読む

これ殺人未遂だよ

340 :名無しさん@十一周年:2010/10/11(月) 14:02:30 ID:2wHOVmxP0 
日本人の命より舞う国様 民○党がひた隠すビデオの内容 

海保船舶が横付け。海保職員が乗り込む。 
その後、中国船舶が突如離船。 
取り残された海保職員が中国人船員に飛び蹴りされて中国船舶から 
海中に突き落とされる。 
海に落ちた海保職員を潰すように、中国船舶が進路変更。 
海保職員が必死に泳いで逃げるのを執拗に銛で突き殺そうとする中国人船員。 
海保船舶が海保職員を救出するため停船し救助に乗り出す。 
その後ろから中国漁船が溺れる海保職員に乗り上げ、海保職員が海の中に 
沈んで見えなくなる。 
その後、浮かび上がった海保職員は海保船舶に後部から担ぎ上げられる。 
這い上がる海保職員めがけて数秒後に漁船が全速力で海保船舶の後部から 
衝突し、海保側の船体が大破。 
ビデオを見た日本側関係者は異口同音に「これ殺人未遂だよ」と呻くように 
言ったらしい。

 
続きを読む

もーいいかいー

308 : 自治スレでローカルルール他を議論中[sage] 投稿日:2010/10/12(火) 19:12:18 ID:8n/w3aqX0 [1/1回(PC)]
俺が小学生の時の話。 
家の近くに結構広い森林があって、そこで友達と二人で遊んでた。 
しばらく遊んでると、急に雨が降ってきた。 
最初は別に気にしないで遊んでたのだが、どんどん強くなってきたので、近くの駐輪場の屋根の下で雨宿りすることにした。 
雨宿りを初めてしばらくすると、森の奥から小さな男の子の声で 
「もーいいかいー」 
って声が聞こえてきた。一度だけじゃなく、何度も。 
この声がとても不思議だった。大雨の中なのに、森全体に響き渡るような声だった。 
そして、「もーいいかいー」の声は何度も聞こえてくるのだが、一向に「もーいいよー」の声が聞こえない。 
何よりおかしいのは、こんな大雨なのにかくれんぼをしようとすることだ。 
俺は怖くなってきた。 
でもその時、度胸の据わった友達が、「もーいいよー」と返した。 
その瞬間、声がぴったりと止んだ。 
あれはなんだったのかわからない。

 
続きを読む
スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
速報では無いけれど,怖い話,不可解な話,悲しい話等,カテゴリー別にオカルトな話題毎日更新中!
スポンサードリンク
メールはこちら