2014年09月

    46 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] 投稿日:03/11/18 02:27
    私、鎌倉に住んでいるんですけど仕事が 
    夜遅いのでバイクで通勤しているんです。 

    夜中に帰るとアパートの前にある川沿いにバイク 
    を停めてシートを掛けアパートに入るのですが 
    ある日誰もいない真っ暗な道を 
    (外灯がないので本当に真っ暗!) 
    若い女の子が一人で歩いていて 
    「すみません、逗子の方はどちらですか。。。」 
    と聞いてきました。 

    私はぎょっとして「あの、逗子は歩いたら遠いですし 
    この時間じゃ電車も走ってない、暗い道ですしタクシー 
    呼んであげましょうか?」と言って通を教えると 
    「いいんです。。。ありがとう」 
    泣いたような顔で寂しそうに行ってしまったんです。 
    彼氏と喧嘩してクルマから降りてしまったんだろーな 
    などと思いながらアパートに帰りました。 

    そして1ヶ月後ぐらいしてそんな事忘れ去った頃に 
    また、夜中に同じかっこをしたあの娘が近づいてきて 
    「すみません、逗子の方はどちらですか。。。」 
    私は不思議に思って 
    「この近所に用があってよく来られてるのですか?」 
    と聞くと首を横に振って 
    「いいえ。。。逗子に行きたいんです。。。」 
    どうもおかしいな~と思ったのですが、明日の事も 
    あるし寝なきゃならない、構っていられないので 
    「何かあるといけない、なるべく明るい道を歩いて下さいね」 


    【以後、あの娘は見かけていません】の続きを読む

    28 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] 投稿日:03/11/17 10:49
    喪れも金縛ってのは3度程経験ある。が、 
    1度だけこんなのあったよ。 
    硬直最中、誰かが部屋のドアを開けベッドの周囲を土足で 
    コツコツ歩き回り、何周かした後、ドアを開けて出る~って、 
    一連の流れを感じたってやつ。 
    寝てる喪れを中心にグルグル歩き回る~みたいな。 
    当時1人暮らしで、日曜深夜に遊びにくる様な知人は 
    いなかったし、事の直後「鍵しなきゃ!」と思い飛び起きた 
    が、鍵もドアチェーンもしてんの。 
    第一、歩き回る事自体無理なんだよね、 
    ベッドの頭側と左側を壁にくっつけてたし・・・ 
    ま、こんなのをしょっ中体験してるヤシなら霊に縋りたくもなる罠w


    【それからしばらくは夜寝ることが恐かったよ】の続きを読む

    591 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2007/02/10(土) 03:20:29 ID:ALSl3L8IO [1/2回(携帯)]
    先日テスト勉強の為に3時まで起きていた時の事。 
    明日も朝早いし寝よう、と思い布団にもぐりこむと家鳴りが。 
    レンジからパチパチ音がなるので一回起きて中身確認したけどもちろん原因になりそうな物もない。 
    また布団にもぐりこむと机の上からパリパリ。 
    また起きて机の上のプリントをファイルにぶちこんで布団へ。 
    すると今度はテレビが(ry 

    さっきから布団で「寝よう」と意思を示した途端パチパチ始まる。 
    テスト前で神経質になってんじゃね自分、と思い寝ていると突然視界が暗くなった。 
    補足なんだが、うちの向かいがマンソンで夜も電気がつけっぱ。 
    漏れのアパートには安いカーテン一枚じゃ結構薄明かりが差しこんでくる。 
    それの薄明かりが遮断された。 
    あれっと思い目を開けるとベランダに貞子的なシルエット。 
    gkbrしつつも見ていると物凄くゆらゆらしていた。 
    ここで体験談の如く金縛りにしてくれればよいものの動ける。 
    仕方なく「もう目は開けるまい」と誓い寝返りをうった。 
    「多分目開けたら2cm前に顔とかあるんだろうな((((´Д`))))」と嫌な想像が頭をよぎったからだ。 
    部屋のなかを何かがウロウロしている気配が続いた。 

    一年住んでて初めてだったし、霊感なんて持ってない。 
    かなりビビった。 

    だけど寝たwww


    【部屋のなかを何かがウロウロしている気配】の続きを読む

    13 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] 投稿日:03/11/16 15:16
    昔、北海道の某・心霊スポットに行って 
    自分の部屋に帰って来てTV見てたら突然 
    背筋が今まで感じた事がないくらいにゾワゾワ 
    っときて、それが止まらない事があった。 

    あまりに止まらないで怖くてとまどっていると 
    壁に持たれかかってTV見てたのに後ろから何かが 
    追って来るような感覚が不意に襲ってきて 
    4畳半の部屋の中をグルグルと逃げ回った。 

    そして、何か聞こえて来たわけではないのに自分 
    の口からついて出てきた言葉は「ごめん!悪かった 
    って!もうしない、絶対しないから!!!」という 
    自分でも良くワカラナイ言葉。 
    意識せずに突然ついて出てきた言葉に頭の隅で不思議 
    だなぁと恐怖を感じつつ思った。 

    暫くその言葉を叫びながら逃げ回っていたら段々と 
    悪寒は引いていき、暫くは部屋で呆然としていたさ。 
    それまでまったく霊とかを信じていなくて、当時 
    友人と心霊スポットに行きまくっていたんだが 
    それ以来はどんなに誘われても行かなくなったよ。 

    ただ、それ以来一度も霊現象とか体験した事ないので 
    未だに霊現象とかについては完全に信じる事はしないが。 
    (否定も別にせんけど。)

    559 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2007/02/08(木) 02:57:34 ID:QUZnf2sAO [1/4回(携帯)]
    アパートも住み始めてから一年以上たつ、これまでここでおかしなことなんて何もなかった。 
    だから、最近起こっている現象に正直混乱している。 
    まず、布団に入ると必ず物音がする。 
    隣の壁を3回トトトッと早いリズムで叩く音だ。 
    勿論ネズミの足音とはまったく違うものだし、断続的に何度か続くと終わる。 
    隣に文句を言いに行ったが、そんなことは知らないと言われた。念の為に管理人にも連絡したがおさまることはない。 
    極めつけは、その後決まって足下の方で気配がすることだ。 
    しかも気配だけでなく、本をめくるような音と衣擦れの音が聞こえてくるのだ。 
    一度勇気を振り絞りそちらを見たのだが何もなかった。 
    また、他にも深夜12時前後になるとドアをノックする音が聞こえたりなど、おかげで寝不足になり仕事に支障すらでている有様だ。 


    【最近起こっている現象に正直混乱している】の続きを読む

    438 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2007/01/26(金) 18:23:53 ID:Yugx+mjW0 [1/6回(PC)]
    私がそのステュディオに越したのは2003年の冬のこと・・・ 
    大家さん直々に使っていたというその部屋は彼の聴いていたCDや本が沢山あり 
    前の住人が買い置きしてあるパスタ。前の人の食器等の日用品もそのまま使い 
    生活感はたっぷり。築200年は経っているであろう建物は何度も壁を塗り替え 
    一部はがれて落ちてくる事もあった 

    越して数日 
    そろそろ埃っぽいので掃除をするかと見回してふと妙な事に気づく 
    何も赤いものがないのに埃が血のような色をしている 
    前の人の持ち物にそういう物があったんだろうと思い、掃除機をかけ 
    また数日。また赤い埃が・・・ 
    人に相談して家を見に来て貰う 
    「ほんとに原因らしきものがないね、心霊現象じゃない?」 
    ちょっと怖くなる私。掃除機の吸い込み口を裏返すと真っ赤に染まっている 
    気味が悪いながらも赤い埃と格闘を続ける日々


    【気味が悪いながらも赤い埃と格闘を続ける日々】の続きを読む

    422 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2007/01/24(水) 09:56:08 ID:EH4kXsFJ0 [1/1回(PC)]
    よく晴れた日。突然玄関のノブが荒々しくがちゃがちゃとなった。 
    そしてインターホンを何度も何度も鳴らす音。 
    あまりの荒々しさに玄関に立ち尽くして呆然と見ていたら静かになった 
    そーっとのぞき穴から見たら新聞持ったおっさんがいて 
    「なんだ、勧誘か」と思い出なくてよかったと思った 

    そーっと隣の部屋に戻ったら、はきだし窓に遮光カーテンがしてあるんだけど 
    こちらからは外がはっきり見える。(ちなみに1階) 
    そこにおっさんがいてキョロキョロしながら突然窓をがたがたと開けようとした 
    ボロ家だったので今にも窓が壊れそうだった。恐怖に固まりながら 
    何もできずに見ていたら建物の周りをぐるりと周って立ち去ってしまった。 

    とりあえず警察呼んできてもらった。なんとか侵入とかで被害届けだして 
    その後何事もなく暮らしてたら1ヵ月後くらいに警察から電話があった 
    そして今からそっち行きます、と。私何かしたかな、と思いながら 
    待ってたら刑事さんが来た。以前のおっさんが捕まり私の部屋に来たことも 
    認めたとのこと。その辺一帯の家に侵入したりうろつきまわっている 
    変質者とのことだった。新聞をもっていたのはインターホンを押す時 
    指紋が付かないように新聞紙をあてがって押すためだった。 

    ボロボロのアパートで1階で玄関にチェーンも無い部屋で結局1年で引っ越した 
    あんま怖くないなー。でも狂ったようにノブ回された時は本当に固まった。



    423 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2007/01/24(水) 13:48:34 ID:n+DmxWKV0 [1/1回(PC)]
    >>422 
    いや恐いです(((;゜Д゜)))ガクガクブルブル 
    無事で良かった。 
    空き巣って、まずインターフォンならしたりして不在を確認してから 
    入ることが多いんだってね。 
    居留守をアピールするために、テレビの音を大きくするとか、中で物音を立てるとかすると 
    いいかもしれない。 
    いかにも居留守ですって感じを装うと、新聞屋や勧誘も諦めてあまり来なくなる。

    413 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2007/01/23(火) 20:22:26 ID:skoFtQ/k0 [1/2回(PC)]
    むかし、食えない時期に新聞配達をやってたことがあった。 
    朝、新聞配って帰ってきた。AM6.00くらいかな?帰って 
    きて一眠りと思ったら雰囲気がおかしい。 

    何か気配がするから「誰か居るのか!」と叫んだ。片っ端 
    部屋の扉とかふすまとか開けたけど誰もいない。怖いから 
    模造刀(剣道の素振り用、刃はないが金属製)持って 
    あちこち開けてまわった。誰も居ない。 

    気のせいだったかと学校に行った。 

    続く


    【帰ってきて一眠りと思ったら雰囲気がおかしい】の続きを読む

    347 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2007/01/14(日) 16:34:01 ID:n//FfmeQ0 [1/1回(PC)]
    コタツでねてたら、誰かと足が当たった。 
    マジで生々しかったから、彼女が俺を起こさないように部屋に入ってきてるんだと思った。 
    寝返りを打ちながら、彼女のいるだろう方に視線を向けると誰もいない。 
    あ、コタツの死角に隠れたな、と思って、今度はコタツ布団をめくって中をみてみる。 

    理解不能だったが、そこには全身銀色のタイツを着たような、 
    ミニチュアの小人か妖精かって小さい人型のものがこちらを見ていた。 
    顔は人のものではなく、全員獅子舞のような顔。 
    え、おもちゃ?と思って、何もできずそれを凝視していると反対側のコタツ布団が勝手にめくれてそれが出て行った。 

    え、え、え??? って若干ぱにくって、目線をその行き先に向けると何もいない。 

    それらの姿はもうどこにもなかったが、部屋の隅の天井が、 
    ゴーストバスターズで幽霊が暴走し始めるときの空と雲みたいに、 
    くろーく渦巻いていたのが見えた。 
    すっごい持ち悪くなって、そのまま外に出てコンビニに非難した。 

    しばらくコンビニで落ち着かずにうろうろしてたが、帰らないわけにもいかず 
    家に帰ることにした。玄関の戸を開けた瞬間、めまいに襲われて気持ちが悪くなった。 
    そこから3日間、熱が下がらなかった

    343 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2007/01/14(日) 03:36:03 ID:qFNHQu9N0 [1/6回(PC)]
    何だか息が苦しくて目が覚めたら、いつのまにか布団を被って寝ていた。 

    布団から顔を出そうとしたが、身体が動かない。 
    そのまま朦朧としていると、布団の上から 

    とんとん、とんとん 

    と軽く叩く者がいる。 
    なんだろう?俺は一人暮らしで、動物など飼っているわけでもない。 

    何とか身体を動かして、布団をめくると、非常に眩しくてよく物が見えない。 
    灯りを付けたまま寝たらしい。 
    それだけでなく、目がなかなか開けられない。 

    俺の上に何か黒っぽい人のようなものが乗っているのがぼんやり見えた。 

    恐怖で叫ぼうとしたが声が出ない。 

    ようやく視界が回復してくると輪郭がはっきりし出した。 
    俺の上に乗っているヒトのようなものは、白髪で、かつて顔だったであろう 
    部分が黒く乾燥した、ミイラのようなものだった。 

    幻覚を見ているのかと思ったが、布団を通して感じるその重みは確かに現実だった。 

    声は出ない。 


    【俺が意識を失っておしまい】の続きを読む

    このページのトップヘ