2015年09月

キヒサル

626 : ヒキサル[] 投稿日:2010/06/03(木) 12:53:10 ID:VuhDpZH+0 [1/3回(PC)]
僕の好きな話 

ずいぶん昔に聞いた話なので、ところどころ記憶が曖昧なのですが、ヒサルキ 
という名前に共通点があると思うので、書いてみます。 

村の年寄りから、キヒサル(キヒザル)という話を聞いたことがあります。 
聞いただけなので字は分からないですが、話の内容からすると「忌避猿」とな 
るのかもしれません。 

キヒサルは群れからはぐれた猿を狙って体の中に入り込みます。乗り移られた 
猿(以下キヒサル)は獣を殺し、その肉を食うようになります。また、その外 
見を利用して猿の群れに近づき、手当たり次第に殺して食べます。

その食欲は尋常ではなく、キヒサルが現れた山では獣の数が一気に減るとまで
言われています。結果、山には獣の死骸がゴロゴロ転がることとなり、それで猟師や杣は 
キヒサルの存在に気付くのです。 

共食いをするキヒサルを、特に猟師は忌み嫌います。 
ただ、トラバサミや柵で捕らえても、キヒサルの本体(ヌシ)は乗り移った体 
(グヨリ?)から逃げてしまいます。(そんな時、残されたクヨリは抜け殻の 
ように、がらんどうになっているそうです。)また、鉄砲で撃ってもキヒサル 
は、なかなか死にません。

 
続きを読む

高尾山

581 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/05/28(金) 12:46:04 ID:cpVvWcwo0 [1/2回(PC)]
数年前の話なんだけど、実際にあったこと 
オチとか特に無いし、怖いわけじゃないかも 

高尾山ってあるじゃん、紅葉で有名なところね 
数年前、母親と二人で高尾山行ったんだよ 
紅葉の時期でも山桜の時期でもなくて、いつだったっけ…忘れたけど 
とにかくその日は、空気がひんやりしてて今にも雨降りそうで 
山道にも真っ白な霧がかかっててる、そんな天気でさ 
登山客も私たちの他にはほとんど居なかった 
普通に売店とかはやってるけど、そこから離れると本当に・・・ 
なんというか、霧があることもあって、昼間でも薄暗くて神秘的な雰囲気。 

まあ、そこを二人でお喋りしながら歩いてたわけなんだけど 
夕方頃になって唐突に、なんかの音色?が聞こえてきたんだよ 
和楽器っていうか、細い笛の音だった 
あれ?って思うけど、母親の方を見ても気づいてすらいない様子で歩いてた 
気のせいかな、って思ったけどやっぱり音色はするし・・・ 
不思議に思ってたら、だんだんそこに他の楽器も混じり始めて 
結局、小さなお囃子みたいな音がずっとしてた 
そんなに遠くは無くて、でも凄く近いわけじゃない場所からしてたな

 
続きを読む

山の神様に仕える人だったのかもしれない。

469 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/05/23(日) 13:54:54 ID:+XiUBv090 [1/5回(PC)]
1年前の冬。 
友達二人と山道をドライブをしていると、途中でエンストしてしまう。 

携帯の電波が届かないような場所だったので、どうしようかと半パニックになる。 
とりあえず「擦れ違う車を発見したら助けを求める」という結論で一致した。 

暫らくすると“ロングコートを着たスーツ姿の男”が歩いてくるのが目に入った。 

明らかにおかしい。 
ここまで2時間は走ってきたが、あんなヤツは一度も見なかった。 
そもそも、こんな山道を歩いている時点で異常である。 

私達は車に乗り込んでやり過ごすことにした。 

コンコンと窓を叩かれ、そちらを見ると男が立っている。 
パワーウィンドウが動かず、かといってドアを開けるのも怖いのでガラスごしに話した。

 
続きを読む

7人ミサキ  後編

447 : 441[sage] 投稿日:2010/05/20(木) 21:17:57 ID:evx67z7I0 [3/4回(PC)]
下山途中、7合目(?)辺りに登山時には見つからなかった山小屋を発見 
こちらは煙突から煙が上がって人の気配がする 

中に入るとマスターが朝食の準備をしているので、爺さんが事情を話すと 
昨日から登山者も下山者もおらず、爺さんが最初だという 

そこで爺さんが昨夜からの8合目の山小屋に7人位の集団がいたことや 
山頂に人数分のリュックが放置してあったことを伝える 

するとマスターが顔を曇らせて、この山には此処より上に山小屋は存在しない 
二度とこの山には登らない方が良いです、二度目は無いです、との事 

爺さんが驚いて、えっ?どういう事?と訊く

 
続きを読む

7人ミサキ  前篇

441 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2010/05/20(木) 11:33:56 ID:evx67z7I0 [1/4回(PC)]
1、2年前位の書き込みで 
爺さんが元旦の初日の出見るために夜、山に入って明け方近くに山小屋で 
7人ミサキみたいな謎のパーティーに遭遇するっていう話がメチャクチャ怖かった

 
続きを読む

あの時の先生は・・・誰?  後編

345 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2010/05/12(水) 06:31:21 ID:bHPZ+yyX0 [4/5回(PC)]
続きです 

で、ここからやっと霊的な話です。 
友達と2人でおどおどしながら急斜面を登ろうと 
していると上の道の方から誰かが灯りを灯して 
歩いてくるんです。 
人だ!と思って安心・・はしないですよね。 
夜の暗い森に近づいてくる灯りと足音。 
そりゃもう怖くて友達と顔を見合わせて息を殺して 
通り過ぎるのを待っていました。 
すると足音は僕たちの上で止まり灯りをこちらに 
向けて「良かった!やっと見つけた!心配したんだぞ」 
と言われその人を見ると僕の担任の先生でした。 
それからはロープを下ろしてもらい無事森を下りる 
ことが出来ました。 
親にはこっぴどく泣かれながら叱られました。 

続きます

 
続きを読む

あの時の先生は・・・誰?  前篇

342 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2010/05/12(水) 06:20:33 ID:bHPZ+yyX0 [1/5回(PC)]
もしかしたらスレチかもしれないですが書きます。 

この話は僕が小学生の頃に体験した話です。 
何年前かは歳がばれるので伏せておきます。 
すみません。 

僕の通っていた小学校の裏には大きな森があり、よく休み時間 
や授業なんかでも入っていました。 
(最近は危ないからという理由で小学生は入れなくなってしまいました) 

僕は小さい頃から霊感がありたまに見えたりしていました。 
当時は確か小学3、4年生だったはず・・・。 
放課後に友達(K君)と2人で森で遊んでから 
帰ろうという事になりました。 
森は3ヵ所から入れるルートがあります。 

1.グラウンドの奥から入る正規ルート 
2.崖から登る危険ルート(一歩間違えば氏) 
3.校舎から少し離れた正規ルート 

僕たちは1番の道から行くことにしました。 
途中木の棒なんかを拾い周りの木を叩いたりして 
森の頂上まで行きました。 
(頂上までは小学生の足で歩いて20分くらい) 

続きます

 
続きを読む

妖怪は崇められなくなって零落した神である

522 1/2 sage 2010/05/09(日) 23:34:29 
自分は某アニメに出演した、とある妖怪で 
有名な里の隣町に住んでいます。 

今日は天気が良かったので、 
家の近くにある自然公園に、桜を見に行き 
ました。そこは公園とはいうものの、 
あまり人が居ないため、手軽に山歩きを 
体験できる場所でした。 

いつものように公園の奥に向かう途中、 
何か気配がしたんです。ですが同じ事が 
何度と無くあったので、特に気にせず、 
目的の場所に向かいました。 

桜を見、帰ろうとした時、何か胸騒ぎがしたので 
普段から暗唱しているお経を唱えながら、 
来た道を戻っていました。 
そしたら・・・十メートルぐらい先に、 
何かが見えました。 

目を凝らすと、木の影から人の頭くらいの 
白いものが覗いていました。 
それは、大きさ以外はジブリに出てくる 
コダマに似ているように見えました。

 
続きを読む

家族にその沼の話をしても 誰も覚えてない

309 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2010/05/08(土) 18:06:43 ID:11WOBBs+0 [1/2回(PC)]

私が小学2年生の時、家族で県内の山にキャンプにいった。 
怖かったのはその帰り道。 
車で山を降りて行くはずだったのだが、 
普段どんな山奥にきても道に迷うことなんかなかった父が 
地図を片手に悩んでいる。 
しばらく走り続けたけどなんだか同じ道を走っているようで、 
車内の私たちまでどんどん不安になっていった。 

すると、父が「滝がある」といって突然車を止めた。 
確かに~滝(名前は失念)と書かれた看板がある。 
いい加減車に酔って全員が疲れていたから、 
一旦休憩しようと車を降り、滝を見に行くことにした。

 
続きを読む

鎌倉

 90 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2010/04/10(土) 18:37:41 ID:DY1NjKvP0 [1/1回(PC)]
亀だけど鎌倉ってどこ掘っても骨がでてくるとか 
色々アレな場所らしいね 
おお怖い怖い

 
続きを読む
スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
速報では無いけれど,怖い話,不可解な話,悲しい話等,カテゴリー別にオカルトな話題毎日更新中!
スポンサードリンク
メールはこちら