2015年02月

    102 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2009/03/19(木) 03:06:58 ID:FSx1LTnWO [1/1回(携帯)]

    自分の影が白くなったこと無い? 

    俺は一度だけある 
    高校の時に部活終わりにネットを片づけて体育倉庫と体育館の間の通路で 
    頭の上にある窓からの夕日で出来た自分の影が白く浮き上がってた 
    光ってるわけじゃなくて影みたいにじっとりとした白 

    あれ?変だなと思って 
    手とか振ってみてもやっぱり自分の影 
    本当に影かなと夕日の当たらない窓の下に移動したら夕日の当たらない部分は白くならない(影にとけ込むように 

    ちいちゃんの影送り的な幻影がそのまま影になっちゃった感じ 
    でもその白い影は自分の動きと同調して動くから網膜に焼き付いてるわけじゃない 
    自分以外の影は普通通り黒いから目がおかしくなったとも考えられなかった 

    そのままネットを片づけて体育館から出たら普通の黒い影に戻ってた 

    後先にも影が白くになったのはそれっきり 
    度あるごとに知り合いにも聞いてるんだけど誰もそんな体験はないっていうから俺だけなのかな 

    理論的に考えてあり得ないのは分かってるんだけど 
    もしかしたら今の影の概念は間違っていて実は白くなることもあるんじゃないかと思ってる

    356 : 誤字野郎 ◆234I9OGpmc [sage] 投稿日:2009/04/05(日) 18:55:27 ID:152hGT3c0 [1/1回(PC)]

    人から聞いた話で恐縮だけど、渓流に釣りに行った人の話 

    渓流釣りは行った事のある人なら解るだろうけど、山蛭や山ダニに悩まされながら、 
    崖へずりをしたり滝壺を泳いだりと、かなりの冒険行になります。 

    そんな感じですから、沢泊まりになる事も多いのです 

    このグループも、沢にテントを張って次の日の釣りに備えて寝ていたらしいのですが 
    なぜか計ったかのように全員が同じ時間に目を覚ましたらしいんです。 

    いつもなら、まだ予定には早い時間だったらしいのですが誰からともなく 
    早く立とうと言うことになって、朝食もそこそこにテントを畳んで 
    さらに上流に向かうため、みんなで崖を山の方に上り始めたときに 
    地響きのような音が聞こえてきたそうです。 

    なんだ?と思って川の方を見ると、いわゆる鉄砲水で 
    今までさらさらと流れていた渓流が突然濁流に変わり、 
    テントがはってあった沢も見る間に濁流に呑み込まれたんだそうです。

    もう少し立つのが遅れていたら誰も助からなかっただろうと 
    とのことでしたが、それにしても全員が何かに起こされたかのように 
    一度に目覚めて、しかも時間があったにもかかわらず、 
    なぜか急いで出発したことで、が不思議な事だったと言うことでした。
     
    虫の知らせと言う奴でしょうか。



    357 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/04/05(日) 19:57:03 ID:rcOsWHkQ0 [1/1回(PC)]

    ↑その人たち、助かってよかったね 

    阪神大震災の時も、 
    何か気になっていつもと違う部屋で寝てて助かったとか、いろいろ聞いたけど 
    でもその反対に、いつも行かない道を何となく通って事故にあったとか、 
    そういうこともある、、、 

    NYの9.11の時も、 
    毎朝親に起こされていた人が、9,11の朝はなぜか自分で起きてきて 
    家族をびっくりさせて出かけて行き、テロに巻き込まれたとか、、 

    何の力なんだろう、助かるとか嬉しい事があるとか、 
    良い方向に働けばいいのに

    82 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/03/18(水) 05:48:43 ID:c4f/jCGvO [1/2回(携帯)]

    朝、自宅マンションのエレベーターに乗って10階から降りるとき、7階を通過すると、 
    服装も髪型も顔までもその日の私にそっくりな女がエレベーターの前に立ってる。

    昼は6階、夜は9階にいる。 
    いつ見ても、私が着替えていてもその日の私と同じ服装同じ髪型。 
    通過するだけだから一瞬しか見えないけど、確実にあれは私だと思う。 
    ちなみに明け方はエレベーターの鏡越し、私の背後にいる。 

    瞬きするといなくなる。 

    それでまさにさっき、ドアが開いた瞬間に私がいたよ。 
     
    彼氏も「ん?!」って言ってたけど、私と鏡を交互に見て首を傾げてた。 
    友達数名も目撃してるから幻覚ではないみたい。 
    私自身が精神疾患とかでもない。 

    最近、自分が本当にちゃんと生きてるか心配になるよw 

    ドッペル\(^0^)/ゲンガー



    95 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/03/18(水) 19:47:04 ID:RN/ZBDSZO [1/1回(携帯)]

    ドッペルの人、実験なんか止めて早くお祓いに行って!すりかわろうとしてるよ! 

    213 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2009/03/29(日) 23:18:30 ID:soQbL+sGO [1/1回(携帯)]

    今日地元の桜の名所の山に出掛けた。 

    途中でトイレしたくなったから、友達に待っててもらってトイレしてた。 
    で終わって個室の中で服を直してたら隣の個室に誰か入ってきた。 

    でも、扉を開けて隣見たら誰もいなかった…。 

    確かに鍵の掛かる音もしたし、服を触る音と息遣いもあったのに…。 
    友人達も誰もこなかったよって言っててむっちゃ怖かった。 
    昼間で良かったわ。 



    214 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/03/29(日) 23:25:27 ID:BRY3sOGi0 [1/1回(PC)]

    >>213 
    ああ、>>213に憑いて行っちゃった

    4 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/03/15(日) 12:28:23 ID:r24ATRqO0 [1/3回(PC)]

    8年前、過去好意を持っていた人が亡くなりました。 

    で、その方の家族にしばらく後に手紙を送ったのですが、返事が返ってきた 
    その日に今までかかったことのない金縛りにかかりました。 

    (正確に書くと金縛りが解けた後に返事が着てるのが分かったという状況) 

    そこまでなら、まぁ気にしないレベルだったのですが、1度直で 
    本人とおぼしい人を見てしまったんですよね。 

    見た状況というのが変な話ですが、なんか気分が沈んでたので 
    気持ちを切り替える為に風呂でシャボン玉でも吹こうと思って 
    購入して吹いてたのですね。 

    で、その亡くなった方のことを思いながらプーッとふくらませて 
    いたら段々自分の目の前がシャボン玉でイッパイになってくうち 
    に、
    黒くモヤモヤしたものが表れだして「ん...?なんだろう」と 
    思っていたらそれが髪の毛に変化しだして、
    次にバッとその方の 
    顔がシャボン玉に写り込んでしまって(その方は男性で眼鏡着用) 
    私、偶に金縛りにかかることはあっても、
    それまでは見ることがなかったので、その時は偉いビックリしたことを覚えています。
     
    【黒くモヤモヤしたものが表れだして】の続きを読む

    994 :本当にあった怖い名無し:2009/03/29(日) 00:39:49 ID:DHGSYGcV0 

    自分の体験談書きますね。ブログに書いたヤツをそのまま載せます。 

    私は先輩とともに冬合宿の偵察として秋に横尾尾根を登ることになった。 
    我々は3のガリーから登った。その尾根は玄人向けの場所で正直苦戦した。
     
    また荷物も20kgあり藪も多かったので当時の自分はなかなか前に進めなかった。 
    途中でそらがどんより曇ってきており霙がふってきた。 
    私も体力の限界で先輩に頼み込んでP4とP5の間に幕営してもらった。
     
    その夜は急に寒くなり霙が雪に変わり降ってきた。 
    我々が寝ている時に妙な足音が聞こえた。「ザクザク」という雪を踏む足音だ。 

    またゴニョゴニョという話し声も聞こえる。正直言うととても怖かった。 

    ここは言うなれば岩場の上で夜間行動は出来ない場所、雪も降っているのに人がいるわけがない。 
    まして動物も上がれない切り立った尾根である。 

    なぜ足音と声が聞こえるのか…。 

    翌日先輩にこのことを話したら先輩も全く同じ音と声を聞いたらしい。 

    174 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/03/26(木) 11:14:22 ID:SQ0khE70O [1/1回(携帯)]

    父の話 
     
    近所の岡に毛がはえたような山があるんだが、そこを散歩中、たんぽぽのような花を見つけた。 

    季節は2月半ば、寒い日が続いてた。 

    こんな時期にたんぽぽ?と不思議に思いひっこぬくと、ぶわっと温風。 
    気味が悪くて花をそのへんに放って下山した。 
     
    その日1日春のように暖かかった。 
    3日ほど小春日和が続いた後、また父が山にいくとまだ放った花が枯れずにいた。 
    もとの地面にさして山をおりると町は急に寒くなっていた。 

    いつ頃の話かは知らないが、そのときから春は○○山から出てくる、というのが父の持論。



    175 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2009/03/26(木) 12:48:38 ID:NK6kQvXjO [2/4回(携帯)]

    >>174 
    素敵なおはなしですね。 
    お父様はロマンチストな方ですね。 

    988 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/04/14(火) 17:03:08 ID:PCslzHMa0 [1/2回(PC)]

    俺の父と母の実家がすぐ近く。3キロ弱。 
    そんで、うちの家族(父母姉俺)が住んでいたのがその真ん中くらいだった。 

    俺が5歳の頃に父親が亡くなり、それがきっかけで母の実家で暮らすことになった。 
    まあ父方と母方が仲良かったので、もめ事は一切起こらず。 
    父方はまあまあ有名な武家で、俺は跡取りなんで、 
    「大人になるまで母方預かりだな」みたいな感じ。 

    母方で暮らしていて、思春期の頃に、独りになりたいと思う時期が多々ありまして。 
    母方の祖父が「おまえは父親の家継ぐんだから厳しく育てる」というのがイヤで…。 
    まあそんなときはだいたい自転車でフラフラと出かけていました。 

    いつからかは覚えていないんだけど、でかい公園の脇に、手つかず状態な空き地があって、 
    俺はそこに忍び込んで、菓子食いながら読書したり音楽聞いたり。 
    なんつうか、まるで自分の基地みたいな感じでまったりしていた。 

    道路からは見えづらいので、ばれることもなかった。 
    そこへ行くとすごい気分転換になるので、しょっちゅう行っていた。 
    なんだかんだ、かれこれ1年くらいは内緒にして、続いていた。 

    ある日、そこへ行こうとしたら、その目の前で父方の祖父と会った。 

    「じいちゃんどこ行くの」と聞いたら、「今●●病院から帰るところだよ」と。 

    そしてじいちゃんは俺に「あんたこそここで何してるの」と聞いてきた。
     
    俺は基地のことを誰にも言いたくなかったので「友達の家に行った帰りー」と答えた。 

    じいちゃん、 
    「ああ~おまえに教えたことあったかな。この場所なあ、うちは代々ここに家があったの。 
    かれこれ300年近くはいたんだよ。俺はもちろん住んでないけどなぁ」と。 

    初耳だったんで、俺は「えええ~」と驚いた。話が聞きたくなってじいちゃんに 
    「じいちゃん、のどが沸いた。喫茶店つれてって」と頼んだ。
     
    【おまえ気持ち悪い能力があるのか!】の続きを読む

    914 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/08/27(木) 10:12:04 ID:egHs/J160 [1/1回(PC)]

    この前、夜釣りに行った時の事なんだけど。 

    15日の夜中に、一人で海釣りしてたんだ。 
    俺、携帯を2つ持ってて(仕事用と自分用)それぞれケツのポケット 
    に入れてたんだ。 

    そしたらさ、自分用の携帯に着信来たわけよ。 

    時間は2時半。こんな時間に誰だよと携帯見たら、仕事用の番号からなの。 
    一瞬、「???」と思って出たんだけどすぐ切ったんだ。 
    で、もう一つのポケットに入ってる仕事用の携帯の発信歴みたら 
    俺の自分用の番号があったんだ。 

    俺、両方の携帯に、両方の番号を登録していないんだよな。 
    一度も、仕事用の携帯から、自分用の携帯に電話した事もないし。 
    その逆もない。 
    一々、090から番号押さなきゃ掛からないのに・・・。 

    これって、どういう事なんだろう? 
    マジレス頼む。



    915 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/08/27(木) 12:59:59 ID:feV9dgTeO [1/1回(携帯)]

    イタズラされたね。 

    もちろんイタズラしたのは人間じゃないよ。



    916 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2009/08/27(木) 17:19:13 ID:BF6h7jwa0 [1/1回(PC)]

    >>914 
    盆の最中に夜中の海に行ったんだ・・・ 
    おそろしい・・・

    953 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/04/13(月) 13:09:50 ID:3DPK6hmD0 [1/2回(PC)]

    つい先ほどの話。 

    親を駅まで送る為に自動車に乗せたら、後部座席に長い髪の毛が100本 
    近く落ちているのを母が発見した。 
    ここ一週間で後部座席には男性しか乗せていない上に、昨日の夜の時点では 
    誰も気がついていなかったから、突然出現した感じ。 

    ただ、ODOメーターの数値が微妙に増えている気がするので、誰かが使っ 
    た可能性は0ではないが、鍵を持っているのは自分だけで、一本は常時携帯 
    一本は家の三階に保管中。 

    この髪の毛、捨てた方がいいですよね。一応警察には届けます。



    954 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/04/13(月) 13:11:30 ID:AMGE6oa30 [1/1回(PC)]

    DNA鑑定してくれ



    955 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/04/13(月) 15:24:59 ID:CBdQzmPu0 [1/1回(PC)]

    長い髪が大量に落ちてるって話はこの手のスレでたまにあるね。 

    夜中に自分の家でそんなの見つけたら泣きたくなるだろうな。
     
    覚えてるのは、旅先の?食堂に入ってうどんか何かを食べていて 
    ふと気付いたら、丼の中に大量の黒髪が入ってたって話。ゾッとするわ。

    このページのトップヘ