2015年05月

    401 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2009/08/03(月) 02:45:20 ID:jeDjWdrG0 [1/3回(PC)]

    小学2年生の時の話です。 

    ある日、急に指が痛くなった。右の小指の先っぽが。 
    別に何をした訳でもないんだけど、妙にズキズキする。なんでかな~と思ったけど、
    そんなに痛くなかったから2、3日放っておいたんだ。 

    そしたら日に日に痛みが増して、腫れてきた。その腫れ方も何か変で、
    小指の先だけ黄色くなってパンパンに腫れてた。 
    怖くなって親に見せたんだけど、


    「また怪我したの?馬鹿ね~」


    で絆創膏貼って終わり。 
    お母さん、傷もないのに絆創膏って...orz 

    まあそんなんで治る訳もなく、小指を腫らしたまま連休明けの学校へ行ったんだ。 
    指はちょっと触れるだけでもすごく痛くて、絆創膏の上から自分で包帯をグルグルに巻いてた。 

    友達や先生に心配してもらってちょっと嬉しかったw 

    だけどその日は不運にも図工の時間があって、
    葉っぱとか枝でオブジェみたいなの作らなきゃいけなかった。 
     
    誰も手伝ってくれない中(まぁ当たり前か)、包帯でグルグルになった小指を庇いながらモタモタと
    作業してたのだけど、そこへようちゃんがやって来た。
     
    【し ば ら く 黒いのは溜まらないから大丈夫だよ】の続きを読む

    373 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/08/02(日) 11:04:06 ID:J4lNicKTO [1/3回(携帯)]

    中1か中2位の時(7~8年前)の話。何年か前に2chで書いた時にも、
    明確な答えが解らなかったのでもう1回書く。 


    田舎で静かな所暮らし。 
    その時は真冬の夜9時か10時位で、ボタン雪がシンシンと降ってた。 
     
    お母さんにお隣さん家まで回覧板回す様に頼まれて外に出てみると、外が一面の淡いピンク色だった。 
    夜中にも関わらず、昼間の様にとはいかないけどハッッキリ辺りが見える程明るくて、
    空一面が本当に淡いピンク色。(ピンクに灰色を足した感じ) 


    訳が分からず、 
    ?!(  ゜д ゜ ) 


    な感じで固まってたら、5分位かけてじっくりゆっくり暗くなって来て、
    10分位でいつも通りの田舎の暗闇になった。(懐中電灯が無いと何も見えない) 

    夜中のくせに嘘みたいに明るくて、淡いピンク色の景色の中降り頻る雪景色は凄く幻想的だった。 

    こないだの日蝕?の様に、特別な気象条件で起こる何かだと思ってるんだけど、
    誰か説明出来る人いない? 


    『霧で電球の明かりが~』


    は有り得ない。霧モヤは見慣れてるし、雪の夜中に霧は出ない(ウチの地域は)し、
    夜中にピンク色の電球付けてる所も無い。 

    『空の一部が』ではなく『空が』なので、確実に私以外の人も経験してるハズ。 
    何ていう現象なのか分からずずっとモヤモヤしてる。 
     
    【空一面が本当に淡いピンク色】の続きを読む

    358 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2009/08/01(土) 15:29:17 ID:ksD8of4VO [1/1回(携帯)]

    いま、たった今すごい不可解なことが起こった。 
    今日は仕事休みで、部屋でガスガンのメンテナンスをしてたんだ。 

    先に説明しておくが、俺の部屋は2階にあり、部屋の真下は玄関になっている。 
    で一番お気に入りのベレッタM92FSの番になったときなんだけど…。 

    弾倉を外そうとしたら手が滑って床に落としそうになったんだ。 
    というか、落ちた、はずだった。 
    ガスガンの弾倉って、重りの役目もあってかなり重いのね。 

    しかもガスを入れる本部でもあるから、落下には気をつけなきゃならない。 

    で、落とした瞬間、あっ、と思ったら、弾倉が消えてる…。 
    直後に、下の玄関辺りからゴンッゴゴンッてなにかの落下音が。 

    頭ん中が?マークだらけで下に降りてみると、玄関に弾倉が転がってる…。 

    今少し落ち着いたけど、ちょい前までマジで混乱状態だった。 
    人生初の不可解過ぎる体験だ。こんなこと、あるんだな。

    284 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/07/28(火) 16:30:30 ID:W13ceBUOO [1/1回(携帯)]

    自分のグループの友人たちが決まって何かしらの霊体験をしている。 

    金縛り+生首とか、実家に通り道があるとかラップ音とか大小様々だが、 
    全員が当たり前のように心霊現象を体験している。俺以外。 


    自分はオカルトがものすごく好きだけど、悲しいことにそうゆう経験は全くない。 
    最初は友人それぞれの嘘とか冗談の類だと思ったがここまで揃うと羨m…気味が悪い。 


    今日だって2種類の選択授業の講習のうち、 
    俺がとってない方の教室でお化け騒ぎが発生してたらしい。もちろん友人たちはそこにいた。 

    …なんで俺のとこにだけきてくんないんだよう。 

    あの子らよりずっとずぅっとおまいらを愛しているのに。ちくしょう

    272 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2009/07/27(月) 21:23:58 ID:ePe+8ubtO [1/1回(携帯)]

    家族で車に乗って出かけた日のこと 
    めったにこないところを走ってたから、家族で「


    新しい店ができたんだ~」


    とかあれこれ言い合いながら外を眺めてた。
    そしたら、さっき通った場所と全く同じ風景が窓の外に見えた。 


    「ここさっきも通ったよね」


    と母が言った。たしかに、電気屋もスーパーもさっき見たのと全く同じところにあった。

    父も母に同意した。 

    一本道の道路をずっと走ってて、
    右折も左折もしていないのに同じところを繰り返し走ってたのが不思議だった。 


    説明下手ごめん

    250 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/07/27(月) 11:03:01 ID:ut/FHQwY0 [1/2回(PC)]

    小学生の時、玄関に飾ってた祖母の日本人形に手を囓られた。 

    びっくりしたし怖くて泣いて祖母や母親に訴えたけど大して信じて貰えなかった。 
    ただあんまり泣いて恐がって
    夜は玄関横のトイレに行けなくなったもんで人形は祖母の部屋に片づけられた。 

    それから20年近く経っていきなり夢にその人形が出てきた。 

    意地悪して悪かったけどアンタしか見えないんだから連れて帰ってと泣いていた。 
    目が醒めて薄気味悪いなーと思っていたら着信。 
    明け方の時間にほぼワンコールで出たので母が驚いていた。 

    入院していた祖母が他界したので今夜がお通夜、葬式までに帰ってきなさいと言われた。 

    翌朝実家に戻ったら布団の祖母の遺体の枕元に例の人形が飾ってあった。 
    祖母の嫁入り道具だったらしいのでお棺に入れる、と母と叔父が言っていて、 
    葬儀屋の人間は今は遺体以外を焼くのはよくないからと
    良い顔しなかったけど別料金?で依頼したらしい。 

    これが去年の今頃の話。 

    祖母の新盆に実家に行ったら玄関に焼いたはずの人形が今実家にある 
    母に聞いてもそんなものはない、と言われたので玄関見直したらやっぱりなかった…
     
    【日本人形に手を囓られた】の続きを読む

    246 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/07/27(月) 06:27:34 ID:NdVlbT0gO [1/2回(携帯)]

    5年生のとき、遠足で登山した。 

    登ったのは地元の山で6年生と合同の遠足だった。 
    山頂より少し下に広い場所があったからそこで昼の休憩になった。 
    弁当を食べていたら誰かが騒ぎはじめた。 

    6年の女子が地面に扉があるのを見つけたと言っていた。 
    見つけた子が泣いていて、見たら、隣の子だった。 
    隣の双子姉妹の、姉だか妹だか忘れたが片割れがソレを見つけたらしい。 

    見つけた方は先生と何か話してたが、もう一方は忙しくなさそうだったから話を聞いてみた。 
    そうしたらその扉に案内してくれた。 

    地面というか木の根の股に小さな観音開きの扉があった。 
    扉は開いていたはずだが中がどうなっていたかは忘れた。 

    拳をねじこもうとしたり指を入れてみたりしたが扉が小さすぎて拳が入らなかったことしか覚えていない。 
    そのうちどこからかセミの声のような音がしはじめた。 
    遠足の時期は11月ごろなのでセミがいるわけがない。 

    耳を悪くしていたため音源は分からなかったが、隣の女の子は扉から音がすると言った。 
    こわくなって逃げた。



    247 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/07/27(月) 08:41:49 ID:3nZvdrvu0 [1/1回(PC)]

    山ねずみロッキーチャックとか14匹のひっこしとか 
    ロードオブザリングのホビットの家とかを思い出してしまった。

    313 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/07/25(土) 23:32:34 ID:BM1ALL6T0 

     大学のときの先輩(女の人)ですごい人がいたなぁ。 
     シリーズどころか、ひとつしかエピソード知らないけど。 

     自分の友人(男)も霊感がある。思念の存在している場所が感覚でわかるらしい。 


     「ほかに、誰が霊感強い?」


     と聞いたら、開口一番


     「F先輩はすごいね」。 


     彼に言わせれば


     「いるな」


     とわかる程度のレベルではないそうだ。 


     「霊が見えるんですか?」


     と本人に聞いてみたら、いっつもにこにこしているF先輩が、口調も顔も変えず 


     「いやーあんなの気にしてたら生活できないですよ」


     と、さらっと答えた。 マジビビッタ。 

     当時、ひとり暮らしだったF先輩のエピソード。 
     ある日、夜中の一時に、友人が来る用事があったそうだ。試験対策用のノートを取りにくるとか何とか。 
     で、起きてた。のに気づいたら 

     二段ベッドの上で寝ていた。 

     そんなところで寝た記憶はない。というより、上の段で横になることはない。 
     ベッドを持ちこんだはいいが、天井が近すぎて圧迫感があったかららしい。 

     目ざまし時計は壊れてた。ひっきりなしに針がぐるぐると回っている。 

     部屋で唯一の時計だったので、そのときの時間はわからなかった。 
    (十五年くらい前の話で、当時携帯はほとんど普及してなかった)。 

     不思議なのは寝方だった。左腕をまっすぐ垂直に上げていた。 
     で、薬指の根元――手の甲の側に、きれいな正三角形の傷痕があって、血がつうつう滴り落ちてた。 
     血はなかなか止まらなかったそうだ。結局その日、友人が来ることはなかった。 
     F先輩とボウリングで会ったとき、


     「左手の包帯どしたんですか?」


     と聞いたら、この話をしてくれた。 
     いつも通りのにこにこした顔と口調で。 

     世の中にはマジもんがいるんだ、と信じるようになったのは、F先輩のおかげ。

    221 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/07/26(日) 00:24:10 ID:gCkkFK5SO [1/3回(携帯)]

    オカルトとかいうレベルでもないので、スレチだったらごめんなさい。 
    数年前、車の免許とりたてだった頃の話。 

    夜に海沿いの国道を走っていた時のこと。 
    人気がなくて道幅も広いから、そこを通る車はみんな80km/hくらい出す。 

    当時初心者だった私は夜道が怖くて、後ろに誰もいないことを確認してからアクセルを緩めた。 
    その途端、なぜか後ろから青い光が。まるで車の青いヘッドライトで照らされたような感じ。 

    しかしバックミラーを見直しても後続車なし。
    ついさっき通り過ぎたラブホに動画の流れるスクリーン看板があったけど、
    映ってるのは赤と白を基調にしたCM。 

    なんだこれ?とか考えてる間に光は消えた。たぶん10秒くらいだったと思う。 

    それだけだった。後日なにが起こるわけでもなく、本当にそれだけ。 

    あれは何だったんだろう。
     
    【後ろから青い光】の続きを読む

    216 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/07/25(土) 22:20:29 ID:7pNpjCnb0 [1/1回(PC)]

    オカルト現象なのか疑問ですが、自分の中では説明がつかないので書き込ませてください。 

    今から約20数年前の、小学生の頃の話です。 
    当時、自分と友人Yは備品倉庫周辺の掃除当番でした。 

    そこは校舎の陰になってる目立たない場所で、
    掃除中もあまり先生が見回りに来ないようなところでした。 

    ちなみに掃除の時間というのは昼休みの後でした。まだまだ遊び足りない気分の
    自分とYは、先生が来ないのをいいことに、ろくに掃除もせず遊んでることがしょっちゅうでした。 

    そのとき流行った遊びが、水が湧いてくるまで穴を掘るという遊びでした。 

    掃除用具にはスコップなどありませんから、素手や木の棒なんかで穴を掘ります。 
    すると、30cm位掘ったところでこんこんと水が湧き出てきて、そこらじゅう水浸しになります。 
    あとは出来たばかりのでっかい水溜りで別の遊びをして、満足して帰るということをしていました。 

    成長してから思うのは、あの水はなんだったのかということです。 

    湧き出てくる水は冷たく綺麗で、水道水と変わらないようでした。
    そのため自分ではこの現象を「水道管破裂」と呼んでいました。しかし穴を掘ってて
    何か管などを壊した感触は全くなく、自分でも変だな~と思っていました。 

    これが地下水ってやつなのかなとも思ってましたが、
    深さ30cm位のところを流れているものなのでしょうか? 

    湧き水という可能性ですが、学校近辺では見たことも聞いたこともありません。
    ちなみに水は出っ放しということはなく、翌日には水溜りもなくなっていたと思います。

    で、また穴を掘るの繰り返し。 

    この水はいつも湧いてくるとは限らず、
    出てこないまま掃除の時間が終わりゲームオーバーになることもありました。 
    自分とYは片方が穴を掘りもう片方が応援するという役割分担で、なかなか水が湧いてこないと 


    「このまま水が出ないと君は隊員失格だ!」


    というセリフで叱咤激励するルールでした。 
    Yの方もこのセリフと水が湧いてくる現象を今でも覚えていて、昔話になると


    「あれってなんだったんだろうね~」 


    という話になります

    。長文&たいした話じゃなくてすみません。 
    どうして水が湧いてくるのか、誰か分かる方がいたら教えてください。
     
    【水が湧いてくるまで穴を掘るという遊び】の続きを読む

    このページのトップヘ