2014年09月

    247 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2007/01/04(木) 06:06:43 ID:X2y8fqruO [1/5回(携帯)]
    これは高校の時の話なんですがオレは週末になるとよく友達のとこに泊まりに行ってた。 
    二~三人集まってまぁゲームしたりしてたわけです。 
    何でお前は赤亀ばっか出るんだよ~とか言ってたら煙草が無くなったんだ、 
    高校生だったしお金も無かったんでAにお金無いか聞いたら無いとの返事。 
    話し合った結果、近所にある神社の賽銭箱を漁ろうって事になった。 
    んで夜中の1時~2時頃かな、二人して神社に行ったら賽銭箱の鍵が開いててさ、小声でラッキーとか笑いながら漁ったらいくらかにはなった。 
    さぁコンビニ行くかって事になり自転車にまたがりふと神社の脇道を見た時だ、 
    道の向こうから誰かが走ってくるのが見えた


    【ピンクの傘さした人影】の続きを読む

    296 : 蟻 ◆GJCUnhVBSE [sage] 投稿日:2006/12/17(日) 06:42:46 ID:yBezmQGa0 [4/15回(PC)]
    弟の話。 

    弟は、大学生になった頃から急に霊感が強くなった。原因はわからない。 
    ある夏の日、弟は大学の友人達とキャンプに出かけた。「女の幽霊が出る」と噂の 
    キャンプ場で、肝試しも兼ねているとのこと。「ホントに女が出たらねぇちゃんに 
    も電話するわー」と笑いながら出かけていった。その夜、私の電話は鳴らなかった。 
    翌日、夕方になって弟が帰ってきた。 
    「女の霊出なかったの?」と私が聞くと、彼は、 
    「そんなもん出なかったよ。ガセだったんじゃね?」 
    と答えた。 
    なんだ、噂なんてそんなもんか。とがっかりしていると、弟は私にこういった。 
    「けど、兵隊の霊は出たよ」 

    すぐにネットで調べた。そのキャンプ場のすぐ横にあたる場所に、戦時中、日本軍 
    の基地があったらしい。 
    兵隊が出た場所は、水飲み場だったそうだ。 

    288 : 高峰 ◆Seek1VG9hU [sage] 投稿日:2006/12/17(日) 06:28:59 ID:IdQnVXNdO [1/4回(携帯)]
    高校の頃は、毎日といっていいくらい金縛りに合っていた。 
    ある夜も、ベッドに入って寝付いてから、ふと目が覚めると身体が動かない。 

    金縛りに合うと、 
    ものすごく恐くて唸り声をあげるときと、 
    いつ治るのかなーとのほほんと待つときと2種類あって、 
    そのときは最初は後者の感じで、うつらうつら眠りそうになった。 

    と、ふと両方の足首に違和感を感じたので意識を向けると、 
    指でがっしりと掴まれた感触がする。 
    しかも、指の方向がベッドの上からじゃなくて、マットの方、身体の下から手が生えて掴まれてるような感じだった。 

    ぞおっと総毛だって、身体を動かそうともがいたら、 
    両方の手首と二の腕も、同じように誰かが掴む感触がして、 
    やっぱりマットのほうから動かないように固定されていた。 

    そのうち、布団の上に何かが乗っかってきて、 
    掴んでいる手もどんどん数が増えてくる。 
    気がつくと、腕と足は掴む手で隙間がないほどの有り様。 

    出ない声をふりしぼって、隣室にいる家族を呼ぼうとしながら、 
    故人になった身内の名前を心の中で呼んて助けを求めたり、 
    さんざん抵抗しても無駄だった。 


    【掴んでいる手もどんどん数が増えてくる】の続きを読む

    198 : 北風 ◆zn2LXYlGxo [sage] 投稿日:2006/12/17(日) 03:32:50 ID:hs1zx9eb0 [4/7回(PC)]
    友人の体験談。 
    友人の家の近くにはよく事故が起こる交差点がある。 
    さして見通しが悪いわけではないのだが、 
    何故かその交差点では事故が多いという。 

    雨の日、友人は風邪で学校を早退した。 

    友人の家に帰るにはどうしてもその交差点を通らなければならない。 
    そして友人は歩きながらその交差点の赤信号で立ち止まったそうだ。 

    友人は傘をさして携帯を眺めていた。 
    ふと前を見ると赤い靴が目に入った。 
    「誰かいるのかなー」と思い顔を確かめようと思ったが 
    ちょうどダンプカーが通ったという。 

    ダンプカーが通り過ぎると、そこには誰もいなかった。 

    そしてその友人は一週間程学校を休んだ。 
    登校してから開口一番にこの話を聞かされた。 

    俺は最初半信半疑で聞いていたが、 
    友人の血相を変えた顔をみて、 
    もしかしたら本当に体験したのかと思う。 

    そして俺が一番ゾクッとしたのが、 
    梅雨で毎日雨が降っていて、 
    その日も朝から雨が降っていたにも関わらず 
    その女の人は、ハイヒールを履いていたそうだ。 

    195 : 胡桃 ◆oe2b98q9o6 [sage] 投稿日:2006/12/17(日) 03:30:02 ID:Tv2V5V620 [5/5回(PC)]
    同級生が在学中にバイク事故で亡くなった 
    事故の場所は地元では心霊スポットとして有名な所で 
    事故を起こした時間も深夜~明け方だったので 
    「例のバイクに乗っている人にしか見えない幽霊に追われたのでは?」 
    という噂が生徒の間で広まった 

    そのスポットで有名だった話は 白い着物を着た黒髪の綺麗な女性が 
    「乗せて」と言ってバイクを追って四つ這いで走ってくるという良くある怪談話 

    けれど逆に そんな場所に深夜~明け方の時間 
    一人でバイクで行くと言うのも不思議な話で 
    「誰か一緒にいた人が見捨てたんじゃないか?」と言う噂も囁かれた 
    通っていた学校ではバイクはご法度で 
    免許を持っていることがバレだけで停学を食らう所だったから 
    保身の為に事故った友達を見捨てたんじゃ と言う事なのだ 



    そして現在 
    その心霊スポットにはバイクだけを追いかけてくる 
    血まみれライダーの話が語り次がれている 

    190 : ももちゅん[] 投稿日:2006/12/17(日) 03:26:10 ID:IwXU1RsZ0 [1/5回(PC)]
    私の友人姉妹の話です。 
    夏場、家の近所で大変な悪臭がしたそうです。 
    頭のおかしい人が住んでいると有名だった家なので 
    生ゴミを捨てずにためているのだろうと、最初は気にしていなかったそうです。 
    匂いがし始めて数日後。隣の家の玄関から奇妙な色の汁と滲んで出てきて 
    ウジムシがそれに乗ってニョゴニョゴうごめきながら流れてきました。 
    それを見て、妹さんはおそるおそるその家の扉をあけました。 
    (田舎なので、鍵をかける風習が無いのです) 
    そこにあったのは、腐乱した首吊り死体。 
    扉が開いた衝動か、妹さんがびっくりして尻餅ついた衝動で何かぶつけてしまったのか 
    腐り切った首がもげ、身体が地面に落ちました。 
    そして警察が呼ばれ、自殺と言うことで何事も無く処理されたのですが…… 

    姉は、死体が発見される三日前まで 
    窓辺で動く人影と、またたく光(テレビをつけたり消したりしたようなカラフルなもの)を見ていたのです。 
    当然、夏場とはいえ、たった三日で腐り切るはずも無く。 
    あれはなんだったんだろうと、今でも話にのぼりますが 
    正体は不明なままです。 

    188 : Gペンマン ◆UoNspEbUF6 [sage] 投稿日:2006/12/17(日) 03:24:46 ID:BAdp4pvh0 [1/16回(PC)]
    私が学生時代登校中ある十字路で信号待ちをしていると 
    必ず背負っているカバンを何者から引っ張られると言う体験をしていた 
    もちろん後ろを振り向いても何もいない 
    いつも止まっているときにのみ引っ張られるので実害はなく、気色悪いけどいつもがまんして学校に通っていた 

    その日もまたその十字路に差し掛かる、 
    (やった!今日は青だ引っ張られずにすむ!) 
    いつもなら青で信号待ちをしないときには引っ張られないはずなのにその日に限り 
    グイッ! 
    物凄い力で引っ張られバランスを崩し自転車もろとも転倒してしまった 
    「くそ!今までこんな事無かったのに!」 
    起き上がりながら誰にともなく文句を言い自転車を起こそうとした瞬間 
    キキィィーーー!ドガン! 
    トラックとトラックが正面衝突を起こし 
    目の前には、もしこけていなければ私が居たであろう場所に二台のトラックが無残な姿を晒していた 

    ・・・その日以来その信号でカバンを引っ張られる事もなくなった 
    いまでも不思議に思う、あのカバンを引っ張った”何か”は私を助けてくれたのろうか? 

    185 : 黒犬 ◆maNL6bv6dg [] 投稿日:2006/12/17(日) 02:59:56 ID:a1X5y96bO [2/7回(携帯)]
    これはオレの先輩から聞いた話。 
    隣街に、育子(イクコ)さんと、そのお母さんが住んでいました。 
    母子家庭ながら、とても仲の良い親子で、はたから見ると、まるで兄弟のようだったそうです。 
    しかし、幸せは長くは続かず、育子さんが高校生の時お母さんさんが倒れ。病院に搬送されましたが、医者いわく長くはもたないとの事でした。 
    そしていよいよ母親の忌まわの時… 
    母「育子…貧乏でゴメンね…いつも一緒にいてあげれなくてゴメンね……愛してたよ…ずーっと愛してた……」 
    育子「イヤダお母さん!死んじゃヤダ!」 
    母「あんたが嫁に行くまでは生きていたかったけど…もうダメみたい……私の代わりに…このお守りを持ってなさい…開けずに…大事に身肌離さず持ってるんだよ……」 
    そう言ってお守りを育子さんに手渡すと、お母さんは静かに息をひきとりました。 
    続く


    【母親の忌まわの時…】の続きを読む

    170 : ぱんぷきん[sage] 投稿日:2006/12/17(日) 02:10:19 ID:AnvDjerKO [3/3回(携帯)]
    今年の夏、隣町で焼死自殺者が出た。 
    田舎町だから捜査も曖昧で自殺として早期に片づけられたが 
    この自殺には不可解な点が多くある。 

    車のナンバープレートを外していたり、 
    その人が勤めていた会社の金庫に入ってたお金が少なくなっていたり、 
    次の日に人と会う約束をしていたなど… 

    霊感があるという先生いわく、 
    「ある道の近くを通ると必ず首を締められるように痛くなる。」 

    その場所は焼死自殺した現場。 
    自殺者は骨しか残っていなかったが、 
    苦しみもがいた形跡もなく、寝ていたであろう形だったという。 

    先「耳元で何かを訴えられている」 

    一体何を訴えたがっているのでしょうか… 

    257 : みんとぶるう ◆85wvnHAKKA [] 投稿日:04/04/15 20:15 ID:ntkU2MPL [1/1回]
    高校の頃、暑かったし暇だったんでクラブで怪談大会をしようと 
    いうことになった。 
    他愛もない話だったが当時の自分達には面白く、時間はあっという 
    間に過ぎていった。 
    と、突然神社の息子って同級生がドサッと倒れ込んだ。 
    「どうした岡崎(仮名)!?」「オイ、何ふざけてんだよお前……!!」 
    最初は何をふざけているのか、と思っていたが様子が尋常ではなく、 
    咄嗟に金縛りと悟った先輩の指示で慌てて運び出すことになった。 
    「どうして校門なんですか!?」「文句はいいから運べバカ!!」 
    意味も分からず運び出そうとする僕達、しかし5人がかりで運んで 
    いるにもかかわらず、精々60kg程度しかないはずの岡崎が持ち上がらない。 
    県内では喧嘩もスポーツも最強という屈強さで知られるうちの生徒をして 
    そんなことが、というのが恐怖感を増大させる。 
    まるで、運ばせまいと見えない無数の手が床から彼の四肢を掴んで 
    離さないかのように、岡崎の体はその何倍もの重さになっている。 
    やっとのことで校門に運び出した途端、それが嘘のように軽くなった。 
    先輩はそこで、僕達は『呼んで』しまったこと、そしてこの学校の 
    キャンパスはそういう場所で、校門が出入り口であることを説明してくれた。 



    258 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] 投稿日:04/04/16 00:43 ID:sfuOhkhX [1/1回]
    >>257 
    どんな学校なんですか(泣) 



    275 : みんとぶるう ◆85wvnHAKKA [] 投稿日:04/05/13 08:22 ID:qDKVML13 [1/1回]
    >>258 
    いわくつきの土地らしいんすよー。

    このページのトップヘ