2015年09月

    61 : 本当にあった怖い名無し[sagr] 投稿日:2010/03/25(木) 23:31:29 ID:WUxbOc040 [1/1回(PC)]

    現在、故あって求職活動中で某集合住宅の最上階に住んでいます。 

    一昨年の秋頃、隣室からと思われる異臭が日々強くなってきているので 
    管理事務所に通報。 
    警察の方が来て調べた結果、隣室の方は亡くなっていました。 
    夏に部屋を閉め切って、クーラーをつけたままの状態だったので、臭いが 
    漏れにくく、発見が遅れてしまい、死後3ヶ月は経っており、なかば溶けていた 
    との事。 

    そんな事があった隣に住んでいるのは正直気分良くはありませんでしたが、 
    もっと早くに通報していてあげれば良かったと申し訳なさで一杯でした。 
    (後からその方が私と同い年であると聞きました。) 

    >>続く 

     
    【死神が居て、私の部屋は通り過ぎていってしまった】の続きを読む

    10 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2010/03/20(土) 04:04:48 ID:pr0+H70j0 [1/1回(PC)]
    杉沢村は存在しますよ 
    テレビは本当の場所は公表しません 
    何故なら心霊スポットより危険だから 
    例えば、杉沢村の場所は人の土地で勝手に入れば住居侵入になります。 
    後は本当の呪われてる村なので樹海に行くより危険で公表しないだけだと思います。 

    吉田村伝説は宮城県の作並温泉の方向に存在します。 
    仙台市青葉区大倉字上下に吉田村があると都市伝説の研究家が証言しております。 
    廃屋の探検家の人間が仙台市青葉区大倉字上下には主に山中で廃村になった場所が何ヶ所かあると言ってます。 
    鎌や猟銃を持って追いかけて来るそうです。当然ですが心霊村です。 
    吉田村の心霊難民は両手を合わせて拝んでるそうです。 

     
    【吉田村伝説】の続きを読む

    1 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2010/03/20(土) 09:18:55 ID:HltwvvZP0 [1/3回(PC)]
    岐阜県恵那市の大船神社境内で、人間の絵の周りに「鬼」の文字が書かれ、くぎが打ち付けられた 
    珍しい木簡が出土していたことが19日、分かった。 

    同市教育委員会は「悪霊を封じ込め、人々の安全を守るため、地元の有力者が自らを犠牲にした 
    構図を考えたのではないか」と推測。くぎはさびて折れていたが、断面が円形であることから 
    明治時代に導入された洋くぎの可能性が高いという。 

    市教委によると、木簡は長さ約12センチ、幅約7センチ。人の全身が描かれ、両手足の横に 
    それぞれ「鬼」の文字が書いてあった。体の中心には「原」などと読める人名があり、 
    周りには呪文らしき文字が添えられていた。 
    出土したのは、境内にある推定樹齢約770年の「弁慶杉」の根元。2008年4月に 
    土の入れ替えをしていたところ、焼け焦げた木簡が出土した。 

    大船神社は約千年前に真言密教の修験者により開かれ、山岳信仰の場として知られた大船山の山頂近くにある。 

     
    【どうみても殺す気で頑張った呪咀です】の続きを読む

    919 : 公衆電話[sage] 投稿日:2010/03/24(水) 15:06:58 ID:IY/UaX5x0 [1/2回(PC)]
    中学校の頃、良くつるんでいた友達がいた。 
    そいつとはよく山に自転車で登って、2ケツで後ろの方は後ろ向きで座って急降下したり、 
    (ブレーキが熱くなりすぎて利かなくなったときはどんなジェットコースターより怖かった) 
    夏休みには迷宮組曲とかいうゲームを一週間かけてクリアしたりと 
    まあ毎日のように遊ぶ仲だったんだ。 

    ある日そいつと、どこで知ったかは忘れたが、ある3桁の番号を公衆電話で押すと 
    受話器を戻して少ししてから公衆電話から電話がかかってくる。という情報を手に入れた。 
    たしか、開通したかを確認するための機能だったような。 

    実際試してみると確かにかかってくる。 
    (音はジリリリリンジリリリリンだかプルルルルンプルルルルンだか忘れた) 
    受話器を取っても何もならなかったはず。 
    ただ、結構不気味だ。 

    それで、ふたりして面白がって夕方から町中の公衆電話でこのいたずらをすることにした。 
    といっても、田舎の町なんで、公衆電話がある箇所はかなりの間隔があり 
    夏だったが、4,5箇所くらい回ってるあいだにかなり暗くなった。 
    暗い中、ジリリリリンジリリリリンとなる公衆電話は、それだけでかなり怖い。 
    ふたりして「ヤベッェ、ヤベッェ」言いながらいたずらしてた。 
    かなりテンションが高かった。 

     
    【公衆電話】の続きを読む

    798 : 怨みの卵[] 投稿日:2010/03/22(月) 07:36:12 ID:xVUCmkxR0 [1/2回(PC)]
    怨みの卵 

    中学校の修学旅行の時、怖い話をみんなで持ち寄ろうってことになったんだけど、 
    私はみんなが知ってるような話しかしらなかったので、祖母に教えてもらった話です。 
    みんなに聞かせる話だって前ふりをしていなかったので、その話は事情により、 
    結局、みんなには話せなかったのですが...。 

    祖母が母に聞いたおばちゃんの話なので、 
    族柄表記だとややこしいため、 
    祖母の母の母親・・・たえ 
    祖母の母の姉・・・ちよこ 
    祖母の母・・・よしこ 
    と、仮名にて話をすすめます。 

    祖母の母よしこには5つ年上の姉ちよこがいたそうなのですが、隣村の若い連中に○り者にされ、 
    身ごもってしまい、それを苦にちよこは自殺したそうなんです。 

    たえは、怒り悲しみ、半狂乱になって、隣村の連中に詰め寄りましたが、 
    そいつらは部落の娘が勝手に孕んで死んだもん、知るかって取り合わなかったそうです。 
    もちろん娘から聞いて真実を知る母たえですが、当時の差別的な環境下では 
    どうすることもできず、ただ怨み呪うことのみだったそうです。 

    続く

     
    【怨みの卵】の続きを読む

    784 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2010/03/22(月) 01:56:35 ID:TsqGZo1N0 [4/6回(PC)]
    亀でゴメン  

    4mぐらいの位置で俺は歩くのをやめた。 
    というより後ずさってさっきの場所まで戻った。 
    車の中には二体。 
    顔が半分ひしゃげた女性と爺さんの首だけがプカプカ。 
    あと車の上に婆が必死にしがみついていた。 
    コンタクトいれても視力が悪い俺でもはっきり見えた。 
    「ヤバいな」 
    「ヤバい」 
    弟と遠巻きに観察していた。 
    三人?はこっちをじっと見つめていた。 
    これはこれで怖かったが車を離れようとはしなかったので安心していたw 
    Nは気絶しているようだった。 
    どうしようにもできなかったので別の道を歩いて帰った。 

     
    【レーダーが異常を感知した  後編】の続きを読む

    773 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2010/03/22(月) 01:17:50 ID:TsqGZo1N0 [1/6回(PC)]
    去年の夏休みに俺と同級生のN、弟、T先輩と深夜にドライブにいった。 
    NとT先輩は弟の部活の先輩になる。 
    三時ぐらいから田舎の道を先輩の車で乗り回してた。 
    助手席にN、後部座席に俺と弟が乗ってた。 
    んである橋を渡ってある交差点に差し掛かった辺りから俺のレーダーが異常を感知した。 
    このレーダーたまにしか発動しないんだけれど、発動したら最後必ず何かしら起こるw 
    弟は知らんがたまたまヤバいと感じたらしく俺のほうをチラチラ見ていた。 
    だんだん感度が上がっていき、呼吸が乱れて寒気がしてきた。 
    「これはヤバいだろ」 
    と思ったのでT先輩に車を停めるよう頼んだ。 
    先輩は路肩に車を停め、不満そうな顔で俺を見てきた。

     
    【レーダーが異常を感知した  前篇】の続きを読む

    767 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/03/21(日) 22:27:18 ID:6FosvROF0 [1/2回(PC)]
    三年程前に、一人暮らしをしていたマンションで怖い体験をした。 
    7階建てで1フロアに5部屋というこじんまりとしたマンション。 
    俺は403号室に住んでいた。 
    間取りは2DK。玄関を入ってすぐ右側の部屋を俺は寝室に使っていた。 
    仕事から帰ってきて寝るまでの時間は、ほとんどダイニングでPCを使ったり、 
    TVを見たりして過ごしていた。 
    俺は飲食店で働いてるから、自宅に帰るのは早くても午前1時過ぎくらい。 
    マンションの周りは住宅街で、少し歩けば大通りもある。静かだけど、深夜でも特別寂しいという 
    雰囲気ではない。 
    帰宅してからの俺の行動パターンは大抵こんな感じ。 
    寝室で寝巻きに着替える→TVとPC起動→飯食う→風呂→3時ごろ就寝 
    毎晩寝床に入ってウトウトしていると、部屋の窓の向こうから「ガガーッ」という、 
    エレベーターの開く音がする。そして「コツコツコツ・・・」という足音が聞こえる。 
    これはほとんど毎晩だった。少し深夜にしては足音がデカイかな?と少し気にはなっていたけど、 
    次の日の朝にはそんな事忘れていた。

     
    【マンションで怖い体験】の続きを読む

    727 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2010/03/21(日) 02:53:53 ID:AEBskdDs0 [1/2回(PC)]
    前すんでたマンションの話 
    あんまり派手な話じゃなくて申し訳ないんだけど…。 
    でも俺の人生で一番怖かった体験だ。 

    もうやめたんだがバイトが忙しくて、帰りが遅かったんだ 
    具体的には乗るのが終電とかだから、家に着くのは一時とか。 

    だけどその日は先輩と飲んでて、明日もバイトだって言ったら 
    家まで送ってくれたんだ。 
    家についたのは三時くらい。 

    車から出てふと自分の部屋を外からみたら(見えるのは部屋のベランダ側) 
    部屋に電気がついてたんだ。 

    俺は「うわやべ、消し忘れたか。馬鹿やっちまったなー」 
    くらいの気持ちだった。

     
    【誰がそこにいたんだろう…。】の続きを読む

    667 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2010/03/20(土) 01:01:16 ID:dnuXN9YS0 [1/2回(PC)]
    俺が子供の頃体験した話です。 


    ある夜(多分真夜中?)、気がつくと家の近くの神社にいました。 
    5~6歳だったんだけど、どうしてここにいるのかなあと思いました。 
    でも、子供だから早くお家に帰らなきゃと家に向かいました。 
    歩いて気付いたんですけど、なぜか裸足でした。 
    足は痛いし早く家に帰りたいし、何で真夜中に神社にいるのかも分からないしで混乱しまくり。 

    ふと気付くと、真っ黒なモヤモヤ(影みたいなものの塊)がずっとついて来ます。 
    そのモヤモヤは、ワーワーガヤガヤ言いながら、ずっと家までついてきました。 
    何を言ってるのかは分かりませんでした。(喧騒のような感じ) 
    家について、自分の寝床に入りました。 
    当時は両親の間に自分の布団があって、挟まれるように寝てました。 
    そのモヤモヤは寝床に入っても、自分や両親の頭の上でずっとウジャウジャしながら 
    相変わらずワーワー言ってました。両親は全く気付いてないようでグーグー寝てました。 

     
    【なんで神社に夜中一人でいたのか・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ